いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

f:id:markrock:20200521020444j:image
f:id:markrock:20190212212337j:image
[NEW!!]11月15日発売のレコードコレクターズ12月号に加奈崎芳太郎『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(明月堂書店)の書評が載りました。
f:id:markrock:20200521021219j:image
[NEW!!]編集・ライターを担当した加奈崎芳太郎著『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(エルシーブイFM「加奈崎芳太郎のDIG IT!!」書籍化)が2019年8月に発売されました。
●加奈崎芳太郎著・桑畑恒一郎写真
●定価:本体3000円+税
●A5判(上製)416頁

詳細はココをクリック
注文はココをクリック
【メディア掲載】
『毎日新聞』2019年10月3日掲載 「元「古井戸」加奈崎芳太郎さんが本出版 音楽活動50周年の集大成」
詳細はココをクリック
『長野日報』2019年9月25日掲載 「音楽文化で伝える戦後 パーソナリティのFM番組まとめ 加奈崎さん書籍刊行」
極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。
『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年9月発売!!
●石浦昌之著
●定価:本体2500円+税
●A5判(並製)384頁

詳細はココをクリック
注文はココをクリック
【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック
【ブックガイド掲載】
斎藤哲也『もっと試験に出る哲学――「入試問題」で東洋思想に入門する』(2020年、NHK出版新書)

 Georgie Fame, Annie Ross, and Hoagy Carmichael

markrock2011-05-25

/ In Hoagland ( 1981 )


しばらくお休みしている間に色々新作が出ていて。色々入手しているけれど、聴くのが追いつかない状況。まあぼちぼち紹介していこうかと。


とか、いいながら、思いっきり旧譜を聴いている。1981年の『In Hogyland』。ホーギー・カーマイケル晩年の本人も加わった、本人参加のトリビュートってな趣きのトリオ作。


結構人気盤のようで、LPもそこそこの値が付いているし、かつてCD化されたもの("Small Fry"がボーナス収録されている)もプレミア価格がついているようだ。というのも、誰でも知っているホーギーの名曲を、モッズのアイドル的なオルガニスト&シンガー、ジョージー・フェイムと女性ジャズ歌手のアニー・ロスと共に比較的コンテンポラリーな音で仕上げていると言うんだから、マコトにシュミが良い。文句付けようナシ。アレンジャーはハリー・サウス、ロンドン・レコーディングでイギリスのジャズ・ミュージシャンがバッキングを務める。ホーギーにとってはリリースの5ヶ月後に82歳で亡くなったと言うこともあり、最晩年のレコーディング。ホーギーというとセピア色の1930年代のイメージで捉えている向きには、ここまでビビッドな音で彼の歌とピアノを聴けることすら奇跡のマッチングと思えるかもしれない。


曲目はホーギーのキャリアをおさらいする感じで、アメリカン・スタンダードいや、世界のスタンダードとも言える”Stardust”、”Georgia On My Mind”をはじめ、”Rockin’ Chair”、”Up A Lazy River” 、”Two Sleepy People”、”Drip Drop”などを歌っている。


ジャズというカテゴリー内に押し込められて語られることもあるけれど、レイ・チャールズやウィリー・ネルスンといったソウル、カントリー畑のシンガーにも好んで歌われていることからも判る通り、太いアメリカン・ルーツ・ミュージックの幹に位置する重要人物。ライターでありながら、ピアノを弾いて自演もしたという点も、シンガー・ソングライターの先駆けという意味でも特異な人。ジャズならマット・デニスとか、そんな語り口を思い浮かべてしまう。


やっぱりアメリカの音楽の根は深いなとつくづく思う。そしてまた、ポピュラー音楽のある種の到達点が戦前にあったのだということに気付かされる。ボブ・ディランのラジオ番組の選曲や細野晴臣の新作『HoSoNoVa』を聴いても感じたことだけれど。9.11以降、アメリカを全否定するポーズを歓迎する向きが、かつてアメリカの文化的植民地だったここ日本で見受けられるけれども、それを馬鹿の一つ覚えと言わずして何と言おう。優れた文化は政府が作っているのではないという単純なことなのに、だ。知れば知るほどアメリカの音楽がたまらなく好きになってくる。