いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

f:id:markrock:20200521020444j:image
f:id:markrock:20190212212337j:image
[NEW!!] ohno tomokiとダニエル・クオンによるデュオ「x-bijin」初のアルバム『x-bijin』(2020年6月26日発売)、リリースインフォにコメントを書かせてもらいました。
詳細はココをクリック
11月15日発売のレコードコレクターズ12月号に加奈崎芳太郎『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(明月堂書店)の書評が載りました。
f:id:markrock:20200521021219j:image
編集・ライターを担当した加奈崎芳太郎著『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(エルシーブイFM「加奈崎芳太郎のDIG IT!!」書籍化)が2019年8月に発売されました。
●加奈崎芳太郎著・桑畑恒一郎写真
●定価:本体3000円+税
●A5判(上製)416頁
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
【メディア掲載】
『毎日新聞』2019年10月3日掲載 「元「古井戸」加奈崎芳太郎さんが本出版 音楽活動50周年の集大成」
詳細はココをクリック
『長野日報』2019年9月25日掲載 「音楽文化で伝える戦後 パーソナリティのFM番組まとめ 加奈崎さん書籍刊行」
極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。
『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年9月発売!!
●石浦昌之著
●定価:本体2500円+税
●A5判(並製)384頁
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック
【ブックガイド掲載】
斎藤哲也『もっと試験に出る哲学――「入試問題」で東洋思想に入門する』(2020年、NHK出版新書)

 Dan Hill

markrock2011-01-03

/ Intimate ( Universal / 2009 )


紹介しないまま年を越してしまった一枚。カナダのシンガー・ソングライター、ダン・ヒルの新作だ。”Can We Try”といったデュエットもので’80s AORファンにも支持の厚い人。寡作家ながら、マシュー・マコウリーとフレッド・モーリンが手がけたシンガー・ソングライター然とした70年代初頭の諸作以来、ほぼハズレが無い。映画ランボーのテーマともなった”It’s A Long Road”でも有名だ。


この新作も完成度が高すぎて驚いた。セリーヌ・ディオンもビックリのパワー・バラードが目白押しで、ハリウッド映画並の盛り上げ方だね、こりゃどれも。とりわけリズ・ロドリゲスとのデュエット”(Don’t Tell Me) How I Feel”なんかは心に残った。10年くらい前に、ボブ・カーライルというCCM系シンガーが歌って大ヒットした、娘に送る結婚式ソング”Butterfly Kisses”ってのがあったけれど、その歌い方がダン・ヒルのコピーみたいに思えたのには苦笑した。ダンの個性は、自身が白人と黒人の混血であるように、その声もソウルフルでありながら、決してブラック・ミュージックにはなりえない所。そんなわけで、ソウルにもならない微妙な立ち位置になってしまった部分はあるだろうけれど、深い所でその詩を噛みしめるようなバラード・シンギングは誰にも負けない持ち味。偉大なソングライターだったバリー・マンが、ダンとの間に”Sometimes When We Touch”をはじめ、多くの共作を残したというのも、彼の才能に心底惚れてのものだったに違いない。


余りに素晴らしいな、と思ったら、プロデュースはかつての盟友マシュー・マコウリー+フレッド・モーリン。録音はナッシュビルで、あの名匠カイル・ラーニングがレコーディングやミックスを手がけている。デニス・マトコウスキーやキース・スティーガル、マイケル.W.スミスとの共作もある。モントリーオール出身のジャズ・ピアニスト、ジョー・シーリーとの共作曲も今までにないジャジーな絡みが良かった。同名の自伝を出版した後に他界した父に捧げた”I Am My Father’s Son”も心に沁みる。さらには”Sometimes When We Touch”のアンプラグド再録も全く衰え知らずの仕上がりで、新年から歌の底力を感じております。