いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

f:id:markrock:20201004210812j:image'>
[NEW!!]評論家・映画監督の切通理作さんが店主を務める阿佐ヶ谷・ネオ書房の読書会を開催します。
哲学を学び直したい人のために ネオ書房【倫理教師・石浦昌之ライブ読書会】 12月20日(日) 18時半開場 19時開演 高校倫理1年間の授業をまとめた新刊『哲学するタネ 西洋思想編①』(明月堂書店)から、西洋哲学の祖、ソクラテスを取り上げます。 内容 ◆ フィロソフィア(愛知)とは? ◆「無知の知―汝自身を知れ」 ◆問答法はディアロゴス(対話)の実践 ◆「徳」とは何か? ◆プシュケー(魂)への配慮 ◆善く生きることとは? 入場料1200円 予約1000円  予約kirira@nifty.com
f:id:markrock:20201220114218j:image
[NEW!!]『哲学するタネ】――高校倫理が教える70章』【西洋思想編1】【西洋思想編2】が2020年10月20日に2冊同時刊行!!。
『哲学するタネ】――高校倫理が教える70章』【西洋思想編1】【西洋思想編2】2020年10月20日発売
●石浦昌之著
●定価:西洋思想編1 本体2000円+税(A5判 330頁)(明月堂書店)
注文はココをクリック
●西洋思想編2 本体1800円+税(A5判 300頁)(明月堂書店)
注文はココをクリック
f:id:markrock:20201004205325j:image
[NEW!!]2020年7月31日発売『URCレコード読本』(シンコー・ミュージック・ムック)に寄稿しました(後世に残したいURCの50曲 なぎらけんいち「葛飾にバッタを見た」・加川良「教訓1」・赤い鳥「竹田の子守歌」、コラム「高田渡~永遠の「仕事さがし」」)。
詳細はココをクリック
購入はココをクリック
f:id:markrock:20200802143148j:image
ohno tomokiとダニエル・クオンによるデュオ「x-bijin」初のアルバム『x-bijin』(2020年6月26日発売)、リリースインフォにコメントを書かせてもらいました。
詳細はココをクリック
11月15日発売のレコードコレクターズ12月号に加奈崎芳太郎『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(明月堂書店)の書評が載りました。
f:id:markrock:20200521021219j:image
編集・ライターを担当した加奈崎芳太郎著『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(エルシーブイFM「加奈崎芳太郎のDIG IT!!」書籍化)が2019年8月に発売されました。
●加奈崎芳太郎著・桑畑恒一郎写真
●定価:本体3000円+税
●A5判(上製)416頁(明月堂書店)
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
f:id:markrock:20200521020444j:image

【メディア掲載】
『毎日新聞』2019年10月3日掲載 「元「古井戸」加奈崎芳太郎さんが本出版 音楽活動50周年の集大成」
詳細はココをクリック
『長野日報』2019年9月25日掲載 「音楽文化で伝える戦後 パーソナリティのFM番組まとめ 加奈崎さん書籍刊行」
極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。
『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年10月10日発売
●石浦昌之著
●定価:本体2500円+税
●A5判(並製)384頁(明月堂書店)
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
f:id:markrock:20201004211116j:image

【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック
【ブックガイド掲載】
斎藤哲也『もっと試験に出る哲学――「入試問題」で東洋思想に入門する』(2020年、NHK出版新書)

友川かずき 

markrock2009-12-28

/ 無残の美(PSF / 1985 )


さて、友川ライブに行って参りました。高円寺ShowBoat。トニカク感銘を受ける。59歳とは思えぬ迫力に付いていくだけで精一杯だった。短い曲を沢山思いつくままに歌うというスタイル。まずはトークに惹き付けられた。「これは盗作です。わからないようにして作るには腕が要ります」「私の歌をテープに吹き込んで送って来た人は3人精神病院に行っています」と何食わぬ顔をして言う。曲の紙をペラペラ捲りながら「駄作ばかり」と吐き捨てたり。クリスマスだのイルミネーションだのが大嫌いという話には、この人のエネルギーの根本が怒りなのだと感じる。どうも病気で一度倒れたようなのだが、歌がリハビリになっているそうだ。確かに静と動、言うは簡単だが、動の方、こんな絶叫歌を歌えば体力は付いてくるのかもしれない。


黒い鞄をぶら下げてステージに入って来たのだが、一番だけ作ったばかりのホームレスの歌を歌うと言い出してごそごそ鞄をまさぐり、ひっくり返し、詩を書きつけた紙ぺらを出してくる辺りでもう、参ってしまった。マアとにかく感銘を受けたのだ。


前半は、風邪をひいているようで、明日競輪の予想の仕事があるから、とかなんとかで素面のライブだった。ベルギーでライブをした時に強い風邪薬とアルコールの化学反応でぶっ倒れたらしく。それなのに「どうも自分の唄が聴こえ過ぎて困る」とかなんとかで後半ではシッカリとジョッキが準備され、調子が出てきて「もう一杯」…いやはや。兎にも角にも中原中也の”サーカス”、凄まじい歌のようで居て実は競輪に負けただけの”空のさかな”、稲垣足穂の一節に曲をつけた”夢の総量”、新作の中でも際立っていた”三種川”が聴けたのが嬉しかった。


「いい歌だと思うのは20代に作った歌です」と話して披露された”一切合財世も末だ”も良かったけれど、ラストの生で聴く”無残の美”は余りの壮絶さに言葉を失った。踏み切りに投身自殺した弟を唄った鎮魂歌。「その死は実に無残ではあったが 私はそれをきれいだと思った」そんな一節を叫んだ彼と終演後お話しさせて頂いたのだけれど、なんとも飾らないお人柄に惹かれた。「是非帰り夕刊フジ(友川の競輪予想が載っている)を買って下さい。是非又来て下さい。」という言葉が忘れられなくて。彼は自分を繕おうともせず、人間らしい小賢しさだって隠そうとしない人なのだなと直感的に感じたのだけれど、そんな彼の感性が切り取る世界観というものは、”無残の美”ではないけれど、いかなる絶望や諦観であっても、この世のものと思えない程、美しく思えて仕方ない。客層が若くて驚いたが、それこそ、生きる事や自分と戦う事を止めた耳には届かない音楽を作っている、そうことだと思った。


来春には欧州ツアーが予定されているらしい。

http://kazukitomokawa.com/

・『イナカ者のカラ元気』(2009)レビュー
http://d.hatena.ne.jp/markrock/20091224