いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

[NEW!!]週刊ダイヤモンド2020年12月5日号の佐藤優さん(作家・元外務省主任分析官)のブックレビュー 知を磨く読書第372回 に『哲学するタネ 高校倫理が教える70章【西洋思想編①】』が取り上げられました。
f:id:markrock:20210318094556j:image

[NEW!!]「読者たちの夜会」(2021/1/14 LOFT9渋谷) 2020ベストビブリオバトル にて、哲学芸人マザーテラサワさんが『哲学するタネ―高校倫理が教える70章【西洋思想編1・2】』を取り上げてくれました。
f:id:markrock:20210318093652j:image

[NEW!!]評論家・映画監督の切通理作さんが店主を務める阿佐ヶ谷・ネオ書房の読書会を開催します。
哲学を学び直したい人のために ネオ書房【倫理教師・石浦昌之ライブ読書会】 12月20日(日) 18時半開場 19時開演 高校倫理1年間の授業をまとめた新刊『哲学するタネ 西洋思想編①』(明月堂書店)から、西洋哲学の祖、ソクラテスを取り上げます。 内容 ◆ フィロソフィア(愛知)とは? ◆「無知の知―汝自身を知れ」 ◆問答法はディアロゴス(対話)の実践 ◆「徳」とは何か? ◆プシュケー(魂)への配慮 ◆善く生きることとは? 入場料1200円 予約1000円  予約kirira@nifty.com
f:id:markrock:20210704101636j:image

[NEW!!]『哲学するタネ】――高校倫理が教える70章』【西洋思想編1】【西洋思想編2】が2020年10月20日に2冊同時刊行!!。
『哲学するタネ】――高校倫理が教える70章』【西洋思想編1】【西洋思想編2】2020年10月20日発売
●石浦昌之著
●定価:西洋思想編1 本体2000円+税(A5判 330頁)(明月堂書店)
注文はココをクリック
●西洋思想編2 本体1800円+税(A5判 300頁)(明月堂書店)
注文はココをクリック
f:id:markrock:20201004205325j:image

honto西洋哲学 1位・2位に2冊同時にランクインしました(2020/10/25付)

【書評掲載】
週刊ダイヤモンド2020年12月5日号 佐藤優さん(作家・元外務省主任分析官)のブックレビュー「知を磨く読書 第372回」

2020年7月31日発売『URCレコード読本』(シンコー・ミュージック・ムック)に寄稿しました(後世に残したいURCの50曲 なぎらけんいち「葛飾にバッタを見た」・加川良「教訓1」・赤い鳥「竹田の子守歌」、コラム「高田渡~永遠の「仕事さがし」」)。
詳細はココをクリック
購入はココをクリック
f:id:markrock:20210704102831j:image

ohno tomokiとダニエル・クオンによるデュオ「x-bijin」初のアルバム『x-bijin』(2020年6月26日発売)、リリースインフォにコメントを書かせてもらいました。
f:id:markrock:20210704102254j:image
「halfway to a hosono house?」 ohno tomokiとダニエル・クオンによるデュオ 「x-bijin」、ほぼ宅録による初のアルバムは、甘美なペダルスティールにのせてダニ エルが滑らかなボーカルで歌いこなす桃源郷ポップス。遠藤賢司に捧げた「グレープ フルーツ」からして初期松本隆を思わせる日本語の美しさが際立つのはなぜだろう? はっぴいえんどとポール(・マッカートニー)が産み落としたタネは、ジム(・オルーク )と出会ったペンシルヴァニアで果実となり、多摩産シティ・ポップのフレッシュジュ ースに姿を変えて、甘酸っぱい喉ごしと共に僕たちの前にある。(いしうらまさゆき)
詳細はココをクリック

11月15日発売のレコードコレクターズ12月号に加奈崎芳太郎『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(明月堂書店)の書評が載りました。
f:id:markrock:20210704102608j:image

編集・ライターを担当した加奈崎芳太郎著『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(エルシーブイFM「加奈崎芳太郎のDIG IT!!」書籍化)が2019年8月に発売されました。
●加奈崎芳太郎著・桑畑恒一郎写真
●定価:本体3000円+税
●A5判(上製)416頁(明月堂書店)
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
f:id:markrock:20200521020444j:image

【メディア掲載】
『毎日新聞』2019年10月3日掲載 「元「古井戸」加奈崎芳太郎さんが本出版 音楽活動50周年の集大成」
詳細はココをクリック
『長野日報』2019年9月25日掲載 「音楽文化で伝える戦後 パーソナリティのFM番組まとめ 加奈崎さん書籍刊行」

極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。
『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年10月10日発売
●石浦昌之著
●定価:本体2500円+税
●A5判(並製)384頁(明月堂書店)
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
f:id:markrock:20201004211116j:image

【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック
【ブックガイドに掲載されました】
斎藤哲也『もっと試験に出る哲学――「入試問題」で東洋思想に入門する』(2020年、NHK出版新書)

 松田亜世 

markrock2007-03-17

/ がんばるまっし ( ONE AND ONLY OOCD-8001 / 2007 )



