いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

f:id:markrock:20201004210812j:image'>
[NEW!!]週刊ダイヤモンド2020年12月5日号の佐藤優さん(作家・元外務省主任分析官)のブックレビュー 知を磨く読書第372回 に『哲学するタネ 高校倫理が教える70章【西洋思想編①】』が取り上げられました。
f:id:markrock:20210318094554j:image

[NEW!!]「読者たちの夜会」(2021/1/14 LOFT9渋谷) 2020ベストビブリオバトル にて、哲学芸人マザーテラサワさんが『哲学するタネ―高校倫理が教える70章【西洋思想編1・2】』を取り上げてくれました。
f:id:markrock:20210318093652j:image

[NEW!!]評論家・映画監督の切通理作さんが店主を務める阿佐ヶ谷・ネオ書房の読書会を開催します。
哲学を学び直したい人のために ネオ書房【倫理教師・石浦昌之ライブ読書会】 12月20日(日) 18時半開場 19時開演 高校倫理1年間の授業をまとめた新刊『哲学するタネ 西洋思想編①』(明月堂書店)から、西洋哲学の祖、ソクラテスを取り上げます。 内容 ◆ フィロソフィア(愛知)とは? ◆「無知の知―汝自身を知れ」 ◆問答法はディアロゴス(対話)の実践 ◆「徳」とは何か? ◆プシュケー(魂)への配慮 ◆善く生きることとは? 入場料1200円 予約1000円  予約kirira@nifty.com
f:id:markrock:20201220114218j:image

[NEW!!]『哲学するタネ】――高校倫理が教える70章』【西洋思想編1】【西洋思想編2】が2020年10月20日に2冊同時刊行!!。
『哲学するタネ】――高校倫理が教える70章』【西洋思想編1】【西洋思想編2】2020年10月20日発売
●石浦昌之著
●定価:西洋思想編1 本体2000円+税(A5判 330頁)(明月堂書店)
注文はココをクリック
●西洋思想編2 本体1800円+税(A5判 300頁)(明月堂書店)
注文はココをクリック
f:id:markrock:20201004205325j:image

honto西洋哲学 1位・2位に2冊同時にランクインしました(2020/10/25付)

【書評掲載】
週刊ダイヤモンド2020年12月5日号 佐藤優さん(作家・元外務省主任分析官)のブックレビュー「知を磨く読書 第372回」

2020年7月31日発売『URCレコード読本』(シンコー・ミュージック・ムック)に寄稿しました(後世に残したいURCの50曲 なぎらけんいち「葛飾にバッタを見た」・加川良「教訓1」・赤い鳥「竹田の子守歌」、コラム「高田渡~永遠の「仕事さがし」」)。
詳細はココをクリック
購入はココをクリック
f:id:markrock:20200802143148j:image

ohno tomokiとダニエル・クオンによるデュオ「x-bijin」初のアルバム『x-bijin』(2020年6月26日発売)、リリースインフォにコメントを書かせてもらいました。
f:id:markrock:20210318102719j:image
「halfway to a hosono house?」 ohno tomokiとダニエル・クオンによるデュオ 「x-bijin」、ほぼ宅録による初のアルバムは、甘美なペダルスティールにのせてダニ エルが滑らかなボーカルで歌いこなす桃源郷ポップス。遠藤賢司に捧げた「グレープ フルーツ」からして初期松本隆を思わせる日本語の美しさが際立つのはなぜだろう? はっぴいえんどとポール(・マッカートニー)が産み落としたタネは、ジム(・オルーク )と出会ったペンシルヴァニアで果実となり、多摩産シティ・ポップのフレッシュジュ ースに姿を変えて、甘酸っぱい喉ごしと共に僕たちの前にある。(いしうらまさゆき)
詳細はココをクリック

11月15日発売のレコードコレクターズ12月号に加奈崎芳太郎『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(明月堂書店)の書評が載りました。
f:id:markrock:20200521021219j:image

編集・ライターを担当した加奈崎芳太郎著『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(エルシーブイFM「加奈崎芳太郎のDIG IT!!」書籍化)が2019年8月に発売されました。
●加奈崎芳太郎著・桑畑恒一郎写真
●定価:本体3000円+税
●A5判(上製)416頁(明月堂書店)
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
f:id:markrock:20200521020444j:image

