いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

f:id:markrock:20201004210812j:image'>
[NEW!!]評論家・映画監督の切通理作さんが店主を務める阿佐ヶ谷・ネオ書房の読書会を開催します。
哲学を学び直したい人のために ネオ書房【倫理教師・石浦昌之ライブ読書会】 12月20日(日) 18時半開場 19時開演 高校倫理1年間の授業をまとめた新刊『哲学するタネ 西洋思想編①』(明月堂書店)から、西洋哲学の祖、ソクラテスを取り上げます。 内容 ◆ フィロソフィア(愛知)とは? ◆「無知の知―汝自身を知れ」 ◆問答法はディアロゴス(対話)の実践 ◆「徳」とは何か? ◆プシュケー(魂)への配慮 ◆善く生きることとは? 入場料1200円 予約1000円  予約kirira@nifty.com
[NEW!!]『哲学するタネ】――高校倫理が教える70章』【西洋思想編1】【西洋思想編2】が2020年10月20日に2冊同時刊行!!。
『哲学するタネ】――高校倫理が教える70章』【西洋思想編1】【西洋思想編2】2020年10月20日発売
●石浦昌之著
●定価:西洋思想編1 本体2000円+税(A5判 330頁)(明月堂書店)
注文はココをクリック
●西洋思想編2 本体1800円+税(A5判 300頁)(明月堂書店)
注文はココをクリック
f:id:markrock:20201004205325j:image
[NEW!!]2020年7月31日発売『URCレコード読本』(シンコー・ミュージック・ムック)に寄稿しました(後世に残したいURCの50曲 なぎらけんいち「葛飾にバッタを見た」・加川良「教訓1」・赤い鳥「竹田の子守歌」、コラム「高田渡~永遠の「仕事さがし」」)。
詳細はココをクリック
購入はココをクリック
f:id:markrock:20200802143148j:image
ohno tomokiとダニエル・クオンによるデュオ「x-bijin」初のアルバム『x-bijin』(2020年6月26日発売)、リリースインフォにコメントを書かせてもらいました。
詳細はココをクリック
11月15日発売のレコードコレクターズ12月号に加奈崎芳太郎『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(明月堂書店)の書評が載りました。
f:id:markrock:20200521021219j:image
編集・ライターを担当した加奈崎芳太郎著『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(エルシーブイFM「加奈崎芳太郎のDIG IT!!」書籍化)が2019年8月に発売されました。
●加奈崎芳太郎著・桑畑恒一郎写真
●定価:本体3000円+税
●A5判(上製)416頁(明月堂書店)
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
f:id:markrock:20200521020444j:image

【メディア掲載】
『毎日新聞』2019年10月3日掲載 「元「古井戸」加奈崎芳太郎さんが本出版 音楽活動50周年の集大成」
詳細はココをクリック
『長野日報』2019年9月25日掲載 「音楽文化で伝える戦後 パーソナリティのFM番組まとめ 加奈崎さん書籍刊行」
極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。
『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年10月10日発売
●石浦昌之著
●定価:本体2500円+税
●A5判(並製)384頁(明月堂書店)
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
f:id:markrock:20201004211116j:image

【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック
【ブックガイド掲載】
斎藤哲也『もっと試験に出る哲学――「入試問題」で東洋思想に入門する』(2020年、NHK出版新書)

アラン・メリル 

markrock2009-01-17

/ Merrill 1 ( Mushroom / 1971 )


J.D.サウザーの来日。今の今まで気が付かなかったけれど、早速予約。新作に合わせた来日だが、イーグルス関連の曲も演ってほしいもの。YouTubeでは、”Doolin’ Dolton”の貴重なJD版(http://jp.youtube.com/watch?v=oPiJdlwqWqw)なんかが聴けます。さらに今日は、ガロのマークこと堀内護のライブに行ってみようかと。昨年から俄かに活動再開したわけだけど、ボーカルこと大野真澄と比して音楽活動から離れていた期間が長かっただけあって、出来はどうなのか。


そのガロで思い出したように、マッシュルーム関係のCDを聴いておりまして。今日採りあげるのはコレ。アラン・メリルのセカンド。アランは”学生街の喫茶店”などガロの作品でベースを弾いている。


アラン・メリルと言うと、ウォッカ・コリンズなどなど日本での活動を経て、アロウズを結成、その中の”I Love Rock And Roll”が後にジョーン・ジェット&ザ・ブラックハーツに取り上げられて全米No.1を記録したというキャリアを持っている。ヘレン・メリルの息子、ローラ・ニーロのイトコにあたるという血筋の持ち主でもある。


ファースト『ひとりぼっちの東京』ウォッカ・コリンズ『東京/ニューヨーク』はCD再発されているけれど、こちらは日本ではまだ未CD化。紹介するのはアメリカで再発された盤で、CDBabyを通じて購入できる。ジャケからしてジャパニーズ・メイドなこの作は、村井邦彦監修、ミッキー・カーティスがプロデュースを手がけている。モウリスタジオで録られたマッシュルームの隠れ名盤と言っても過言ではない。全編洋詞。アラン(ギター、ベース、キーボード)、原田裕臣(ドラムス)、ミッキー吉野(キーボード)、大野克夫(キーボード)、小坂忠(パーカッション)などといったクレジットが確認できる。


はっきり言ってかなり完成度は高い。ビートルズおよびバッドフィンガー直系のポップ・ロック。印象的なギターリフが耳に残るパワーポップM-1”Everyday All Night Stand”なんかまさにそういう楽曲。名曲ナリ。シングルカットもされている。こんな盤が日本の音楽シーンに埋もれていたなんて、アメリカのファンが目をつけるのもわかる。悲しげなコーラスフレーズが印象的なM-2”Starstruck”はポール・マッカートニーおよびニルスン的センス。小品M-4”First Love”やM-5”Movies” 、そしてラストのM-11”Tranquility”も同様。M-3”Knot Tier”はハード・ロックな作。コーラスはCSNを思わせる3声。M-6”Crazy Lady”は一転してピアノの弾き語り。コレにはいとこのローラ・ニーロを思わせる部分があるのが面白い。M-7”Policy”は”Come Together”を思わせるハード・ロック。ソフトなバラードM-8”Please Let Me Love You”を経てM-9”Know Yourself”はフォーク。同じフォークでもギャラガー&ライルに聴けるイギリス的感覚があるのが興味深い。M-10”Ferris Wheel”は初期ビートルズを思わせるミディアム。


ボーナストラックも貴重。1968年にデッカ・スタジオで録ったM-12”Jacqueline”をはじめ、ウォッカ・コリンズ以前に日本で参加した「The Lead」でアランがリード・ボーカルをとったM-13”Daydream Believer”とM-13”Hey Jude”。さらにはAlan Merrill 2』のために録ったデモM-15”The Drifter”、M-16”Long Hard Road”。Alan Merrill 2』は結局実現しなかったのだが。


その他、アランの作品で言えば、カントリー・ソウル・アーティストの再生人Jon Tivenのバンドに参加したこともあるからか、2003年にはアーサー・アレクサンダーとオーティス・ブラックウェルのトリビュート作『Double Shot Rocks』をリリースしていて、これはなかなかに良い。さらに、CD-Rながら、キャリアを総括するベスト盤『Cupid Deranged』(2002)を出していて、コレもお勧め。CDBabyを通じて安価で入手できる(http://cdbaby.com/found?allsearch=alan+merrill&submit=search)。


http://www.alanmerrill.com/