いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

[NEW!!]週刊ダイヤモンド2020年12月5日号の佐藤優さん(作家・元外務省主任分析官)のブックレビュー 知を磨く読書第372回 に『哲学するタネ 高校倫理が教える70章【西洋思想編①】』が取り上げられました。
f:id:markrock:20210318094556j:image

[NEW!!]「読者たちの夜会」(2021/1/14 LOFT9渋谷) 2020ベストビブリオバトル にて、哲学芸人マザーテラサワさんが『哲学するタネ―高校倫理が教える70章【西洋思想編1・2】』を取り上げてくれました。
f:id:markrock:20210318093652j:image

[NEW!!]評論家・映画監督の切通理作さんが店主を務める阿佐ヶ谷・ネオ書房の読書会を開催します。
哲学を学び直したい人のために ネオ書房【倫理教師・石浦昌之ライブ読書会】 12月20日(日) 18時半開場 19時開演 高校倫理1年間の授業をまとめた新刊『哲学するタネ 西洋思想編①』(明月堂書店)から、西洋哲学の祖、ソクラテスを取り上げます。 内容 ◆ フィロソフィア(愛知)とは? ◆「無知の知―汝自身を知れ」 ◆問答法はディアロゴス(対話)の実践 ◆「徳」とは何か? ◆プシュケー(魂)への配慮 ◆善く生きることとは? 入場料1200円 予約1000円  予約kirira@nifty.com
f:id:markrock:20210704101636j:image

[NEW!!]『哲学するタネ】――高校倫理が教える70章』【西洋思想編1】【西洋思想編2】が2020年10月20日に2冊同時刊行!!。
『哲学するタネ】――高校倫理が教える70章』【西洋思想編1】【西洋思想編2】2020年10月20日発売
●石浦昌之著
●定価:西洋思想編1 本体2000円+税(A5判 330頁)(明月堂書店)
注文はココをクリック
●西洋思想編2 本体1800円+税(A5判 300頁)(明月堂書店)
注文はココをクリック
f:id:markrock:20201004205325j:image

honto西洋哲学 1位・2位に2冊同時にランクインしました(2020/10/25付)

【書評掲載】
週刊ダイヤモンド2020年12月5日号 佐藤優さん(作家・元外務省主任分析官)のブックレビュー「知を磨く読書 第372回」

2020年7月31日発売『URCレコード読本』(シンコー・ミュージック・ムック)に寄稿しました(後世に残したいURCの50曲 なぎらけんいち「葛飾にバッタを見た」・加川良「教訓1」・赤い鳥「竹田の子守歌」、コラム「高田渡~永遠の「仕事さがし」」)。
詳細はココをクリック
購入はココをクリック
f:id:markrock:20210704102831j:image

ohno tomokiとダニエル・クオンによるデュオ「x-bijin」初のアルバム『x-bijin』(2020年6月26日発売)、リリースインフォにコメントを書かせてもらいました。
f:id:markrock:20210704102254j:image
「halfway to a hosono house?」 ohno tomokiとダニエル・クオンによるデュオ 「x-bijin」、ほぼ宅録による初のアルバムは、甘美なペダルスティールにのせてダニ エルが滑らかなボーカルで歌いこなす桃源郷ポップス。遠藤賢司に捧げた「グレープ フルーツ」からして初期松本隆を思わせる日本語の美しさが際立つのはなぜだろう? はっぴいえんどとポール(・マッカートニー)が産み落としたタネは、ジム(・オルーク )と出会ったペンシルヴァニアで果実となり、多摩産シティ・ポップのフレッシュジュ ースに姿を変えて、甘酸っぱい喉ごしと共に僕たちの前にある。(いしうらまさゆき)
詳細はココをクリック

11月15日発売のレコードコレクターズ12月号に加奈崎芳太郎『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(明月堂書店)の書評が載りました。
f:id:markrock:20210704102608j:image

編集・ライターを担当した加奈崎芳太郎著『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(エルシーブイFM「加奈崎芳太郎のDIG IT!!」書籍化)が2019年8月に発売されました。
●加奈崎芳太郎著・桑畑恒一郎写真
●定価:本体3000円+税
●A5判(上製)416頁(明月堂書店)
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
f:id:markrock:20200521020444j:image

【メディア掲載】
『毎日新聞』2019年10月3日掲載 「元「古井戸」加奈崎芳太郎さんが本出版 音楽活動50周年の集大成」
詳細はココをクリック
『長野日報』2019年9月25日掲載 「音楽文化で伝える戦後 パーソナリティのFM番組まとめ 加奈崎さん書籍刊行」

