いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

[NEW!!]週刊ダイヤモンド2020年12月5日号の佐藤優さん(作家・元外務省主任分析官)のブックレビュー 知を磨く読書第372回 に『哲学するタネ 高校倫理が教える70章【西洋思想編①】』が取り上げられました。
f:id:markrock:20210318094556j:image

[NEW!!]「読者たちの夜会」(2021/1/14 LOFT9渋谷) 2020ベストビブリオバトル にて、哲学芸人マザーテラサワさんが『哲学するタネ―高校倫理が教える70章【西洋思想編1・2】』を取り上げてくれました。
f:id:markrock:20210318093652j:image

[NEW!!]評論家・映画監督の切通理作さんが店主を務める阿佐ヶ谷・ネオ書房の読書会を開催します。
哲学を学び直したい人のために ネオ書房【倫理教師・石浦昌之ライブ読書会】 12月20日(日) 18時半開場 19時開演 高校倫理1年間の授業をまとめた新刊『哲学するタネ 西洋思想編①』(明月堂書店)から、西洋哲学の祖、ソクラテスを取り上げます。 内容 ◆ フィロソフィア(愛知)とは? ◆「無知の知―汝自身を知れ」 ◆問答法はディアロゴス(対話)の実践 ◆「徳」とは何か? ◆プシュケー(魂)への配慮 ◆善く生きることとは? 入場料1200円 予約1000円  予約kirira@nifty.com
f:id:markrock:20210704101636j:image

[NEW!!]『哲学するタネ】――高校倫理が教える70章』【西洋思想編1】【西洋思想編2】が2020年10月20日に2冊同時刊行!!。
『哲学するタネ】――高校倫理が教える70章』【西洋思想編1】【西洋思想編2】2020年10月20日発売
●石浦昌之著
●定価:西洋思想編1 本体2000円+税(A5判 330頁)(明月堂書店)
注文はココをクリック
●西洋思想編2 本体1800円+税(A5判 300頁)(明月堂書店)
注文はココをクリック
f:id:markrock:20201004205325j:image

honto西洋哲学 1位・2位に2冊同時にランクインしました(2020/10/25付)

【書評掲載】
週刊ダイヤモンド2020年12月5日号 佐藤優さん(作家・元外務省主任分析官)のブックレビュー「知を磨く読書 第372回」

2020年7月31日発売『URCレコード読本』(シンコー・ミュージック・ムック)に寄稿しました(後世に残したいURCの50曲 なぎらけんいち「葛飾にバッタを見た」・加川良「教訓1」・赤い鳥「竹田の子守歌」、コラム「高田渡~永遠の「仕事さがし」」)。
詳細はココをクリック
購入はココをクリック
f:id:markrock:20210704102831j:image

ohno tomokiとダニエル・クオンによるデュオ「x-bijin」初のアルバム『x-bijin』(2020年6月26日発売)、リリースインフォにコメントを書かせてもらいました。
f:id:markrock:20210704102254j:image
「halfway to a hosono house?」 ohno tomokiとダニエル・クオンによるデュオ 「x-bijin」、ほぼ宅録による初のアルバムは、甘美なペダルスティールにのせてダニ エルが滑らかなボーカルで歌いこなす桃源郷ポップス。遠藤賢司に捧げた「グレープ フルーツ」からして初期松本隆を思わせる日本語の美しさが際立つのはなぜだろう? はっぴいえんどとポール(・マッカートニー)が産み落としたタネは、ジム(・オルーク )と出会ったペンシルヴァニアで果実となり、多摩産シティ・ポップのフレッシュジュ ースに姿を変えて、甘酸っぱい喉ごしと共に僕たちの前にある。(いしうらまさゆき)
詳細はココをクリック

11月15日発売のレコードコレクターズ12月号に加奈崎芳太郎『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(明月堂書店)の書評が載りました。
f:id:markrock:20210704102608j:image

編集・ライターを担当した加奈崎芳太郎著『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(エルシーブイFM「加奈崎芳太郎のDIG IT!!」書籍化)が2019年8月に発売されました。
●加奈崎芳太郎著・桑畑恒一郎写真
●定価:本体3000円+税
●A5判(上製)416頁(明月堂書店)
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
f:id:markrock:20200521020444j:image

【メディア掲載】
『毎日新聞』2019年10月3日掲載 「元「古井戸」加奈崎芳太郎さんが本出版 音楽活動50周年の集大成」
詳細はココをクリック
『長野日報』2019年9月25日掲載 「音楽文化で伝える戦後 パーソナリティのFM番組まとめ 加奈崎さん書籍刊行」

