いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

f:id:markrock:20200521020444j:image
f:id:markrock:20190212212337j:image
[NEW!!] ohno tomokiとダニエル・クオンによるデュオ「x-bijin」初のアルバム『x-bijin』(2020年6月26日発売)、リリースインフォにコメントを書かせてもらいました。
詳細はココをクリック
11月15日発売のレコードコレクターズ12月号に加奈崎芳太郎『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(明月堂書店)の書評が載りました。
f:id:markrock:20200521021219j:image
編集・ライターを担当した加奈崎芳太郎著『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(エルシーブイFM「加奈崎芳太郎のDIG IT!!」書籍化)が2019年8月に発売されました。
●加奈崎芳太郎著・桑畑恒一郎写真
●定価:本体3000円+税
●A5判(上製)416頁

詳細はココをクリック
注文はココをクリック
【メディア掲載】
『毎日新聞』2019年10月3日掲載 「元「古井戸」加奈崎芳太郎さんが本出版 音楽活動50周年の集大成」
詳細はココをクリック
『長野日報』2019年9月25日掲載 「音楽文化で伝える戦後 パーソナリティのFM番組まとめ 加奈崎さん書籍刊行」
極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。
『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年9月発売!!
●石浦昌之著
●定価:本体2500円+税
●A5判(並製)384頁

詳細はココをクリック
注文はココをクリック
【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック
【ブックガイド掲載】
斎藤哲也『もっと試験に出る哲学――「入試問題」で東洋思想に入門する』(2020年、NHK出版新書)

 四人囃子 

markrock2010-11-14

/ ゴールデン・ピクニックス ( CBS / 1979 )


昨日、早川さんのライブ・レポートをアップしたのだけれど、早川義夫さんのホームページの日記にリンクしていただけた。
http://www15.ocn.ne.jp/~h440/diary79.html
なんだか憧れの早川さんに自分の気持ちが伝えられたみたいで、恥ずかしいような変な感じだ。とても、嬉しい。


その早川さんのライブをサポートしていたのが、佐久間正英さんだ。日本を代表するロック創成期のプログレッシブ・ロック・バンド四人囃子のメンバーで、80年代にはニューウェイブの急先鋒プラスチックスのメンバーとして、90年代にはグレイやジュディマリのプロデューサーとして、時代の最先端を走って来た人だ。その一方、90年代に復活した早川盤をプロデューサーとして支えた重要人物でもある。ベテランの領域を越えた今、ミュージシャンとして、レスペクトせずにはいられない早川さんとこうして全国津々浦々回っておられるというのが、またまた尊敬に値する。


MCにもあったが、現在レコード会社(CircularTone Records)を新たに立ち上げたそうだ。ツイッターもやっていて、毎日1曲アップしているみたい(http://twaud.io/users/masahidesakuma)。昨日のライブの2部アタマで熊坂るつこさんと演ったソロ演奏もアップするとのことだけど、結構長い曲で、このレベルの演奏を既に毎日アップしてその数が200を上回ってるってんだから、天才は想像を超えている。キーボード、ベースも弾くけれど、ギターもとてつもない腕前!昨日は久々に歌っているギターを聴いた。ホームページは以下↓
http://www.masahidesakuma.net/


今日はそんなことを思い出しながら、四人囃子のセカンド『ゴールデン・ピクニックス』を聴いている。1979年という時代を反映して、プログレしているものの、メロウ&フュージョンな雰囲気を持つ展開も見られて。よく考えてみたら、私の生まれ年のリリースだ。


『ロック誕生〜ニッポンROCK40年』というBSの番組が各所で話題になっている。欠かさず見たんだけれど、ジャックスはなぜか無かったなあ。映像がそもそもないのかな。2008年の映画『ロック誕生 The Movement70's』を下敷きにした作りだと思うけれど、結構見たことがない映像があって。竹田和夫のクリエイションなんか最高だったなあ。この人も近々観に行こうと企んでいる。70年代前半はやっぱりフォークや歌謡曲に力があった時代だから、ロックはマイノリティのものだったわけだけれど、そのエネルギーは尋常じゃないな、と。しかも、レコーディング技術の未熟さから、その最良の演奏がレコードの形で残されなかったバンドも多いから…吉野金次みたいなプロ中のプロにミックスをお願いできたはっぴいえんどは幸運であり、悪く言えばズル賢かった。ジュリアン・コープの書いたオタクなジャパ・ロック本『JAPROCK SAMPLER』で奇しくも海外から再評価された日本のロック。その再検証も大詰めに来ている感じ。