いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

[NEW!!]2022年2月24日発売、ビッグ・ボッパー『シャンティリー・レース』、フィル・フィリップス『シー・オブ・ラブ:ベスト・オブ・アーリー・イヤーズ』、チャド・アンド・ジェレミー『遠くの海岸 + キャベツと王様』の3枚のライナーノーツ寄稿しました。
購入はココをクリック
f:id:markrock:20230129183945j:image
[NEW!!]2022年12月23日発売、バディ・ホリー・アンド・ザ・クリケッツ 『ザ・バディ・ホリー・ストーリー』(オールデイズレコード)のライナーノーツ寄稿しました。
購入はココをクリック
f:id:markrock:20221230235618j:image

Peter, Paul & Mary

markrock2009-09-18

/ In These Times ( Rhino / 2003 )


またまたの訃報。ピーター・ポール&マリーの紅一点、マリー・トラヴァースが亡くなりました。なんだか衝撃が大きくて。PPM、周りがビーイング・小室系のメガヒットに現を抜かしていた中学生のアノ頃、聴きまくっていたなあと。“レモン・トゥリー”“パフ”“風に吹かれて”“花はどこへ行った”“虹と共に消えた恋”“天使のハンマー”…それがココまで入れ込む事になったフォーク・ソングへの入り口だったことは言うまでもないし。


今日はPPMのオリジナルアルバムとしては最後になった『In These Times』を聴いている。再結成してからも、ソロとしてもいい盤を沢山残しているPPMだけれど、この作はボックス・セットの発売に併せて原点に帰った佳作。ギター、バンジョーマンドリンと言ったフォーキー・アンサンブルに彩られた3人のハーモニー。マリーの声は大分低くなってピーター、ポールと区別が付かない程だけれど。ウッディ・ガスリーやピート・シーガーの曲、トラディショナルも交えて歌う。ビル・ステインズやランディ・シャープの曲もあって。


ご冥福をお祈りします。