極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。
『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年10月10日発売
●石浦昌之著
●定価:本体2500円+税
●A5判(並製)384頁(明月堂書店)
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
f:id:markrock:20201004211116j:image

【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック
【ブックガイドに掲載されました】
斎藤哲也『もっと試験に出る哲学――「入試問題」で東洋思想に入門する』(2020年、NHK出版新書)

Steve Tyrell

markrock2008-08-15

/ Back to Bacharach ( Victor /2008 )


バック・トゥ・バカラック。本人参加の素晴らしいバカラック作品集。最近しみじみ聴いている。歌うはスティーヴ・タイレル。セプター・レコードのA&Rとして、B.J.トーマスやディオンヌ・ワーウィックを手がけたことでお馴染み。バリー・マンの名盤『Lay It All Out』をリリースしたレーベル、New Designのオーナーとして、そしてエルヴィスの”Suspicious Minds”の作者として知られるマーク・ジェイムスの唯一作をプロデュースしたことでもSSWファンには知られている彼、ひょんなことから知名度を上げている。


きっかけは映画『Father of the Bride』用に歌ったスティーブのデモ歌唱”The Way You Look Tonight”。コレがいけるじゃないかとという話になり…なんだか出来すぎたオハナシですが。


てなわけで、50代になってから、敷居が低く馴染みやすいジャズ・ボーカル盤をリリース。今までに所謂“ホリデイ・アルバム”を含め計6作を残していた。ロッド・スチュワートの“グレイト・アメリカン・ソングブック”シリーズの元ネタにもなったその諸作は(尤もロッドのシリーズ3作目ではスティーヴがプロデュースに加わった)、欧米でもジャズボーカルモノにしては破格の売り上げを記録している。


それにしても7作目の本作は素晴らしい。元々バカラックに目が無いと言う贔屓目があるにせよ、良い。冒頭M-1”Walk on by”のマイナー・メロにタイレルのダミ声が絡む辺りから堪らない。バカラック本人がピアノで加わったM-3”This Guy’s In Love”とM-8”I Just Don’t Know What To Do With Myself”は2003年の『This Guy’s In Love』で既に採り上げていたもの。ただし、M-3”This Guy’s In Love”にはオリジナル・シンガーであるハーブ・アルパートのハミングとトランペットをオーバーダブして(録り直しではないと思う)、前作以上の仕上がりに。さらに良かったトラックは、スティーブに加え、ジェイムス・テイラーロッド・スチュワートディオンヌ・ワーウィック、マルティナ・マクブライドという豪華なシンガー陣が歌い継ぐM-5”What The World Needs Now”。バート自身もピアノで参加している。“この世界に必要なのは愛なんだ”と歌い切るメッセージが、争いの絶えぬこの世界に今も響く。B.J.の出世作M-14”Raindrops Keep Fallin’ On My Head”はB.J.とはまた違う、リリカルなアレンジで聴かせる。見事。


使うミュージシャンはボブ・マン、アラン・シュワルツバーグと言った、70年代のB.J.盤やマーク・ジェイムス盤でお馴染みの人々。ウィル・リーやリー・スクラーの名も。ちなみにこの盤、どうせ買うなら2曲のボートラ目当てで日本盤以外有り得ない。


ベテランの新作で最近気になっているものを。まずはブライアン・ウィルソン『That Lucky ld Sun』。これはDVD付をアマゾン買いするのが良さそう。さらに、お前もか的なカバー集だが、ジェイムス・テイラー『Covers』。弟リヴはレコーディングしていた“On Broadway”、ジェイムス版ではライブ音源でしか聴けなかったもの。さらに、ジム・ウェッブ/グレン・キャンベルの”Wichita Lineman”なんてのも聴く前からハマッている。期待。さらに、そのグレン・キャンベル『Meet Glen Campbell』なる新作を出す。トム・ペティU2フー・ファイターズ、ヴェルヴェッツ、ジョン・レノンなどのカバーを聴かせる、爺にしては意欲作。ジャクスン・ブラウンの”These Days”なんてのもいい選曲。そのジャクスン・ブラウンも久々の新作『Time The Conqueror』をリリース予定。ランディ・ニューマン『Harps And Angels』も気になる一枚か。今度は日本モノに目を移すと、再発では岡林の復刻。以前にCD化されなかった音源や盤を含むとのことで目が離せない。お金はいくらあっても足りません、ね。