いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

f:id:markrock:20201004210812j:image'>
[NEW!!]評論家・映画監督の切通理作さんが店主を務める阿佐ヶ谷・ネオ書房の読書会を開催します。
哲学を学び直したい人のために ネオ書房【倫理教師・石浦昌之ライブ読書会】 12月20日(日) 18時半開場 19時開演 高校倫理1年間の授業をまとめた新刊『哲学するタネ 西洋思想編①』(明月堂書店)から、西洋哲学の祖、ソクラテスを取り上げます。 内容 ◆ フィロソフィア(愛知)とは? ◆「無知の知―汝自身を知れ」 ◆問答法はディアロゴス(対話)の実践 ◆「徳」とは何か? ◆プシュケー(魂)への配慮 ◆善く生きることとは? 入場料1200円 予約1000円  予約kirira@nifty.com
[NEW!!]『哲学するタネ】――高校倫理が教える70章』【西洋思想編1】【西洋思想編2】が2020年10月20日に2冊同時刊行!!。
『哲学するタネ】――高校倫理が教える70章』【西洋思想編1】【西洋思想編2】2020年10月20日発売
●石浦昌之著
●定価:西洋思想編1 本体2000円+税(A5判 330頁)(明月堂書店)
注文はココをクリック
●西洋思想編2 本体1800円+税(A5判 300頁)(明月堂書店)
注文はココをクリック
f:id:markrock:20201004205325j:image
[NEW!!]2020年7月31日発売『URCレコード読本』(シンコー・ミュージック・ムック)に寄稿しました(後世に残したいURCの50曲 なぎらけんいち「葛飾にバッタを見た」・加川良「教訓1」・赤い鳥「竹田の子守歌」、コラム「高田渡~永遠の「仕事さがし」」)。
詳細はココをクリック
購入はココをクリック
f:id:markrock:20200802143148j:image
ohno tomokiとダニエル・クオンによるデュオ「x-bijin」初のアルバム『x-bijin』(2020年6月26日発売)、リリースインフォにコメントを書かせてもらいました。
詳細はココをクリック
11月15日発売のレコードコレクターズ12月号に加奈崎芳太郎『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(明月堂書店)の書評が載りました。
f:id:markrock:20200521021219j:image
編集・ライターを担当した加奈崎芳太郎著『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(エルシーブイFM「加奈崎芳太郎のDIG IT!!」書籍化)が2019年8月に発売されました。
●加奈崎芳太郎著・桑畑恒一郎写真
●定価:本体3000円+税
●A5判(上製)416頁(明月堂書店)
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
f:id:markrock:20200521020444j:image

【メディア掲載】
『毎日新聞』2019年10月3日掲載 「元「古井戸」加奈崎芳太郎さんが本出版 音楽活動50周年の集大成」
詳細はココをクリック
『長野日報』2019年9月25日掲載 「音楽文化で伝える戦後 パーソナリティのFM番組まとめ 加奈崎さん書籍刊行」
極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。
『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年10月10日発売
●石浦昌之著
●定価:本体2500円+税
●A5判(並製)384頁(明月堂書店)
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
f:id:markrock:20201004211116j:image

【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック
【ブックガイド掲載】
斎藤哲也『もっと試験に出る哲学――「入試問題」で東洋思想に入門する』(2020年、NHK出版新書)

Moon Martin

markrock2009-09-15

/ Mystery Ticket ( Capitol ECS-81492 / 1982 )


レココレ誌の最新号を読んで気付きましたが、エリー・グリニッジが亡くなったんですね。享年68。衝撃。。ラリー・ネクテルの死も朝日新聞にひっそりと載っていてショックではあったけれど。こう言うニュースが多くなってくるなぁと改めて。


さて、今日はムーン・マーティンを聴いている。スペクター・フォロワーとして彼の”Aces With You”は忘れられない名曲。日本で言う所の大滝詠一佐野元春杉真理に当たるのが、海外で言えばニック・ロウ、ムーン・マーティン、マーシャル・クレンショウというのが個人的な感覚。80年代にスペクター・サウンドにアプローチした人達。まあ後期ビートルズもスペクター・サウンドの息がかかっているということにすれば。


このレコはかつて100円箱で発見したもの。B-3”Aces With You”だけでも損はしない。どこを切り取っても悪くない、3分間の完璧なポップス。永遠の名曲ナリ。この曲だけは西海岸のポップ職人アンドリュー・ゴールドのプロデュース。グレアム・グールドマンとWAX(レコでしか持っていなかったけれど、最近CDでベストが出ていたことを知り入手した)を結成していたことでも知られる。


さて、全体的に見ると、オールディーズ・オマージュ的な楽曲と、デジタルなポップロックが混じっているのがちょっと収まりが悪くもあり。でもそうしたA-1”X-Ray Vision”なんかを聴いて引かないで欲しい。デイブ・エドモンズを思わせるビートリーなロックンロールA-3”She’s In Love With My Car”(ジュード・コールとの共作)、3連のロッカバラードM-4”Paid The Price”を聴けば悶絶するはずだから。あるいは軽快なロックンロールB-2”Don’t You Double ( Cross Me Baby)”もなかなかだし。コレは本作大半のプロデューサー、ロバート・パーマーとビル・ハウスが手がけたもの。


CD音源で聴きたければ、この盤も2in1で出ているけれど、キャピトルから1999年に出た『The Very Best Of Moon Martin』が特にオススメ!


ところでこのムーン・マーティン。1969年・1971年に2枚のアルバムをリリースしたSouthwindなるグループに在籍し、後にイーグルスを結成する面々と共にリンダ・ロンシュタットの3rdアルバムにギター、コーラスで参加したジョン・マーティンその人。しかしその後は失速。ミンク・デヴィルの”Cadillac Walk”をはじめに、リサ・バーンズにも曲提供し、やっとソロ・キャリアの足がかりが出来たという苦労人。西海岸の繋がりってことで言えば、元ママス&ザ・パパスのミッシェル・フィリップス1977年のソロアルバムのタイトル曲”Victim Of Romance”を書き、バッキングで参加したのもムーンだった。