いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

f:id:markrock:20201004210812j:image'>
[NEW!!]評論家・映画監督の切通理作さんが店主を務める阿佐ヶ谷・ネオ書房の読書会を開催します。
哲学を学び直したい人のために ネオ書房【倫理教師・石浦昌之ライブ読書会】 12月20日(日) 18時半開場 19時開演 高校倫理1年間の授業をまとめた新刊『哲学するタネ 西洋思想編①』(明月堂書店)から、西洋哲学の祖、ソクラテスを取り上げます。 内容 ◆ フィロソフィア(愛知)とは? ◆「無知の知―汝自身を知れ」 ◆問答法はディアロゴス(対話)の実践 ◆「徳」とは何か? ◆プシュケー(魂)への配慮 ◆善く生きることとは? 入場料1200円 予約1000円  予約kirira@nifty.com
[NEW!!]『哲学するタネ】――高校倫理が教える70章』【西洋思想編1】【西洋思想編2】が2020年10月20日に2冊同時刊行!!。
『哲学するタネ】――高校倫理が教える70章』【西洋思想編1】【西洋思想編2】2020年10月20日発売
●石浦昌之著
●定価:西洋思想編1 本体2000円+税(A5判 330頁)(明月堂書店)
注文はココをクリック
●西洋思想編2 本体1800円+税(A5判 300頁)(明月堂書店)
注文はココをクリック
f:id:markrock:20201004205325j:image
[NEW!!]2020年7月31日発売『URCレコード読本』(シンコー・ミュージック・ムック)に寄稿しました(後世に残したいURCの50曲 なぎらけんいち「葛飾にバッタを見た」・加川良「教訓1」・赤い鳥「竹田の子守歌」、コラム「高田渡~永遠の「仕事さがし」」)。
詳細はココをクリック
購入はココをクリック
f:id:markrock:20200802143148j:image
ohno tomokiとダニエル・クオンによるデュオ「x-bijin」初のアルバム『x-bijin』(2020年6月26日発売)、リリースインフォにコメントを書かせてもらいました。
詳細はココをクリック
11月15日発売のレコードコレクターズ12月号に加奈崎芳太郎『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(明月堂書店)の書評が載りました。
f:id:markrock:20200521021219j:image
編集・ライターを担当した加奈崎芳太郎著『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(エルシーブイFM「加奈崎芳太郎のDIG IT!!」書籍化)が2019年8月に発売されました。
●加奈崎芳太郎著・桑畑恒一郎写真
●定価:本体3000円+税
●A5判(上製)416頁(明月堂書店)
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
f:id:markrock:20200521020444j:image

【メディア掲載】
『毎日新聞』2019年10月3日掲載 「元「古井戸」加奈崎芳太郎さんが本出版 音楽活動50周年の集大成」
詳細はココをクリック
『長野日報』2019年9月25日掲載 「音楽文化で伝える戦後 パーソナリティのFM番組まとめ 加奈崎さん書籍刊行」
極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。
『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年10月10日発売
●石浦昌之著
●定価:本体2500円+税
●A5判(並製)384頁(明月堂書店)
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
f:id:markrock:20201004211116j:image

【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック
【ブックガイド掲載】
斎藤哲也『もっと試験に出る哲学――「入試問題」で東洋思想に入門する』(2020年、NHK出版新書)

Tom Petty & The Heartbreakers

markrock2009-12-19

/ The Live Anthology ( Reprise / 2009 )


しばらく休止してましたがこの辺りで再び。昨日は古くからの友人のフォーク歌手、松田亜世くんのライブに遊びに行って来た。ギター(稲葉智)、ベース(山西宏樹)、キーボード(サントリイ坂本)、カホン(安部徹)でのバンド編成でたっぷりと、成熟した日本のフォークな世界を歌い綴ってくれて。途中、渡辺かおる、甲斐バンドの松藤英男といったゲストも参加して、唄い納めに相応しい楽しいライブに。凄く良い唄うたいですので、是非皆様にも足を運んでいただけたらと思います。それにしても松藤さん、無事に家に帰れたかな…