極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。
『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年10月10日発売
●石浦昌之著
●定価:本体2500円+税
●A5判(並製)384頁(明月堂書店)
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
f:id:markrock:20201004211116j:image

【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック
【ブックガイドに掲載されました】
斎藤哲也『もっと試験に出る哲学――「入試問題」で東洋思想に入門する』(2020年、NHK出版新書)

吉田拓郎 

markrock2012-11-24

/ 午後の天気(2012)

真心ブラザーズ
/ Keep on traveling (2012)


今日はボブ・ディランっていう共通項を持つ拓郎と真心の今年出た新作を。なんか自然体過ぎて、並べて聴きたくなって。

まず拓郎新作の冒頭”僕の道”を初めて聴いた印象。地味だなぁ〜という。生きていることにだけでも感謝しなければいけない希有なミュージシャンであるわけなんだけど、正直に言うと。体調不良でツアーをキャンセルしてから、ラジオなんかでは元気な姿が聴けたけれど、ボーカルもなんだかオケに負けているようにも思えて。でも2曲目の”昨日の雲じゃない”ではゆったりした拓郎節に通る声が響いて全く安心する。しかもはっぴいえんど鈴木茂アレンジじゃないですか!!80年代の拓郎とよく組んでいた相手。茂さんも色々あったけれど、ここでこうしてギターを弾いている。全編オブリを弾いてるんだけど、むっちゃ良いですよ。「あの空に浮かぶのは 今日の雲 それは昨日の雲じゃない」なんて、ゆく川の流れは絶えずして…の境地でしょう。病を経て今年で66だもんね…エイベックスというと色眼鏡で見てしまうけれど、ここにあるのはタイアップだなんだの音楽商売の匂いはなく、ほぼ素直な気持ちを吐露した日記。素晴らしいことですよ。昨年のNHK-BSのドラマ新撰組血風録』の主題歌”慕情”ってのも実に地味だしねぇ。エイティーズ拓郎風味なGS風”危険な関係”の方がキャッチーだったり。”おやじの唄”の続編かもしれない”清流(父へ)”はひねくれた彼もこの境地にやっと達したのか、という。久々に名前を見た銀色夏生の詩も1曲あった(”この風”)けれど、それ以外の彼の詩を聴き進めていくと忍び寄る老いの中で恋したい気持ちが伝わってきて。さらにメロディはあくまで拓郎節が押し寄せてきてグッと来る。私の2倍の年月を生きている人だけれど。ちなみに今年の都内ライブハウスツアー、叔父に頼まれてチケット取りに協力したけれど、取れずっていう。団塊前後の拓郎ファンのマスってのは半端ないな、と思う。ただ、山下達郎も観に行ったという噂の今回のツアー、観に行った感想を聞くと、うーん、だった模様。とどのつまりは客の求める往年の拓郎ナンバーを聴かせず、新作をダラダラ聴かせちゃったという。この自己満足なワガママっぷりが拓郎らしいんだけれど、そろそろお客さんを喜ばせてあげても良いんじゃないかな、という。ツッパる歳でもないでしょうし。

さて、どう考えても拓郎フォロワーなYO-KING桜井秀俊によるデュオ、真心ブラザーズ『Keep on travelingは13枚目のアルバム。13枚、もっと出しているのかと思っていた。冒頭にCHOKKAKU編曲の”胸を張れ”なんて売れるプロダクションの楽曲を配置しているけれど、たいして練られていない曲タイトルで(失礼!)19曲っていう曲数からも判るとおり二人の出来た曲を詰め込んでみました感が良い。たぶん歌詞も思ったことを書いて手直ししてないでしょ、って感じ(本当かどうかは知りませんよ…)の生成り感が実に好印象。先ほどの拓郎盤同様、ベテランにしかできない技でありましょう。キラーはNHKのひそかな人気番組0655で使われている朝の定番”朝が来た!”でしょう。ボブ・マーリーのそこまで有名でもない”Soul Captive”のカバーなんだけど、スカパラのリズム隊をバックにしてまじで良い。フォーク・デュオからスタートしたけれど、ロック、ソウルからスカっぽいリズムものまで、音楽的土壌は広くて。テンションコードっぽい桜井楽曲を、どう考えてもC G Fみたいなフォーキーなコードに載りやすいYO-KINGが無骨に歌った時にマジックが起こるのかな。何気ない詩ばかりだけど、”生きる”は筋金入りの音楽ラヴァーの歌だと思う。ミュージシャンのこういう歌を聴くとそれだけで涙が出てしまう。なんだか拓郎節な”話””のりこえるの歌”も良かったなあ。