いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

f:id:markrock:20201004210812j:image'>
[NEW!!]評論家・映画監督の切通理作さんが店主を務める阿佐ヶ谷・ネオ書房の読書会を開催します。
哲学を学び直したい人のために ネオ書房【倫理教師・石浦昌之ライブ読書会】 12月20日(日) 18時半開場 19時開演 高校倫理1年間の授業をまとめた新刊『哲学するタネ 西洋思想編①』(明月堂書店)から、西洋哲学の祖、ソクラテスを取り上げます。 内容 ◆ フィロソフィア(愛知)とは? ◆「無知の知―汝自身を知れ」 ◆問答法はディアロゴス(対話)の実践 ◆「徳」とは何か? ◆プシュケー(魂)への配慮 ◆善く生きることとは? 入場料1200円 予約1000円  予約kirira@nifty.com
f:id:markrock:20201220114218j:image
[NEW!!]『哲学するタネ】――高校倫理が教える70章』【西洋思想編1】【西洋思想編2】が2020年10月20日に2冊同時刊行!!。
『哲学するタネ】――高校倫理が教える70章』【西洋思想編1】【西洋思想編2】2020年10月20日発売
●石浦昌之著
●定価:西洋思想編1 本体2000円+税(A5判 330頁)(明月堂書店)
注文はココをクリック
●西洋思想編2 本体1800円+税(A5判 300頁)(明月堂書店)
注文はココをクリック
f:id:markrock:20201004205325j:image
[NEW!!]2020年7月31日発売『URCレコード読本』(シンコー・ミュージック・ムック)に寄稿しました(後世に残したいURCの50曲 なぎらけんいち「葛飾にバッタを見た」・加川良「教訓1」・赤い鳥「竹田の子守歌」、コラム「高田渡~永遠の「仕事さがし」」)。
詳細はココをクリック
購入はココをクリック
f:id:markrock:20200802143148j:image
ohno tomokiとダニエル・クオンによるデュオ「x-bijin」初のアルバム『x-bijin』(2020年6月26日発売)、リリースインフォにコメントを書かせてもらいました。
詳細はココをクリック
11月15日発売のレコードコレクターズ12月号に加奈崎芳太郎『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(明月堂書店)の書評が載りました。
f:id:markrock:20200521021219j:image
編集・ライターを担当した加奈崎芳太郎著『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(エルシーブイFM「加奈崎芳太郎のDIG IT!!」書籍化)が2019年8月に発売されました。
●加奈崎芳太郎著・桑畑恒一郎写真
●定価:本体3000円+税
●A5判(上製)416頁(明月堂書店)
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
f:id:markrock:20200521020444j:image

【メディア掲載】
『毎日新聞』2019年10月3日掲載 「元「古井戸」加奈崎芳太郎さんが本出版 音楽活動50周年の集大成」
詳細はココをクリック
『長野日報』2019年9月25日掲載 「音楽文化で伝える戦後 パーソナリティのFM番組まとめ 加奈崎さん書籍刊行」
極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。
『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年10月10日発売
●石浦昌之著
●定価:本体2500円+税
●A5判(並製)384頁(明月堂書店)
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
f:id:markrock:20201004211116j:image

【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック
【ブックガイド掲載】
斎藤哲也『もっと試験に出る哲学――「入試問題」で東洋思想に入門する』(2020年、NHK出版新書)

[ライブ」早川義夫+佐久間正英+熊坂るつこLIVE 日常で歌うことが何よりもステキ(2010.11.12 国立 地球屋)

markrock2010-11-13



早川義夫さん。高校生の時にテレビで見て、その歌い方や曲を聴いて、ひと目で好きになってしまった。折しも書店主から再び歌い手としてカムバックした時期だったと記憶している。それからというもの、アルバムを出る度に買い求め、ジャックスにも遡って聴いてみて。それと本も読んだなぁ。シンコー・ミュージックから文庫で出ていた『ラブ・ゼネレーション』とか、『ぼくは本屋のおやじさん』とか。『たましいの場所』も好エッセイだった。朝日新聞の書評も欠かさず読んでいたし、つげ義春を読み始めたのも早川さんがきっかけだ。もっと言うと、資本主義社会のえげつない営みにとてもついて行けないなあ、と会社勤めをあきらめた心性も早川さんに起因する。


そんなわけで、好きだ好きだといいながら10数年を経て、初めてライブを聴けたというわけだ。


とにかくなぜか緊張して客席に座り…1曲目が"サルビアの花"ですよ!!参りました。リズムを取りながら鍵盤を叩き、歌うご様子はテレビで見たままだった。2部編成のステージだったが、記憶に残った唄を挙げてみると、"音楽""父さんへの手紙"が白眉で、その他にも"パパ""嵐のキッス""身体と歌だけの関係""H""猫のミータン"といった所かな。心に湧き上がる素直な気持ちを当たり前のように素直に歌っていて、これこそが歌なのだと思う。近頃、喜怒哀楽を押さえつけるのが善とでもいう社会常識が幅をきかせているけれど、そんなことをしていると素直な気持ちを表せはしない。まあ、それを押さえつけているのが恥じらいであるならば、悪くないとも思えるけれど。いずれにしても、素直に気持ちを出すのは気持ちが良いモノだ。



そしてそして、"からっぽの世界"や"いい娘だね"といったジャックスのナンバーにはもう、狂いそうな気分で。ベースとドラムスはいないけれど、佐久間さんの狂気のギターのかきむしりはサイケデリックなジャックスの怪演を思わせるか、それ以上だったと思う。熊坂るつこさんのアコーディオンも感情の起伏をぐいぐいと伝えてくれる。早川さんの音楽は静のようで動だ。どう考えても音の節々にロックが鳴っている。


珍しいところでは、野坂昭如の"黒の舟歌"。リクエストに応えたモノとのことだが、早川さんの音楽性にとてもマッチしていた。「野坂昭如みたいにサングラスを掛ければ小説が書けるかも、とサングラスを掛けていたけれど、小説は書けなかった」と仰っていた。


"黒の舟歌"を聴いて思ったけれど、早川さんの音楽には分かり易い「影響」が見えないと常々感じていて。でも、日本のプレ・ロック世代の流行歌・歌謡曲みたいなものに一つのルーツがあるのなのかな、と思ってみたり。エンケンさんにも似たところがあって、そこが単純なはっぴいえんど的洋楽模倣型とは一線を画し、ロックの音作りをしつつも独自の地位を築いた(しかし大衆に理解もされにくかった)理由なのかな、なんて。


まあそんな分析も実はどうでも良くて、早川さんが気持ちよい歌を気持ちよく歌っている。見ている私はそれだけで良い気分だった。


また必ずやお目に掛かりたいな、と思う。