いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

f:id:markrock:20200521020444j:image
f:id:markrock:20190212212337j:image
[NEW!!] ohno tomokiとダニエル・クオンによるデュオ「x-bijin」初のアルバム『x-bijin』(2020年6月26日発売)、リリースインフォにコメントを書かせてもらいました。
詳細はココをクリック
11月15日発売のレコードコレクターズ12月号に加奈崎芳太郎『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(明月堂書店)の書評が載りました。
f:id:markrock:20200521021219j:image
編集・ライターを担当した加奈崎芳太郎著『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(エルシーブイFM「加奈崎芳太郎のDIG IT!!」書籍化)が2019年8月に発売されました。
●加奈崎芳太郎著・桑畑恒一郎写真
●定価:本体3000円+税
●A5判(上製)416頁

詳細はココをクリック
注文はココをクリック
【メディア掲載】
『毎日新聞』2019年10月3日掲載 「元「古井戸」加奈崎芳太郎さんが本出版 音楽活動50周年の集大成」
詳細はココをクリック
『長野日報』2019年9月25日掲載 「音楽文化で伝える戦後 パーソナリティのFM番組まとめ 加奈崎さん書籍刊行」
極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。
『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年9月発売!!
●石浦昌之著
●定価:本体2500円+税
●A5判(並製)384頁

詳細はココをクリック
注文はココをクリック
【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック
【ブックガイド掲載】
斎藤哲也『もっと試験に出る哲学――「入試問題」で東洋思想に入門する』(2020年、NHK出版新書)

 友川カズキ 

markrock2009-12-24

/ イナカ者のカラ元気 ( MODERN MUSIC / 2009 )


最近惹かれて仕方ないのが友川かずき。以前から気になっていた人なのだけれど、高田渡が亡くなった今、この人こそ神様なのではないかとさえ思えている。26日に今年の行き納めのワンマンに行く予定でいて。なんでもヴィンセント・ムーン監督が友川を撮った映画『花々の過失』コペンハーゲン国際ドキュメンタリー映画祭で音楽ドキュメンタリー部門 SOUND AND VISION AWARD を受賞したというではないか。


今年出た新作は『花々の過失』に次ぐ弾き語り盤。知らぬ間にエレアコの音にはなっている。割と地味な作品かもしれないが、スタジオ盤としては途轍もない大傑作と確信した。


スタジオ盤としては、と言ったのは、ライブにより衝撃を受けたから。奇跡のパンク・フォーク”生きてるって言ってみろ”はもちろんとして、名競輪選手滝澤正光様を賛美した”夢のラップもういっちょ”の怪演といい、スタジオ盤より歌いこまれた鬼気迫るライブが光っている人。だから、スタジオ盤を聴くと、トーンダウンする場合が多かったから。たぶん、キッカリしたリズムより、詩情の高まりによるリズムの強弱がある弾き語りに、よりフィットした音楽性だからなのだろう。


でも本作は違う。涙したのが激烈なM-2”三種川”、秋田弁のM-3”イナカ者のカラ元気”、激しく美しいM-4”夢の総量”の連なり。胸が一杯になってしまった。なんなんだろう。人間の弱さや汚さや理性に押しつぶされた怨念を解放した音楽。過激だと敬遠する人もいるけれど、私にはとても自然で正直な音楽だと思えて、救われた気になる。私の奥さんが友川と同じ秋田出身ということもあるのか、秋田の風土を知れば知るほど魅力が増す。秋田の故郷の味は「ハタハタ」。M-9”ハタハタのうた”は室生犀星の詩だ。室生犀星は私の両親をはじめとしたルーツの地である石川県金沢市の出身。こんな唄でアルバムを閉じている所に、実に個人的な運命を感じてしまった自分が居る。