いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

f:id:markrock:20200521020444j:image
f:id:markrock:20190212212337j:image
[NEW!!] ohno tomokiとダニエル・クオンによるデュオ「x-bijin」初のアルバム『x-bijin』(2020年6月26日発売)、リリースインフォにコメントを書かせてもらいました。
詳細はココをクリック
11月15日発売のレコードコレクターズ12月号に加奈崎芳太郎『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(明月堂書店)の書評が載りました。
f:id:markrock:20200521021219j:image
編集・ライターを担当した加奈崎芳太郎著『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(エルシーブイFM「加奈崎芳太郎のDIG IT!!」書籍化)が2019年8月に発売されました。
●加奈崎芳太郎著・桑畑恒一郎写真
●定価:本体3000円+税
●A5判(上製)416頁

詳細はココをクリック
注文はココをクリック
【メディア掲載】
『毎日新聞』2019年10月3日掲載 「元「古井戸」加奈崎芳太郎さんが本出版 音楽活動50周年の集大成」
詳細はココをクリック
『長野日報』2019年9月25日掲載 「音楽文化で伝える戦後 パーソナリティのFM番組まとめ 加奈崎さん書籍刊行」
極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。
『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年9月発売!!
●石浦昌之著
●定価:本体2500円+税
●A5判(並製)384頁

詳細はココをクリック
注文はココをクリック
【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック
【ブックガイド掲載】
斎藤哲也『もっと試験に出る哲学――「入試問題」で東洋思想に入門する』(2020年、NHK出版新書)

 Chris Smither

markrock2011-05-31

/ Honeysuckle Dog ( OKRA-TONE RECORDS / 2004 )


クリス・スミザー。ポピュラー音楽の歴史に名を刻んでいる人では決してないのだが、70年代のシンガー・ソングライター・ファンならば、その道を通らない人はいないだろう。


70年代初頭の伝説的な2作以降、殆どリリースに恵まれなかったが、90年代から00年代にかけて、昔と変わらぬ端正な顔立ちのまま、意欲的な復活作を何作もリリースしており、3、4枚くらいは気付けば買って聴いていただろうか。この1作もそんな何気ないつもりで手に取ってみたもの。しかし聴いてビックリ、70年代のあの時代のアナログな質感に、参加陣にエリック・カズの名もあり、はて?て思ったところ…なんと1973年の未発表アルバムの蔵出し音源だったのだ!しかも2曲は1972年にベアズヴィル・スタジオで録音されたモノ。いやはや、驚いた。ブルーズの巧みな弾き語りを基本として、腰のあるフォークを聴かせてくれる作風は全く現在も変わらない。後々改めてリリースした作品も含まれている。


とにかく参加陣が凄くて、件のエリック・カズに加え、ローウェル・ジョージビル・ペインのフィート組、ジャッキー・ロマックス、マイク・マイニエリ、ロン・デイヴィスの名曲”It Ain’t Easy”には若きパティ・オースティンもコーラスで加わっていたり。楽曲もオリジナルやミシシッピジョン・ハートの翻案に加え、ポール・マクニール、エリック・フォン・シュミットといったフォーク勢、ランディ・ニューマンの”Guilty”まで取り上げている。


これが世に出なかったのは不運という他ない。スミザーの語り口はフレッド・ニール風のアシッド感もあるけれど、ジョン・ハート仕込みのギターがとても上手くて、オリジナル曲はブルージーでありながらも軽みがあって、とても聴きやすい。


プロデューサーはボニー・レイットなんかも手がけていたマイケル・クスカーナ。