いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

[NEW!!]週刊ダイヤモンド2020年12月5日号の佐藤優さん(作家・元外務省主任分析官)のブックレビュー 知を磨く読書第372回 に『哲学するタネ 高校倫理が教える70章【西洋思想編①】』が取り上げられました。
f:id:markrock:20210318094556j:image

[NEW!!]「読者たちの夜会」(2021/1/14 LOFT9渋谷) 2020ベストビブリオバトル にて、哲学芸人マザーテラサワさんが『哲学するタネ―高校倫理が教える70章【西洋思想編1・2】』を取り上げてくれました。
f:id:markrock:20210318093652j:image

[NEW!!]評論家・映画監督の切通理作さんが店主を務める阿佐ヶ谷・ネオ書房の読書会を開催します。
哲学を学び直したい人のために ネオ書房【倫理教師・石浦昌之ライブ読書会】 12月20日(日) 18時半開場 19時開演 高校倫理1年間の授業をまとめた新刊『哲学するタネ 西洋思想編①』(明月堂書店)から、西洋哲学の祖、ソクラテスを取り上げます。 内容 ◆ フィロソフィア(愛知)とは? ◆「無知の知―汝自身を知れ」 ◆問答法はディアロゴス(対話)の実践 ◆「徳」とは何か? ◆プシュケー(魂)への配慮 ◆善く生きることとは? 入場料1200円 予約1000円  予約kirira@nifty.com
f:id:markrock:20210704101636j:image

[NEW!!]『哲学するタネ】――高校倫理が教える70章』【西洋思想編1】【西洋思想編2】が2020年10月20日に2冊同時刊行!!。
『哲学するタネ】――高校倫理が教える70章』【西洋思想編1】【西洋思想編2】2020年10月20日発売
●石浦昌之著
●定価:西洋思想編1 本体2000円+税(A5判 330頁)(明月堂書店)
注文はココをクリック
●西洋思想編2 本体1800円+税(A5判 300頁)(明月堂書店)
注文はココをクリック
f:id:markrock:20201004205325j:image

honto西洋哲学 1位・2位に2冊同時にランクインしました(2020/10/25付)

【書評掲載】
週刊ダイヤモンド2020年12月5日号 佐藤優さん(作家・元外務省主任分析官)のブックレビュー「知を磨く読書 第372回」

2020年7月31日発売『URCレコード読本』(シンコー・ミュージック・ムック)に寄稿しました(後世に残したいURCの50曲 なぎらけんいち「葛飾にバッタを見た」・加川良「教訓1」・赤い鳥「竹田の子守歌」、コラム「高田渡~永遠の「仕事さがし」」)。
詳細はココをクリック
購入はココをクリック
f:id:markrock:20210704102831j:image

ohno tomokiとダニエル・クオンによるデュオ「x-bijin」初のアルバム『x-bijin』(2020年6月26日発売)、リリースインフォにコメントを書かせてもらいました。
f:id:markrock:20210704102254j:image
「halfway to a hosono house?」 ohno tomokiとダニエル・クオンによるデュオ 「x-bijin」、ほぼ宅録による初のアルバムは、甘美なペダルスティールにのせてダニ エルが滑らかなボーカルで歌いこなす桃源郷ポップス。遠藤賢司に捧げた「グレープ フルーツ」からして初期松本隆を思わせる日本語の美しさが際立つのはなぜだろう? はっぴいえんどとポール(・マッカートニー)が産み落としたタネは、ジム(・オルーク )と出会ったペンシルヴァニアで果実となり、多摩産シティ・ポップのフレッシュジュ ースに姿を変えて、甘酸っぱい喉ごしと共に僕たちの前にある。(いしうらまさゆき)
詳細はココをクリック

11月15日発売のレコードコレクターズ12月号に加奈崎芳太郎『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(明月堂書店)の書評が載りました。
f:id:markrock:20210704102608j:image

編集・ライターを担当した加奈崎芳太郎著『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(エルシーブイFM「加奈崎芳太郎のDIG IT!!」書籍化)が2019年8月に発売されました。
●加奈崎芳太郎著・桑畑恒一郎写真
●定価:本体3000円+税
●A5判(上製)416頁(明月堂書店)
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
f:id:markrock:20200521020444j:image