Asei Matsuda official Homepage 「夜明けの月」
http://homepage1.nifty.com/asei/
公式ブログ 松田亜世の『吉祥寺発金沢弁』
http://asei.cocolog-nifty.com/


「ハートブレイカーズは初めからライブバンドでやってきた。スタジオ・アルバムによってグループのストーリーが語られるけれど、我々はステージの上で生きてきたのであって、その場所こそが血が滴る場所なんだ。」


こんなことをトム・ペティ自身がライナーに書いていたけれど。確かに百戦錬磨のライブ・バンド。今まで『Pack Up The Plantation - Live !』しかライブ盤が出ていなかったと言うのも不思議なくらい。それにしても今回の4枚組48曲ってのは予想すらしていなかったボリューム。もうおなか一杯を飛び越えた分量になっている。輸入盤1枚みたいな値段で手に入れたから、DVDやボーナス・ライヴ・トラック、ブルーレイ・ディスク、LPが入ったデラックス・エディションまでは必要ないかな。


時期的に言うと、既発の1985年のライブ盤の前後。デビュー間もない1980年〜1983年くらい、それと1993年〜2007年辺りの録音が目につく。代表曲も大体入っていて。Disc3”American Girl”はそう言えばトム自身のアイドルだったはずのロジャー・マッギンがソロでカバーしたこともあった。リンダ・ロンシュタットがカバーしたDisc4-10”The Waiting”なんてのもカントリーな色合いがアメリカン・ロック好きには来るんじゃないかな。さらに、9.11テロ追悼番組でも演奏されたDisc4-6”I Won’t Back Down”はアクースティック・アレンジで収録。元々、トラベリング・ウィルベリーズの余波を利用してジェフ・リンと作ったトムのソロ『フル・ムーン・フィーヴァー』に収録されていた曲だが、ハートブレイカーズにとっても重要な作品となった。ヒットしたDisc4-9”Free Falln’”も同様。これまたソロで発表されたDisc2-4”Wildflowers”も嬉しく聴いた。スティーヴィー・ニックス(ちなみにピーター・グリーン・マックの”Oh Well”も入っている)がコーラスで参加したDisc2-8”Learning To Fly”も詩のメッセージも打ちのめされて、久々に涙。


さらに、カバーモノも実に興味深くて。インストではブッカー・T&ザ・MG’sの”Green Onions”とボンド映画の”Goldfinger”を演っている。いっぽう唄モノカバーも充実。Disc1ではボビー・ウォーマックの書いた名曲”I’m In Love”がまず目頭に来てしまった。ウィルスン・ピケットのヴァージョンがあったっけ。ソウルではJBの”Good, Good Lovin’”もある。むちゃスリリングなブルーズ”I’m A Man”とか、黒人の血もしっかり注入されているんだな、と。


後にウイングスに加入するジミー・マカロックも在籍していたサンダークラップ・ニューマンの一発ヒット”Something In The Air”(スピーディー・キーン作)にはイギリス好きもココまでか、と感心して。ブリティッシュ・ビートの甘酸っぱさを知っているからこそ、のペティのフォーク・ロック・サウンド、トラベリング・ウィルベリーズに加わったのも必然なのだなと。Disc2ではウィリー・ディクスンの”Diddy Wah Diddy”やゾンビーズの”I Want You Back Again”が。グレイトフル・デッドの”Friend Of The Devil”は往時のディランも演りそうなフォーキーなアレンジ。ゼム(ヴァン・モリスン)の”Mystic Eyes”にも驚き。Disc3にはあくまでブリティッシュ・ビート好きを印象付けるデイヴ・クラーク・ファイヴの”Anyway You Want It”があった。


改めて、最強のアメリカン・ロック・バンドを再認識したライブ・ボックス。一度でいいから生で観たいものだ。