いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

f:id:markrock:20200521020444j:image
f:id:markrock:20190212212337j:image
[NEW!!] ohno tomokiとダニエル・クオンによるデュオ「x-bijin」初のアルバム『x-bijin』(2020年6月26日発売)、リリースインフォにコメントを書かせてもらいました。
詳細はココをクリック
11月15日発売のレコードコレクターズ12月号に加奈崎芳太郎『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(明月堂書店)の書評が載りました。
f:id:markrock:20200521021219j:image
編集・ライターを担当した加奈崎芳太郎著『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(エルシーブイFM「加奈崎芳太郎のDIG IT!!」書籍化)が2019年8月に発売されました。
●加奈崎芳太郎著・桑畑恒一郎写真
●定価:本体3000円+税
●A5判(上製)416頁
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
【メディア掲載】
『毎日新聞』2019年10月3日掲載 「元「古井戸」加奈崎芳太郎さんが本出版 音楽活動50周年の集大成」
詳細はココをクリック
『長野日報』2019年9月25日掲載 「音楽文化で伝える戦後 パーソナリティのFM番組まとめ 加奈崎さん書籍刊行」
極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。
『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年9月発売!!
●石浦昌之著
●定価:本体2500円+税
●A5判(並製)384頁
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック
【ブックガイド掲載】
斎藤哲也『もっと試験に出る哲学――「入試問題」で東洋思想に入門する』(2020年、NHK出版新書)

 大滝詠一

markrock2011-03-13

/ Debut SPECIAL ( CBS Sony / 1986 )


東北関東大震災、罹災地の方々の不安はいかばかりかと思う。ずっとニュースを付けっぱなしにしているけれど、まだ原発関係が気になるところ。行方不明者も数え切れないほどだし、救援物資や医療支援も果たして行き届いているのだろうか…未曾有の大惨事だ。友人などに連絡を取り合っているうちに日が過ぎてしまう。皆様の所は無事でおられるでしょうか…


東京の我が家も相当揺れました。たまたま休日で自宅にいたのだけれど、天井まで積み上げていたレコード・CD・本が雪崩のように落ちて来て。たまたま隣の部屋に移動した直後だから良かったけれど、間一髪だった。



余震もありなんだか落ち着かないけれど、気分を紛らわそうと音楽を聴いている。来る3月21日は大滝詠一のリイシュー・デイとして知られている日だった。ロンバケをもう一度買うのは(4枚も持っていてもね…)気が引けるし、ボックスも、NIAGARA BLACK BOX』が手元にあるし、買い直すには少々値が張りすぎるかな、と。本『Talks About Niagaraは買おうと思うが。


そんなわけでコロンビアからのLPを拡大復刻CD化した『DEBUT SPECIAL』を聴いている。1977年のファースト・ナイアガラ・ツアーの音源4曲(空飛ぶくじら、空色のくれよん、田舎道、ウララカ〜はいから〜ロン・ロン〜サイダー)とロンバケのお披露目ライブ(1981年)の”Sheila〜シャックリママさん〜Love’s Made A Fool Of You”、ヘッド・フォン・コンサートの”指切り”(1981年)、そして1978年のスタジオ再録音”水彩画の町”、”乱れ髪”、”外はいい天気だよ”を収めている。


今だったら絶対やらないであろう、再録ものが多いのが面白い。単独での再発がなされていないのも、過渡期の迷いの見られる作だからだろう。でも、ロンバケなエコー感たっぷりの音で過去の名曲群が聴けるってのはやっぱり魅力なわけで。


こうしてリミックスされた音を聴いていると、個人的には1986年の吉田保ミックスがベストなのかな、と思う。シュガー・ベイブもカレンダーもトライアングルVol.1も1986年のスリムケースの盤で聴くのが一番好きだし。甘くて艶のある良い意味で湿った音。だいいち初めて大滝サウンドにハマったのも『コンプリート イーチ・タイム』だったわけだからね。この音がしっくり来るわけだ。


いずれにしても、一日も早い復興を願うばかりだ。