いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

f:id:markrock:20201004210812j:image'>
[NEW!!]評論家・映画監督の切通理作さんが店主を務める阿佐ヶ谷・ネオ書房の読書会を開催します。
哲学を学び直したい人のために ネオ書房【倫理教師・石浦昌之ライブ読書会】 12月20日(日) 18時半開場 19時開演 高校倫理1年間の授業をまとめた新刊『哲学するタネ 西洋思想編①』(明月堂書店)から、西洋哲学の祖、ソクラテスを取り上げます。 内容 ◆ フィロソフィア(愛知)とは? ◆「無知の知―汝自身を知れ」 ◆問答法はディアロゴス(対話)の実践 ◆「徳」とは何か? ◆プシュケー(魂)への配慮 ◆善く生きることとは? 入場料1200円 予約1000円  予約kirira@nifty.com
[NEW!!]『哲学するタネ】――高校倫理が教える70章』【西洋思想編1】【西洋思想編2】が2020年10月20日に2冊同時刊行!!。
『哲学するタネ】――高校倫理が教える70章』【西洋思想編1】【西洋思想編2】2020年10月20日発売
●石浦昌之著
●定価:西洋思想編1 本体2000円+税(A5判 330頁)(明月堂書店)
注文はココをクリック
●西洋思想編2 本体1800円+税(A5判 300頁)(明月堂書店)
注文はココをクリック
f:id:markrock:20201004205325j:image
[NEW!!]2020年7月31日発売『URCレコード読本』(シンコー・ミュージック・ムック)に寄稿しました(後世に残したいURCの50曲 なぎらけんいち「葛飾にバッタを見た」・加川良「教訓1」・赤い鳥「竹田の子守歌」、コラム「高田渡~永遠の「仕事さがし」」)。
詳細はココをクリック
購入はココをクリック
f:id:markrock:20200802143148j:image
ohno tomokiとダニエル・クオンによるデュオ「x-bijin」初のアルバム『x-bijin』(2020年6月26日発売)、リリースインフォにコメントを書かせてもらいました。
詳細はココをクリック
11月15日発売のレコードコレクターズ12月号に加奈崎芳太郎『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(明月堂書店)の書評が載りました。
f:id:markrock:20200521021219j:image
編集・ライターを担当した加奈崎芳太郎著『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(エルシーブイFM「加奈崎芳太郎のDIG IT!!」書籍化)が2019年8月に発売されました。
●加奈崎芳太郎著・桑畑恒一郎写真
●定価:本体3000円+税
●A5判(上製)416頁(明月堂書店)
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
f:id:markrock:20200521020444j:image

【メディア掲載】
『毎日新聞』2019年10月3日掲載 「元「古井戸」加奈崎芳太郎さんが本出版 音楽活動50周年の集大成」
詳細はココをクリック
『長野日報』2019年9月25日掲載 「音楽文化で伝える戦後 パーソナリティのFM番組まとめ 加奈崎さん書籍刊行」
極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。
『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年10月10日発売
●石浦昌之著
●定価:本体2500円+税
●A5判(並製)384頁(明月堂書店)
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
f:id:markrock:20201004211116j:image

【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック
【ブックガイド掲載】
斎藤哲也『もっと試験に出る哲学――「入試問題」で東洋思想に入門する』(2020年、NHK出版新書)

Ramblin’Jack Elliott

markrock2011-04-17

/ South Coast ( Red House / 1995 )


逃げ出したくなる気持ちは分かるけれど、どうしてこんなに実情がうまく伝わらないのだろう。来日公演をとりやめる外タレが相次いでいて。もちろん、国内でもコンサートホールの都合でツアーの見直しを迫られているミュージシャンは沢山いる。でもそれとは理由は違うだろう。何しろ外国のニュースじゃあ、日本全体が全部フクシマになったような騒ぎでありまして。


風評被害にも心が痛むばかりだ。自分も同じ立場になることを感じざるを得ない。


そんなわけで、ランブリン・ジャック・エリオットも日本に来なかった。致し方ないと思いつつも失望したファンが多かったのではないかな。近所の中古屋に大量のランブリン・ジャック・エリオットのCDが売られていた。今このタイミングだから、ファンの気持ちも良くわかる。


さて、そんなわけで1995年の弾き語りアルバム『South Coast』を聴いているけれど、コレは秀逸ですな。初めてのグラミーを獲り、再評価に入った作(ベスト・トラディショナル・フォーク・アルバム)ということになるけれど、ライナーのガイ・クラーク、ジャクスン・ブラウン、ジョーン・バエズ、イアン・タイスン、グレッグ・ブラウン、ジェリー・ジェフ・ウォーカー、ドク・ワトスン、ピーター・ローワン、アーティ・トラウム、ジョン・ウェズリー・ハーディングといった人達のコメントを読むにつけ、偉大さに改めて驚かされる。ディランはジャックを越えていったけれど、フォーク、ブルーズといった音楽のトラディショナルな佇まいを守りきったということではよりジェニュインな存在に思える。


64歳の時のギター・ピッキングや歌声は流石に現在よりも力強くて、ディランの90年代の弾き語り2作よりも勢いがある。ウディの”Pastures of Plenty”、”I Ain’t Got No Home”、”Talkin’ Dut Bowl”に、かつての相棒デロール・アダムスの”Rake and Ramblin’ Boy”、ティム・ハーディンへの想いでも語った”If I Were A Carpenter”、ジェシ・フラーの”San Francisco Bay Blues”まで、代表曲を織り交ぜつつ、歌い込む。アコギや歌声もキレイに録られているから、スピーカーを大きくして浸りたい最高の仕上がりだ。


在りし日のグリニッジ・ビレッジに行きたいと夢に見たフォーク・ファンは多いことだろう。晶文社からかつて出た『フォーク・シティ』(ロブ・ウォリヴァー著・1990年)は151人のアーティストへのインタビューであの時代を生き生きと蘇らせてくれる。近年のフォーク・コミューンの所在をウッドストックの町に求めた著者による、これまたジョン・セバスチャンやジョン・ヘラルドを含めたインタビューで構成された『小さな町の小さなライブハウスから』片山明著・万象堂・2006年)も面白いので一読をお薦めしたい。