いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

f:id:markrock:20201004210812j:image'>
[NEW!!]評論家・映画監督の切通理作さんが店主を務める阿佐ヶ谷・ネオ書房の読書会を開催します。
哲学を学び直したい人のために ネオ書房【倫理教師・石浦昌之ライブ読書会】 12月20日(日) 18時半開場 19時開演 高校倫理1年間の授業をまとめた新刊『哲学するタネ 西洋思想編①』(明月堂書店)から、西洋哲学の祖、ソクラテスを取り上げます。 内容 ◆ フィロソフィア(愛知)とは? ◆「無知の知―汝自身を知れ」 ◆問答法はディアロゴス(対話)の実践 ◆「徳」とは何か? ◆プシュケー(魂)への配慮 ◆善く生きることとは? 入場料1200円 予約1000円  予約kirira@nifty.com
[NEW!!]『哲学するタネ】――高校倫理が教える70章』【西洋思想編1】【西洋思想編2】が2020年10月20日に2冊同時刊行!!。
『哲学するタネ】――高校倫理が教える70章』【西洋思想編1】【西洋思想編2】2020年10月20日発売
●石浦昌之著
●定価:西洋思想編1 本体2000円+税(A5判 330頁)(明月堂書店)
注文はココをクリック
●西洋思想編2 本体1800円+税(A5判 300頁)(明月堂書店)
注文はココをクリック
f:id:markrock:20201004205325j:image
[NEW!!]2020年7月31日発売『URCレコード読本』(シンコー・ミュージック・ムック)に寄稿しました(後世に残したいURCの50曲 なぎらけんいち「葛飾にバッタを見た」・加川良「教訓1」・赤い鳥「竹田の子守歌」、コラム「高田渡~永遠の「仕事さがし」」)。
詳細はココをクリック
購入はココをクリック
f:id:markrock:20200802143148j:image
ohno tomokiとダニエル・クオンによるデュオ「x-bijin」初のアルバム『x-bijin』(2020年6月26日発売)、リリースインフォにコメントを書かせてもらいました。
詳細はココをクリック
11月15日発売のレコードコレクターズ12月号に加奈崎芳太郎『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(明月堂書店)の書評が載りました。
f:id:markrock:20200521021219j:image
編集・ライターを担当した加奈崎芳太郎著『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(エルシーブイFM「加奈崎芳太郎のDIG IT!!」書籍化)が2019年8月に発売されました。
●加奈崎芳太郎著・桑畑恒一郎写真
●定価:本体3000円+税
●A5判(上製)416頁(明月堂書店)
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
f:id:markrock:20200521020444j:image

【メディア掲載】
『毎日新聞』2019年10月3日掲載 「元「古井戸」加奈崎芳太郎さんが本出版 音楽活動50周年の集大成」
詳細はココをクリック
『長野日報』2019年9月25日掲載 「音楽文化で伝える戦後 パーソナリティのFM番組まとめ 加奈崎さん書籍刊行」
極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。
『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年10月10日発売
●石浦昌之著
●定価:本体2500円+税
●A5判(並製)384頁(明月堂書店)
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
f:id:markrock:20201004211116j:image

【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック
【ブックガイド掲載】
斎藤哲也『もっと試験に出る哲学――「入試問題」で東洋思想に入門する』(2020年、NHK出版新書)

Steve Cropper & Felix Cavaliere

markrock2008-08-03

/ Nudge It Up A Notch ( Stax /2008 )


先日より引越し。段ボール40箱余りに詰めるCDやレコを厳選する作業、辛かった。定期的には処分していたのだが、引越し日というお尻が決まっている以上、今回の作業は戦いでした。


そうそう、赤塚不二夫の死、わかってはいたもののショック。お冥福をお祈りします。


さて、新生スタックスからの新譜。この顔合わせを見て、即買い。片やスティーブ・クロッパー。ブッカーT&ザ・MGズのギタリストとして、オーティス・レディングからサム&デイブ、エディ・フロイド、ウィルスン・ピケットまで、スタックス・ソウルの黄金期を支えた彼。1941年生まれということは、御歳67。艶々した顔色からするとオドロキ。そして、クロッパーとがっぷり四つを組むのが、元ラスカルズのキーボード&ボーカルのフェリックス・キャバリエール。クロッパーの相手役としては申し分ナシのブルーアイド・ソウル・シンガー。キャバリエールは1994年にドン・ウォズのプロデュースで久々の復活盤『Dreams in Motion』をリリースしたこともあったが、スムースなAORとして評価できたものの、往年のファンには物足りなさもあったはず。その後、マンハッタン・トランスファーの1995年盤で名曲”Groovin’”を再演していたり、リンゴのオールスター・バンドで来日したりとちょこちょこ顔は見ていたけれど、彼の渋い喉を堪能できる新作の方はとんとご無沙汰だった。


本作のコ・プロデュース+コ・ライターを務めるジョン・タイヴンはまた重要なお人。クロッパーと同じくナッシュビルに居を構え、白と黒の境界で作る音には定評がある。彼が絡んだ作品でキャバリエールがゲスト参加していたこともあった。” Where Were You When I Needed You”でデュエットを聞かせた、2年前のP.F.スローンの新作『Sailover』だとか、あのヴェロニカと”I Love You So”をデュエットした、アーサー・アレキサンダーのトリビュート盤『Adios Amigo』だとか。アーサー・アレキサンダーと言えば、アーサーのトリビュート作品もリリースしているアラン・メリルの近作にもタイヴンは関わっていた。


さて、本作の肝心の中身はと言うと、もうとにかくゴキゲンな仕上がり!冒頭M-1”One Of Those Days”から、フェリックスのシャウトが炸裂する、最高のR&Bアルバムに仕上がっている。ギターはスティーヴ、フェリックスはオルガン、ドラムスはジェネシスやフランクザッパでの活動が知られるチェスター・トンプソン、ベースはシェイク・アンダーソンという布陣。インストも織り交ぜた全12曲。ジャケほど懐古趣味的な仕上がりでもなく、新旧の音を織り交ぜた仕上がり。ドラムスには、イマ風のR&Bっぽいテイストもある。M-9”Make the Time Go Faster”ではラップにトライしたりと、安易に言えばスタックス・ソウルの21世紀的展開も楽しめたり。


M-2”If It Wasn’t for Loving You”の歌い回しには”Groovin’”を思い出す。白眉は切ないミディアムM-3”Without Her”か。スティーブのパキパキ・ギターとフェリックスのシャウトがぶつかり合うM-7”Still Be Loving You”もコーラスが気持ち良くキマって悪くない出来。インストM-4”Full Moon Tonight”やM-9”Make The Time Go Faster”では、サム&デイブ”Soul Man”なんかでも聴けたスティーヴの手癖が蘇る。


ところで、タイトルの『Nudge It Up A Notch 』。翻訳ソフトに入れてみたところ、“V字形の切込みにそれをそっと突いてください”だって。