いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

f:id:markrock:20200521020444j:image
f:id:markrock:20190212212337j:image
[NEW!!] ohno tomokiとダニエル・クオンによるデュオ「x-bijin」初のアルバム『x-bijin』(2020年6月26日発売)、リリースインフォにコメントを書かせてもらいました。
詳細はココをクリック
11月15日発売のレコードコレクターズ12月号に加奈崎芳太郎『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(明月堂書店)の書評が載りました。
f:id:markrock:20200521021219j:image
編集・ライターを担当した加奈崎芳太郎著『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(エルシーブイFM「加奈崎芳太郎のDIG IT!!」書籍化)が2019年8月に発売されました。
●加奈崎芳太郎著・桑畑恒一郎写真
●定価:本体3000円+税
●A5判(上製)416頁

詳細はココをクリック
注文はココをクリック
【メディア掲載】
『毎日新聞』2019年10月3日掲載 「元「古井戸」加奈崎芳太郎さんが本出版 音楽活動50周年の集大成」
詳細はココをクリック
『長野日報』2019年9月25日掲載 「音楽文化で伝える戦後 パーソナリティのFM番組まとめ 加奈崎さん書籍刊行」
極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。
『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年9月発売!!
●石浦昌之著
●定価:本体2500円+税
●A5判(並製)384頁

詳細はココをクリック
注文はココをクリック
【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック
【ブックガイド掲載】
斎藤哲也『もっと試験に出る哲学――「入試問題」で東洋思想に入門する』(2020年、NHK出版新書)

 竹田和夫 

markrock2010-11-24

/ The New Best Of Kazuo Takeda The Best From 1990-2009 Recordings ( Skyhawk Production / 2010 )


竹田”Flash”和夫ライブ、初めて観て参りました!原宿クロコダイルにて。LA在住の竹田さんのジャパン・ツアー2010のファイナルと言うことで。所用で会場に着いたのは21:00くらい。”Route66”を演っていた。隣の人に聴くと4曲目くらいだったらしい。残念!でもステージが暖まって良い感じになっていることは、竹田の初めて耳にするギラギラしたエレキから伝わってくる。会場は超満員といった感じ。


結論を言うと、生が一番良かったということ。クリームも真っ青なバリバリのブルーズ・ロックを大音量のアンプで聴かせてくれるギタリストなんて、もはやそうそう居ないですよ…恐れ入りました。今までレコードやCDで聴いてきた音もそりゃ良かったけれど、生の迫力には負けるな。


私が物心ついた頃の竹田和夫というと、表舞台には出てこないような所があって。ましてLAに行ってからはジャズ化したなんて耳にしていたものだから、フェリックス・パパラルディも度肝を抜かれたド迫力のブルーズなんてもう聴けないのかと思っていたけれど、完全に思い違いだったと思い知る。PRSのレスポール・タイプの赤いエレキを手に、ぶっとい音をこれでもかと出してくるんだから。速弾きもお手のモノでありまして、余りの滑らかさに思わずため息が出てしまったことが幾度となくあった。こんな経験は近年味わったことがない。


そしてそして、クリエイション時代も含めて弱さが指摘されていたヴォーカルが、実に良かったのだ!ハイトーンも実に良く通っていて、まさにいぶし銀のヴォーカル。これこそ歳を重ねた良さだな、と思ってしまう。バンドは基本べース(栃原優二)、ドラムス(相良PASSAN宗男)、竹田和夫のギター&ヴォーカルというトリオ編成。そして、時折コーラスが入るという編成だったのだが、ベーシストがこれまたギターに負けない太い音を出してくれていて。スラップも交えた超絶テクニックという点では決して竹田に引けを取っていなかったと思う。白眉はそのベースとドラムのソロも充実した”Tabacco Road”と往年の名インスト”Spinning Toe-Hold”(プロレス技!)かな。YouTubeなんかでも近年の演奏を観たけれど、それよりか今日のステージの方が指も動いていて、断然良かった。甘い音を出すジャージーな曲も、後半テンポアップして弾きまくったり、根はロックな人なのだと改めて。クラプトンが最新作でジャズ化した、とか言われるけれど(実際は”Autumn Leaves”のみとも言えるけど)、ブルーズを演ってればそこに行きつくよなあ、と。今日会場で売っていたベスト盤『The New Best Of Kazuo Takeda  The Best From 1990-2009 Recordings』に入っていた”Summertime”を聴いていてそう思う。無茶苦茶スリリングなカバーだけどね。


そうそう、このベスト盤では竹田自身のボーカルでセルフカバーされている”Lonely Heart”。このアレンジでも聴いてみたかったけれど、今日のステージではコーラスを務めた方がメイン・ヴォーカル。オリジナルで歌っていた元カーナビーツのアイ高野氏は惜しくも早逝されたことが思い出された。この曲の映像をテレビで観て、”Lonely Heart”を手に入れるためにレコード屋を巡ったのが懐かしい。


終演後、チラッとお話できたけれど、ライブはやっぱり良いでしょ、なんて仰っていた。ぶっきらぼうにタバコを吸いながら…なんて渋い!終演後は今月24日にDVDが発売される『ロック誕生』がモニターから流れていた。