【メディア掲載】
『毎日新聞』2019年10月3日掲載 「元「古井戸」加奈崎芳太郎さんが本出版 音楽活動50周年の集大成」
詳細はココをクリック
『長野日報』2019年9月25日掲載 「音楽文化で伝える戦後 パーソナリティのFM番組まとめ 加奈崎さん書籍刊行」

極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。
『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年10月10日発売
●石浦昌之著
●定価:本体2500円+税
●A5判(並製)384頁(明月堂書店)
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
f:id:markrock:20201004211116j:image

【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック
【ブックガイドに掲載されました】
斎藤哲也『もっと試験に出る哲学――「入試問題」で東洋思想に入門する』(2020年、NHK出版新書)

中西保志 

markrock2007-02-24

/ スタンダーズ ( 徳間ジャパン / 2007 )


ウーム。なんだか忙しくて更新が滞ってしまいました。ついつい放って置くとこうなってしまう…。聴く物は色々と。こう言う時に限って海外からドサっとレコが届いたり。船便だとアメリカから長くて1ヶ月半掛かりますから、注文したことすら忘れていたりして。余りに梱包が大袈裟なので爆弾でも送られてきたのかと思いました。


まあそうしたものも少しづつ紹介したいと思ってはいますが、取り合えず目ぼしい新譜モノから一つ、中西保志のJ-POPカバー集。中西保志と言えばカラオケ定番バラード“最後の雨”で知られる実力派歌手だが、近年は全く音沙汰ナシ。当時から同名の中西圭三と区別が付かないなど、散々な言われようだったが、バラードに発揮される確かな歌唱力は心に残るものがあった。鈴木雅之に端を発し、ゴスペラーズSkoop On Somebodyに受け継がれたブラコン歌謡、中西もそうした路線に近かったのだが、前者ほどネチッこくない歌い回しが瑞々しかった。久々に力の入った本作はと言うと徳永でも大売れに売れた邦楽カバーモノ。ブルータスお前もか的感覚で手に取ったのだが、途轍もないアタリ盤。ここまでに唄の上手い歌手だったとは。今は韓流ドラマでしか聴けないようなバブリー・シンギングで大甘なバラードを朗々と、誠実に歌い上げる。あざといボビー・コールドウェル的ジャケも悪くない。ユーミンらと仕事をしている新川博杉真理盤の編曲をしていた京田誠一の二人がアレンジを手がけ、松原正樹、土方隆之、古川昌義らがプレイヤー参加。エイティーズ!


久保田のM-3”Missing”やMisiaのM-7”Everthing”はいかにもハマりそうだったが、サザンM-5“真夏の果実”、オフコースM-10“言葉にできない”と言った意外なラインもファルセットなしの真っ直ぐな地声で歌い上げ、申し分ない。さらに山達M-2“甘く危険な香り”、浜省M-6“もうひとつの土曜日”ではオリジナルの歌い回しを忍ばせてひっそりレスペクトを。日本を代表するアルトヴォイスの女性SSW曲 M-8“シングル・アゲイン”、M-9“春よ、来い”の完成度…カバーでは随一か。どうでもいいけどドリカムM-1“LOVE LOVE LOVE”ってアルバートハモンドの“落ち葉のコンチェルト(For The Peace of All Mankind)”とコード進行一緒です。カバー集に先鞭を付けた陽水A-4”いっそセレナーデ”には深い余韻が。中島美嘉のM-11“桜色舞うころ”は現代でも王道バラード曲に十分市場があることの好サンプル。ラスト一世一代の名曲M-12”最後の雨2007”はボーナス扱いだが、ヤハリ良い!都志見節をサラッと歌いこなしてしまう力量に唸る。この曲、いまだに「のど自慢」で歌ってる人がいる。

選曲ヨシ。歌唱ヨシ。『スタンダーズ』の名に恥じない堂々たる好盤ナリ!売れれば第二弾もあるかも。