いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

f:id:markrock:20200521020444j:image
f:id:markrock:20190212212337j:image
[NEW!!] ohno tomokiとダニエル・クオンによるデュオ「x-bijin」初のアルバム『x-bijin』(2020年6月26日発売)、リリースインフォにコメントを書かせてもらいました。
詳細はココをクリック
11月15日発売のレコードコレクターズ12月号に加奈崎芳太郎『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(明月堂書店)の書評が載りました。
f:id:markrock:20200521021219j:image
編集・ライターを担当した加奈崎芳太郎著『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(エルシーブイFM「加奈崎芳太郎のDIG IT!!」書籍化)が2019年8月に発売されました。
●加奈崎芳太郎著・桑畑恒一郎写真
●定価:本体3000円+税
●A5判(上製)416頁
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
【メディア掲載】
『毎日新聞』2019年10月3日掲載 「元「古井戸」加奈崎芳太郎さんが本出版 音楽活動50周年の集大成」
詳細はココをクリック
『長野日報』2019年9月25日掲載 「音楽文化で伝える戦後 パーソナリティのFM番組まとめ 加奈崎さん書籍刊行」
極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。
『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年9月発売!!
●石浦昌之著
●定価:本体2500円+税
●A5判(並製)384頁
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック
【ブックガイド掲載】
斎藤哲也『もっと試験に出る哲学――「入試問題」で東洋思想に入門する』(2020年、NHK出版新書)

 Bobby Gosh

markrock2005-06-05

(Polydor 24 4061 / 1971)


冒頭の名曲A-1”As Long As She Will Stay”を一聴して、同時期のBarry Mannを想起せざるを得ない、ビターヴォイスのピアノマン。SSW期の幕開けを象徴するJ.Taylor ”Fire And Rain”のカバーも実に渋い仕上がり(A-4)。ジュリアードでオーケストレイションを学んだというこのスキンヘッドの男、ポピュラー界に名を馳せる作詞家Sammy Cahnの紹介によりPaul Ankaのピアニスト兼共作者として雇われたのが成功の契機。シナトラに聴かせる前の”My Way”のデモに命を吹き込んだのも彼だ。A-2”Alice Blue”はベーシストDon Payneのファンキーな作品だが、ソウルフルな歌声にマッチしている。ソウルポップB-5”I’m Gonna Be Somebody”も歌えている。そうえいばこの人、”Taste of Honey”の作者としても知られるBobby Scottなんかともテイストが被っている。Teddy Randazzo作のピアノバラードA-3”Like A Muddy River”は感動的。もちろんBobby自身が手がけるオーケストレイションが、実に、効果的なのである。A-5”Don’t Know Where I’m Goin’”とB-3”Double Life”はPaul Ankaとの共作。恋人と別れて当ての無い気持ちを歌ったA-5はシンプルなバースの繰り返しながら、WebbやBacharachの風情あり。ジャングルブックで有名なKiplingの詩に曲をつけたB-1”A Song for Erik”はドラマティックな佳曲。B-3のほうは、マイナー調のイントロとメジャーのサビが大仰な印象を与える、Paul Ankaが歌えば、「らしい」曲。David Lucas作のB-2”Baby, You Just Barely Know My Name”はソウルっぽい出だしから徐々に盛り上げていくサビまで聴かせる。とにかくこの盤、バッキングは完璧だし、スタンダードの風格を持つ名バラードのオンパレード。あとはこのビターヴォイスの好き嫌いでこの人の評価は変わってくるのでは。Glen Campbellとのコンビネーションで一世を風靡したJimmy Webbの自演盤が比較的SSWよりだったのに対して、この人はJimmyよりソウルっぽいものが歌えるせいか、割とバッキングが豪華。ちなみにBobby、Polydorでもう1枚、さらに1982年には”Love Ballet” (Earth Audio Techniques 149)をひっそり出している。後者はクリアな音でメロウなバラードを聴かせる愛ある一品。AOR化後のDr.Hookに提供し、大ヒットを記録した”A Little Bit More”の自演や、さきに紹介した”A Song for Erik”の再演もある素晴らしい出来。また、90年代、00年代にも自らのレーベルBygosh Musicから諸作をリリースしており、集大成的な”Love Stories”(2001)は必聴か。ふくよかなエコーが耳なじみをより良くしている。