いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

f:id:markrock:20200521020444j:image
f:id:markrock:20190212212337j:image
[NEW!!] ohno tomokiとダニエル・クオンによるデュオ「x-bijin」初のアルバム『x-bijin』(2020年6月26日発売)、リリースインフォにコメントを書かせてもらいました。
詳細はココをクリック
11月15日発売のレコードコレクターズ12月号に加奈崎芳太郎『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(明月堂書店)の書評が載りました。
f:id:markrock:20200521021219j:image
編集・ライターを担当した加奈崎芳太郎著『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(エルシーブイFM「加奈崎芳太郎のDIG IT!!」書籍化)が2019年8月に発売されました。
●加奈崎芳太郎著・桑畑恒一郎写真
●定価:本体3000円+税
●A5判(上製)416頁

詳細はココをクリック
注文はココをクリック
【メディア掲載】
『毎日新聞』2019年10月3日掲載 「元「古井戸」加奈崎芳太郎さんが本出版 音楽活動50周年の集大成」
詳細はココをクリック
『長野日報』2019年9月25日掲載 「音楽文化で伝える戦後 パーソナリティのFM番組まとめ 加奈崎さん書籍刊行」
極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。
『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年9月発売!!
●石浦昌之著
●定価:本体2500円+税
●A5判(並製)384頁

詳細はココをクリック
注文はココをクリック
【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック
【ブックガイド掲載】
斎藤哲也『もっと試験に出る哲学――「入試問題」で東洋思想に入門する』(2020年、NHK出版新書)

Ron Dante

markrock2006-07-17

/ Saturday Night Blast ( Artists Voice Records / 2004)


iPodが壊れた。ほんと鬱な気分ですね。5200曲詰め込んだ苦労は何だったのか…。これだから亜米利加のオモチャはイヤなんです。

バブルガムポップのセッションシンガー、ロン・ダンテの近作を買ってみた。ジェフ・バリーに気に入られ、アーチーズのリードボーカリストとして、”Sugar Sugar”なんかをヒットさせている。また、カフ・リンクス”Traces”の歌唱でも知られる。驚くべきことに、滑らかな美声は60年代からのキャリアを感じさせないほど健在で若々しい。’60-‘70’sポップスのマスターピースをハッピーなサウンドで歌い綴る。音は新しくなっている。テッド・パールマン氏が全てを担当した打ち込みの軽さも、最近は技術の向上もあるからかそれほど気にならない。ていうか、生粋のビーチボーイズファンには怒られるかもしれないが、マイク・ラブ『Looking Back For Love』とか、オールディーズを軽薄にアレンジした音が個人的にはツボだったりするので、かなり楽しめます。

曲目・参加陣はというと、M-1”Old Time Rock & Roll / Mony,Mony”に始まり、M-2”Rockin’ Robin / Little Bitty Pretty One”ではハーマンズ・ハーミッツのピーター・ヌーンがボーカル参加。さらにM-3”Rock Me Gently”ではアンディ・キム!がロンと共にコーラスを聴かせる。そして、’80sポップにアレンジされた、ラヴィン・スプーンフルM-5”Summer In The City”ではトニ・ワインがガールポップな歌声を聴かせる。ガール、という歳ではもはやないわけだが。さらに、タートルズのM-4”Happy Together”、ピーター・アレンのM-8”I Go To Rio”、ビージーズ曲を歌うM-6”Words / To Love Somebody / If I Can’t Have You”もいい。ディスコな”If I Can’t Have You”はフルヴァージョンでも収録(M-12)。Barry Gibb曲をサラッと歌うのって実は高度な歌唱力を要すると思う。M-7”Anyone Can See”ではカール・ウィルソンの歌唱を思わす涙涙のバラード。本当に歌が上手い!後半に行くと安っぽいクラブサウンドみたいなものも出てくるが、勢いで聴けます。’80なロック/AORバラードM-10”Even After”、M-11”Don’t Lose Heart”は秀逸。声で勝負してきた男ならでは。年齢なんて隠せるんですね。

と聴いているうちにゴキゲンになってきてiPodの悲劇を忘れていた。ウーン、やっぱり腹立たしい。でも、音楽を弄んじまった罰なのかも。音楽愛好家たるもの、一盤集中、正座聴きですよ!基本は!!


http://www.rondante.com/