60年代から70年代にかけて日本の風土に定着したフォークソング。その未来を誰に託すべきか。団塊世代の定年退職が「2007年問題」として社会問題化する一方、彼らに焦点を合わせたフォーク関連商品が大きなマーケットとして花盛りな昨今。だがどうしても目立ってしまうのは拓郎、陽水、かぐや姫であると言う現状。国内において時代の数歩先を歩んでいたはっぴいえんどの周辺や高田渡に代表されるルーツミュージックのフィールドでは、世代間の継承が90年代以降積極的になされてきた。しかしそれに対して、個性を売り物にし、日本の情緒的な文脈の中で独自のフォークソングを作り上げてきた巨人達はその音楽を自己完結させてしまったきらいがある。もしかするとそれを支えてきたファンにもその一因があるのかもしれない。「俺だけの拓郎でいてくれ」とでも言うような。


前置きが長くなったが、そうしたフォークファンにこそ松田亜世の音楽を聴いて欲しい。日本のフォークソングが育んできた言葉の美しさ、琴線に触れるメロディを、切ないハイトーンで歌い継いできた27歳のシンガーソングライターがいると言うことを、是非、知って欲しいのだ。とは言え、旧いスタイルに収まろうとはしない音楽的挑戦は、旧来のフォーク世代のみならず、同世代のリスナーにも新鮮な驚きを持って迎えられるはずである。フォーク・ミュージックが内包する「時代を超えた普遍性」に自覚的な彼こそが、この音楽の未来を託すに相応しい人物と思える。


それにしても10年以上のキャリアを持ちながら、今回のミニアルバム『がんばるまっし』が初の全国発売になるというのは全く驚きだ。その間、元チビッコ玉三郎で有名な俳優・嘉島典俊に代表曲“アメ玉”を提供したことなどはあったにせよ、永年のファンにとっても、彼の音楽性を知らしめる機会としても、待望も待望。今年2月、故郷金沢にある老舗ライブハウス「もっきりや」での2日間公演が大盛況に終わり、勢い乗りに乗ってのリリースとなったのは喜ばしい。


本作、タイトルからもわかる通り故郷・金沢を全面的に押し出している。金沢弁解説まで掲載されている歌詞カードは見ものナリ。金沢の旧き良き文化・歴史を今に伝えてくれる。独り待つ女心を金沢弁で切々と唄いあげるM-1”がんばるまっし”から、彼らしいメロディと詩世界に思わず感情移入する。金沢弁で歌われた曲ってもしや史上初なのでは?ここではなぎら健壱のバンドメンバー松本典明のブルージーなアコギソロも聴きモノ。ジャケの茶屋街と共に聴きたいM-2”廓唄”は息を飲む出来!ディランで言うところのスカーレット・リヴェラかと思わせられるエキゾチックなヴァイオリンとマンドリンの掛け合いが何とも良い。イマジネーションを掻き立てられる詩と演奏のマッチングは彼の独壇場。祭りの掛け声が勇ましいM-3”古の海より”は彼のハードサイドか。ちなみにこの曲をはじめ全編でドラムを叩いている木内健は99年にソニーからデビューしたSSW。マルチプレイヤーとして斉藤和義阿部義晴等のツアーに参加しているが、松田亜世のライブでも御馴染みの欠かせぬメンバー。コーラスも流石、上手い。M-4”瞳を閉じて…”はライブとは一転、カントリーワルツなアレンジ。稲垣潤一のサポートで知られるサントリィ坂本の流麗なピアノとペダルスティールの絡みが実にいい感じ。ニール・ヤングジャクソン・ブラウンをいちルーツに挙げる彼の音楽性の一側面が垣間見れる。割と古くから歌い続けている印象のあるM-5”一期一会”。 「一期一会の出会いと別れ、刹那刹那の感情の起伏はあるだろう。しかし、どこかの瞬間で”生まれてよかった”と思える、そんな命でありたい」とは彼の言葉。この曲でチラッと聴けるブルースハープ、ライブでは一転大活躍しており、是非生であの情熱的な音色を体験してみて欲しい。ボーナス的に収められたラストは涙の名曲!M-6”新宿三丁目”。松田亜世のホームグラウンドでもあったが惜しくも昨年幕を閉じたライブハウス、吉祥寺Be・Point。そこで出会ったという今をときめく漫才師「ロケット団」のために書き上げたこの曲、芸の道を不器用にも真っ直ぐに生きる二人の姿と重なって実に感動的だ。花形演芸大賞銀賞を受賞した彼らの成長と共にこの曲もどんな成長をみせてくれるのか、期待したい。


うーむ、それにしても濃い内容!ミニアルバムと言うかフルアルバムの貫禄ナリ。プロデュースは杉真理やチューリップのミックスを手がけているベテラン安部徹。まだまだ数多の名曲があるわけだし、この勢いでスタジオ録音盤をじゃんじゃん出して欲しいと切に願う。2枚目のジャケは顔出しかな?


http://homepage1.nifty.com/asei/

視聴はこちらで。「松田亜世」で検索すれば飛べます。↓
http://www.daiki-sound.jp/index.asp