【メディア掲載】
『毎日新聞』2019年10月3日掲載 「元「古井戸」加奈崎芳太郎さんが本出版 音楽活動50周年の集大成」
詳細はココをクリック
『長野日報』2019年9月25日掲載 「音楽文化で伝える戦後 パーソナリティのFM番組まとめ 加奈崎さん書籍刊行」

極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。
『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年10月10日発売
●石浦昌之著
●定価:本体2500円+税
●A5判(並製)384頁(明月堂書店)
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
f:id:markrock:20201004211116j:image

【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック
【ブックガイドに掲載されました】
斎藤哲也『もっと試験に出る哲学――「入試問題」で東洋思想に入門する』(2020年、NHK出版新書)

Barry Manilow

markrock2009-01-14

/ The Greatest Songs of the Eighties ( Arista / 2008 )


50年代、60年代、70年代、と続いて今度は80年代名曲集。歌うはバリー・マニロウ。この人、曲と容姿の良さは一定のクオリティを超えているけれど、歌は凡庸だと常々思う。同じポピュラー歌手でも、ポール・アンカトム・ジョーンズ、ジョニー・マシスの歌唱の方が個性的で好感を抱く。シナトラなんかには足元にも及ばない。


とは言え、存命のラスベガス系歌手の中では、人気の面でも実力の面でも、最高峰。意外なのは年齢。若作りしてますが、1943年生まれですから、今年で66歳を迎えるという。俄かに信じ難いけれど。そういう意味では今回の順応っぷりは偉大かも。


さて、本作だが、今回もクライヴ・デイヴィスの後見で、コレデモカ、という作り。リリカルに迫るというより、ゴージャス過ぎて、大有名曲を揃えているにも関わらず、オリジナル以上に大衆性を持ってしまう辺りはこの人の持ち味。選曲はなかなかで、特に良かったのはピアノを基調としたバラード。ヴァン・モリスン(ロッド・スチュワート)のM-4”Have I Told You Lately”を頂点に、ジャーニーのM-2”Open Arms”やリチャード・マークスのM-8”Right Here Waiting”が素晴らしかった。こうした時空を越えたプロダクションにはうっとりさせられる。ボッサアレンジのM-5”I Just Called To Say I Love You”(スティーヴィー・ワンダー)も趣味がいい。一方、下世話すぎるのは、リック・アストリーのM-3”Never Gonna Give You Up”とか、M-7”Careless Whisper”(ワム)やリーバ・マッキンタイアとデュエットしたM-1”Island in the Stream”(ケニー・ロジャースドリー・パートン、曲はビージーズ)。リック・アストリー!全くもって懐かしい。この人は凄まじいブルーアイド・ソウル歌手だったが、ストック・エイトキン・ウォーターマンのプロダクションの下ではその実力も霞んでしまった。ストック・エイトキン・ウォーターマン!ってのも、こんな固有名詞が頭の奥底から出てきたことに驚いてしまった。カイリー・ミノーグだとかバナナラマ、シニータとか色々いました。小室並に一世を風靡した感がある。日本でも広瀬香美ロマンスの神様”なんてモロに彼らの音作りだった。


そうそう、その他でハマっていたのは、M-9”Arthur’s Theme (Best That You Can Do)”。クリストファー・クロスの”ニューヨークシティ・セレナーデ(邦題)”ですな。このロマンティックな音楽はバリーのゴージャスさでもってでもして立ち向かわないと、本当の意味では負けてしまう。だからクリストファー・クロスはフラミンゴだったのだ。AORは都市生活者が想像力を働かせることで楽しむ音楽。M-10”Hard To Say I’m Sorry”は、現シカゴのジェイソン・シェフがコーラス参加。ジェリー・シェフの息子であるジェイソン、シカゴを脱退したピーター・セテラの傀儡としても有名。


ポール・アンカ『Classic Songs My Way』(2007)で強引なジャズ・アレンジにしていたM-11”Time After Time”は個人的に好きな曲なので期待するが、これは平凡。フィル・コリンズのM-6”Against All Odds(Take A Look At Me Now)”の方が気張っていて良かった。気張っているといえば、マライア・キャリー『Rainbow』(1999)でカバーした同曲は名唱だった。ラストは映画『Dirty Dancing』に使われたビル・メドレー&ジェニファー・ウォーンズのM-12”(I’ve Had)The Time Of My Life”。しっとりと幕を閉じる。


ちなみにクレジットに目を移すと、久々にロン・ダンテやマイケル・ロイドの名を見て懐かしくもなる。