いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

f:id:markrock:20200521020444j:image
f:id:markrock:20190212212337j:image
[NEW!!] ohno tomokiとダニエル・クオンによるデュオ「x-bijin」初のアルバム『x-bijin』(2020年6月26日発売)、リリースインフォにコメントを書かせてもらいました。
詳細はココをクリック
11月15日発売のレコードコレクターズ12月号に加奈崎芳太郎『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(明月堂書店)の書評が載りました。
f:id:markrock:20200521021219j:image
編集・ライターを担当した加奈崎芳太郎著『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(エルシーブイFM「加奈崎芳太郎のDIG IT!!」書籍化)が2019年8月に発売されました。
●加奈崎芳太郎著・桑畑恒一郎写真
●定価:本体3000円+税
●A5判(上製)416頁

詳細はココをクリック
注文はココをクリック
【メディア掲載】
『毎日新聞』2019年10月3日掲載 「元「古井戸」加奈崎芳太郎さんが本出版 音楽活動50周年の集大成」
詳細はココをクリック
『長野日報』2019年9月25日掲載 「音楽文化で伝える戦後 パーソナリティのFM番組まとめ 加奈崎さん書籍刊行」
極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。
『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年9月発売!!
●石浦昌之著
●定価:本体2500円+税
●A5判(並製)384頁

詳細はココをクリック
注文はココをクリック
【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック
【ブックガイド掲載】
斎藤哲也『もっと試験に出る哲学――「入試問題」で東洋思想に入門する』(2020年、NHK出版新書)

 山木康世 

markrock2010-12-10

/ 旭日東天 ( PonyCanyon / 2009 )


先週の水曜日あたりだったかな。元ふきのとうの山木康世のライブに行ってきた。高円寺の老舗ライブハウス、Showboat。1974年に”白い冬”でデビューした北海道出身のフォーク・デュオ「ふきのとう」。4人組だった時代のアルフィーと同期かな。アルフィーは”夏しぐれ”がデビュー曲だったけれど、「夏」の方はヒットしなかった。


細坪基佳のハイトーンと山木康世の卓越した楽曲・ハーモニーはエヴァーグリーンの色合い。”風来坊”、”ひとりの冬なら来るな”、”思いで通り雨”、”柿の実色した水曜日”、”春雷”と言った楽曲は、人の純粋さや自然の美しさにハッとさせられる独特の世界観を持っており、いつでも清々しい気分にさせてくれる。


さて解散後はオフコースと同様、再結成することもなく、それぞれがソロでのキャリアを重ねている。


実は山木さんのライブ、今回が2度目でありまして、1度目は1994年。つまり中学3年生の時でありました。当時住んでいた東村山市の市民会館(富士見町)に来てくれた。チケット代はたった1000円だったはず。そこで、”風来坊”や”五色のテープ”、”柿の実色した水曜日”、それに海援隊に提供した”思えば遠くへ来たもんだ”なんかを聴いたのであった。アクースティック・ギターとハーモニカに味わい深い低音が載る、これぞフォーク・シンガーと思えるステージだったのをよく覚えている。それ以来、『道』とか、石川鷹彦と再びがっぷり四つに組んだ『静かに水の流れが岸をけずる』(はっきり言って名盤!!)、それに1999年のライブを収めた『Concert Tour ’99 〜幸せは青空の彼方から』をどれほど聴き込んだことか。


16年ぶりの山木さん、見た目も、ステージも、全く変わっていないんだから、感動した。オープン・チューニングのギターと、ノーマル・チューニングのギターを持ち替えながら誠実なステージを展開して。地方公演で旧い楽曲をやっていた反動か、新曲中心のステージだったのだけれど、スローにアレンジし直された”風来坊”も聴けたし。終演後、「(16年前と)全く変わってなかったでしょ」とおっしゃっていたけれど、琵琶法師の世界をギター1本で表現した”弁慶と義経”なんて完全に新境地だったし、ルーツとなったカントリー(”テネシー・ワルツ”)が聴けたのも貴重だった。派手な世界に踊らされず、地道に、マイペースに歌い続けておられる山木さんのようなフォーク歌手はこれからも追い続けていきたいものだ。


さて、今回紹介するのは2009年の新曲&セルフカバー集『旭日東天』。”春雷”、”白い冬”、”涙のらぶれたあ”、”やさしさとして想い出として”なんかもスタジオ録音で入っているけれど、新曲の”嶺上開花(リンシャンカイホー)”が山木さんらしいとにかく良い曲!サイトから購入できる2枚組嶺上開花(以前ブログで紹介したが→http://d.hatena.ne.jp/markrock/20090307)のタイトル曲でもあったものだ。さらに、サイトでは『自己流plus』(コレも良かった!)やデモテープ集なんかも購入できて、ファンには嬉しいリリース・ラッシュが近年続いている。


そうそう、ライブの後購入したのだけれど、エッセイ集『此此然然(コレコレシカジカ)』も彼の人柄が出ていて面白かった。一緒に2枚のアルバムを作った石川鷹彦や、イルカとの対談、名曲群にちなんだショート・エッセイを収録し、筋の通った彼のポリシーやあたたかさに触れられる好著と言えよう。