いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

[NEW!!]2023年12月22日(金)に大岡山のライブハウス、GOODSTOCK TOKYO グッドストック トーキョーで行われる、夜のアナログレコード鑑賞会 野口淳コレクションに、元CBSソニーでポール・サイモンの『ひとりごと』を担当されたディレクター磯田秀人さんとともにゲスト出演します。
ココをクリック
「アナログ鑑賞会〜サイモンとガーファンクル特集〜」 日時:12月22日(金) 19時開演、21時終了予定 入場料:予約2,000円 当日2000円(ドリンク代別) ゲスト:石浦昌之 磯田秀人 場所:大岡山 グッドストック東京 (東急目黒線大岡山駅から徒歩6分) 内容:①トム&ジェリー時代のレコード    ②S&G前のポールとアートのソロ·レコード    ③サイモンとガーファンクル時代のレコード(USプロモ盤を中心に)    ④S&G解散後、70年代のソロ·レコード ※それ以外にもレアな音源を用意しております。
[NEW!!]2023年11月25日(土)に『ディスカヴァー・はっぴいえんど』の発売を記念して、芽瑠璃堂music connection at KAWAGOE vol.5 『日本語ロックが生まれた場所、シティポップ前夜の記憶』を語る。 と題したイベントをやります。
f:id:markrock:20231119123246j:image
2023年9月19日、9月26日にTHE ALFEE坂崎幸之助さんの『「坂崎さんの番組」という番組』「坂崎音楽堂」で、『ルーツ・オブ・サイモン&ガーファンクル』を2週にわたって特集して頂きました。
1週目 ココをクリック
2週目 ココをクリック
f:id:markrock:20230904182855j:image
坂崎さんから
「聞きなれたS&Gがカバーしていた曲の本家、オリジナルの音源特集でしたが、なかなか興味深い回でしたね。やはりビートルズ同様に彼らもカバー曲が多かったと思うと、人の曲を演奏したり歌ったりすることも大事なのだと再確認です。」
[NEW!!]2023年10月27日発売、『ディスカヴァー・はっぴいえんど: 日本語ロックが生まれた場所、シティポップ前夜の記憶』の監修・解説、ノエル・ハリスン『ノエル・ハリスン + コラージュ』の解説を寄稿しました。
購入はココをクリック
f:id:markrock:20230926181532j:image
購入はココをクリック
f:id:markrock:20231022131852j:image
2023年9月29日発売、『風に吹かれて:ルーツ・オブ・ジャパニーズ・フォーク』の監修・解説、ビッグ・ブラザー・アンド・ザ・ホールディング・カンパニー『ビッグ・ブラザー・アンド・ザ・ホールディング・カンパニー』の解説を寄稿しました。
購入はココをクリック
f:id:markrock:20231022130416j:image

f:id:markrock:20231022130609j:image
購入はココをクリック
f:id:markrock:20231022130403j:image
2023年7月28日発売、リッチー・ヘヴンス『ミックスド・バッグ』(オールデイズレコード)の解説を寄稿しました。
購入はココをクリック
f:id:markrock:20230918110205j:image
2023年8月26日(土)に『ルーツ・オブ・サイモン&ガーファンクル』の発売を記念して、西荻窪の素敵なお店「MJG」でイベントをやります。
f:id:markrock:20230813101635j:image
2023年6月30日発売、ルーツ・オブ・サイモン&ガーファンクルの監修・解説、ジャッキー・デシャノン『ブレイキン・イット・アップ・ザ・ビートルズ・ツアー!』(オールデイズレコード)の解説を寄稿しました。
購入はココをクリック
f:id:markrock:20230918104848j:image
購入はココをクリック
f:id:markrock:20230918105526j:image
2023年3月31日発売、スコッティ・ムーア『ザ・ギター・ザット・チェンジド・ザ・ワールド』、オールデイズ音庫『あの音にこの職人1:スコッティ・ムーア編』、ザ・キャッツ『キャッツ・アズ・キャッツ・キャン』の3枚の解説を寄稿しました。
購入はココをクリック
f:id:markrock:20230408155636j:image
f:id:markrock:20230403220702j:image
f:id:markrock:20230403220638j:image
2023年2月24日発売、ビッグ・ボッパー『シャンティリー・レース』、フィル・フィリップス『シー・オブ・ラブ:ベスト・オブ・アーリー・イヤーズ』、チャド・アンド・ジェレミー『遠くの海岸 + キャベツと王様』の3枚の解説を寄稿しました。
購入はココをクリック
f:id:markrock:20230129183945j:image
2022年12月23日発売、バディ・ホリー・アンド・ザ・クリケッツ 『ザ・バディ・ホリー・ストーリー』(オールデイズレコード)の解説を寄稿しました。
購入はココをクリック
f:id:markrock:20230403220543j:image

Moon Martin

markrock2009-09-15

/ Mystery Ticket ( Capitol ECS-81492 / 1982 )


レココレ誌の最新号を読んで気付きましたが、エリー・グリニッジが亡くなったんですね。享年68。衝撃。。ラリー・ネクテルの死も朝日新聞にひっそりと載っていてショックではあったけれど。こう言うニュースが多くなってくるなぁと改めて。


さて、今日はムーン・マーティンを聴いている。スペクター・フォロワーとして彼の”Aces With You”は忘れられない名曲。日本で言う所の大滝詠一佐野元春杉真理に当たるのが、海外で言えばニック・ロウ、ムーン・マーティン、マーシャル・クレンショウというのが個人的な感覚。80年代にスペクター・サウンドにアプローチした人達。まあ後期ビートルズもスペクター・サウンドの息がかかっているということにすれば。


このレコはかつて100円箱で発見したもの。B-3”Aces With You”だけでも損はしない。どこを切り取っても悪くない、3分間の完璧なポップス。永遠の名曲ナリ。この曲だけは西海岸のポップ職人アンドリュー・ゴールドのプロデュース。グレアム・グールドマンとWAX(レコでしか持っていなかったけれど、最近CDでベストが出ていたことを知り入手した)を結成していたことでも知られる。


さて、全体的に見ると、オールディーズ・オマージュ的な楽曲と、デジタルなポップロックが混じっているのがちょっと収まりが悪くもあり。でもそうしたA-1”X-Ray Vision”なんかを聴いて引かないで欲しい。デイブ・エドモンズを思わせるビートリーなロックンロールA-3”She’s In Love With My Car”(ジュード・コールとの共作)、3連のロッカバラードM-4”Paid The Price”を聴けば悶絶するはずだから。あるいは軽快なロックンロールB-2”Don’t You Double ( Cross Me Baby)”もなかなかだし。コレは本作大半のプロデューサー、ロバート・パーマーとビル・ハウスが手がけたもの。


CD音源で聴きたければ、この盤も2in1で出ているけれど、キャピトルから1999年に出た『The Very Best Of Moon Martin』が特にオススメ!


ところでこのムーン・マーティン。1969年・1971年に2枚のアルバムをリリースしたSouthwindなるグループに在籍し、後にイーグルスを結成する面々と共にリンダ・ロンシュタットの3rdアルバムにギター、コーラスで参加したジョン・マーティンその人。しかしその後は失速。ミンク・デヴィルの”Cadillac Walk”をはじめに、リサ・バーンズにも曲提供し、やっとソロ・キャリアの足がかりが出来たという苦労人。西海岸の繋がりってことで言えば、元ママス&ザ・パパスのミッシェル・フィリップス1977年のソロアルバムのタイトル曲”Victim Of Romance”を書き、バッキングで参加したのもムーンだった。