いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

f:id:markrock:20190212212337j:image
[NEW!!]2020年7月31日発売『URCレコード読本』(シンコー・ミュージック・ムック)に寄稿しました(後世に残したいURCの50曲 なぎらけんいち「葛飾にバッタを見た」・加川良「教訓1」・赤い鳥「竹田の子守歌」、コラム「高田渡~永遠の「仕事さがし」」)。
詳細はココをクリック
購入はココをクリック
f:id:markrock:20200802143148j:image
[NEW!!] ohno tomokiとダニエル・クオンによるデュオ「x-bijin」初のアルバム『x-bijin』(2020年6月26日発売)、リリースインフォにコメントを書かせてもらいました。
詳細はココをクリック
11月15日発売のレコードコレクターズ12月号に加奈崎芳太郎『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(明月堂書店)の書評が載りました。
f:id:markrock:20200521021219j:image
編集・ライターを担当した加奈崎芳太郎著『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(エルシーブイFM「加奈崎芳太郎のDIG IT!!」書籍化)が2019年8月に発売されました。
●加奈崎芳太郎著・桑畑恒一郎写真
●定価:本体3000円+税
●A5判(上製)416頁
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
f:id:markrock:20200521020444j:image

【メディア掲載】
『毎日新聞』2019年10月3日掲載 「元「古井戸」加奈崎芳太郎さんが本出版 音楽活動50周年の集大成」
詳細はココをクリック
『長野日報』2019年9月25日掲載 「音楽文化で伝える戦後 パーソナリティのFM番組まとめ 加奈崎さん書籍刊行」
極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。
『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年9月発売!!
●石浦昌之著
●定価:本体2500円+税
●A5判(並製)384頁
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック
【ブックガイド掲載】
斎藤哲也『もっと試験に出る哲学――「入試問題」で東洋思想に入門する』(2020年、NHK出版新書)

 Kimiko Kasai+Mal Waldron

markrock2012-02-06

/ One For Lady ( Victor / 1971 )



女性ジャズ・シンガー笠井紀美子の初期作品。さいきんLPで300円位で発見したけれど、むちゃくちゃ良かった1枚。以前1970年のライブ盤(http://d.hatena.ne.jp/markrock/20101207)やかまやつひろしプロデュースの『アンブレラ』http://d.hatena.ne.jp/markrock/20100210)をこのブログで紹介している。


共演のマル・ウォルドロンは伝説のジャズ・シンガービリー・ホリデイの専属ピアニストで、ビリー死後のソロ作『レフト・アローン』(1960)は日本でも大変人気のあるレコードとなっている。


ビリー・ホリデイが嫌いなジャズ・ボーカル・ファンなんているのだろうか。誰もが通る道なんだろうけれど、すごく良く歌えていると思う。かみしめるようなビリーの歌い回しを思わせつつも、どうしようもなく笠井紀美子の唄だ。”Yesterdays”(椎名林檎ファンにオススメ!)、”Lover Man”、”Willow Weep For Me”といった有名どころに加えて、マル・ウォルドロンが笠井のために書いたというバラード”Some Other Day”が素晴らしすぎるので必聴。


ジャケット・デザインも外・内ともに好感が持てる物で、コレはLPじゃなければオハナシにならない。トリオ編成のメンバーはマル・ウォルドロン(ピアノ)、鈴木良雄 (ウッドベース)、 村上寛 (ドラムス) 。熱い演奏に珈琲が進む進む。彼女ももう66才。音楽は引退状態なのだろうか。