いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

f:id:markrock:20200521020444j:image
f:id:markrock:20190212212337j:image
[NEW!!] ohno tomokiとダニエル・クオンによるデュオ「x-bijin」初のアルバム『x-bijin』(2020年6月26日発売)、リリースインフォにコメントを書かせてもらいました。
詳細はココをクリック
11月15日発売のレコードコレクターズ12月号に加奈崎芳太郎『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(明月堂書店)の書評が載りました。
f:id:markrock:20200521021219j:image
編集・ライターを担当した加奈崎芳太郎著『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(エルシーブイFM「加奈崎芳太郎のDIG IT!!」書籍化)が2019年8月に発売されました。
●加奈崎芳太郎著・桑畑恒一郎写真
●定価:本体3000円+税
●A5判(上製)416頁
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
【メディア掲載】
『毎日新聞』2019年10月3日掲載 「元「古井戸」加奈崎芳太郎さんが本出版 音楽活動50周年の集大成」
詳細はココをクリック
『長野日報』2019年9月25日掲載 「音楽文化で伝える戦後 パーソナリティのFM番組まとめ 加奈崎さん書籍刊行」
極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。
『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年9月発売!!
●石浦昌之著
●定価:本体2500円+税
●A5判(並製)384頁
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック
【ブックガイド掲載】
斎藤哲也『もっと試験に出る哲学――「入試問題」で東洋思想に入門する』(2020年、NHK出版新書)

Various Artists

markrock2009-07-02

/ YOU HEARD THEM HERE FIRST Rock’s Icons Before They Were Famous ( Ace CDCHD 1219 / 2009 )


昨年紹介したAceの好コンピ『You Heard It Here First!』(http://d.hatena.ne.jp/markrock/20081220)の続編。前作は50〜60年代の有名曲のスタンダードを集めたもの。で、今回はタイトルの通りロック界の大物たちの知られざる”売れなかった”デビュー時の音源を集めたもの。そこで凄いのは、“ロック・アイコン”の看板に偽りナシの大物の音源であるということと、怪しいブートとは一線を画した音質。しかも、玄人ファンをも唸らせるであろう、レアっぷり。アメリカのみならず、イギリスものも含めたとこも吉。いやはや、参りました。


さて、早速中身を。まず、1964年”David Jones with The King Bees”名義のデヴィッド・ボウイM-1”Liza Jane”。ストーンズみたいな感じで。バンド名はスリム・ハーポから取ったのかな。さらに、ルー・リードがLewis Reed名義で録音した1962年の未発表曲M-2”Your Love”。オールディーズ然とした音だが、しっかり歌えている。そして、かなり気に入ったのが、ジョー・コッカーがデッカから1964年に出したビートルズ・カバーM-3”I’ll Cry Instead”!コレは無茶苦茶カッコイイ。ロカビリー・ライクなジョー・コッカーは聴いたことがなかった!ウッドベースがツボ。


さらに、先日出たニールのボックスよりある意味ビックリしたのが、噂には聴いていたけど実際耳にしたことはなかった、The Mynah BirdsのM-4”It’s My Time”。マイナー・バーズ?と思う向きもあるでしょうが、ニール・ヤングとブルース・パーマーがファンク界のバッド・ボーイだった故リック・ジェイムス(プリンスのライバルですわな)とバッファロー以前に組んでいたバンド。リックとともに、R.ディーン・テイラーもソングライティングに加わっていることから判るがモータウンと契約していた時期の音。ポップなフォーク・ロックといった音でかなり良い曲。ゲイリー・ルイスみたいなドリーミーさもある。コーラスは確かにニールの声。


他にも、シェール(Cherilyn)、ダン・ペン(Danny Lee)、ザ・バンド(Levon & The Hawks)、マイク・ネスメス(Michael Blessing)、ピーター・フランプトン'(The Herd)、ヴァニラ・ファッジ(The Pigeons)、J.J.ケイル、ビル・メドレー(The Paramours)、マーティン・バリン、アーサー・リー(Arthur Lee & The L.A.G.'s)、ウォーレン・ジヴォン(Lyme & Cybelle)、ハリー・ニルスン(Bo-Pete)、リー・ヘイゼルウッド(Mark Robinson)、P.F.スローン(Flip Sloan)、ライ・クーダータジ・マハール(The Rising Sons)、そして最後のロッド・スチュワートが参加したロング・ジョン・ボルドリー&ザ・フーチー・クーチー・マンの音だとか…マアとにかく、往年のロック〜オールディーズファンにはヨダレものでしょう。


なんだか3150円もする日本盤も出ているようだけど、ワタシはアマゾン・マーケット・プレイスに出ている海外輸入盤店より購入。送料込みでも1800円ほど。