いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

f:id:markrock:20200521020444j:image
f:id:markrock:20190212212337j:image
[NEW!!]11月15日発売のレコードコレクターズ12月号に加奈崎芳太郎『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(明月堂書店)の書評が載りました。
f:id:markrock:20200521021219j:image
[NEW!!]編集・ライターを担当した加奈崎芳太郎著『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(エルシーブイFM「加奈崎芳太郎のDIG IT!!」書籍化)が2019年8月に発売されました。
●加奈崎芳太郎著・桑畑恒一郎写真
●定価:本体3000円+税
●A5判(上製)416頁

詳細はココをクリック
注文はココをクリック
【メディア掲載】
『毎日新聞』2019年10月3日掲載 「元「古井戸」加奈崎芳太郎さんが本出版 音楽活動50周年の集大成」
詳細はココをクリック
『長野日報』2019年9月25日掲載 「音楽文化で伝える戦後 パーソナリティのFM番組まとめ 加奈崎さん書籍刊行」
極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。
『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年9月発売!!
●石浦昌之著
●定価:本体2500円+税
●A5判(並製)384頁

詳細はココをクリック
注文はココをクリック
【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック
【ブックガイド掲載】
斎藤哲也『もっと試験に出る哲学――「入試問題」で東洋思想に入門する』(2020年、NHK出版新書)

markrock2005-06-07

/ Ⅱ (Shark Production /2005)


このブルーズマンは只者ではない。「ホンモノのブルーズマン」なんていう形容もこの人なら相応しいと思える、熟練の30年選手だ。井の頭公園に足を運べば、タンクトップ一丁で汗を飛ばし、ブルースハープとドブロを担いで、信じられない程のヴォリュームでブルーズを唸っている彼の姿にお目にかかれる。彼の強烈で桁違いな路上カントリーブルーズマンっぷりには、ここが日本だということをしばし忘れさせる迫力がある。焼けた肌、鋭い眼光、空気を大きく揺らす肉声、哀愁を帯びたハープの音色。その全てが渾然一体となって、人生を賭けたブルーズマンの気迫を観客に見せ付ける。

Broom Duster KANこと神林”カンちゃん”治満のレコーディングデビューは、70年代半ばの横浜が生んだブルーズバンド、「ぎんぎん」 に遡る。ビクターに残した伝説的名盤『側車』 (Victor SJX-20007 /1977)は、熱心なブルースファンには懐かしくも貴重な一枚かもしれない。いかつい皮ジャンに身を包みんだ暴走族の如きメンバーが、側車に裸の女を縛り付けているというジャケットが実に衝撃的だったが、中身は同世代の憂歌団などを彷彿とさせる、いかした日本語アクースティック・ブルーズだった。

一方、Broom Duster KANとしてカムバックした本作では、全編亜米利加のブルーズを、原詩のまま歌う。亜米利加のブルーズを血肉化した彼にとって、日本語詩よりもずっと、英語詩が自然なのだろうと思う。ちなみに先んじたソロデビュー作『Ⅰ』も同様英語詩。そこでは、”Got To Move”、 ”Dust My Broom”、”Shake Your Money Maker”などのElmoreナンバーから、ブルージーな解釈を加えた”500miles”や”Summertime”、そして路上で歌うとさらに味の出るJerry Jeffの”Mr.Bojangles”などホロっとさせるバラードも含め、ギター一本と達者なハープを操り、見事なテクニックを披露してくれていた。

『Ⅱ』も『Ⅰ』と同じく何の装飾も無い簡素な弾き語りのプロダクションだが、涙流してもけして後ろを振り返らない、とばかりの気迫のパフォーマンスは健在。内省的な憂いを前向きなエネルギーに変えるパワフルな歌心は、実に路上向きであるとも再認識。とはいえ胸を震わすハープの音色や、誠実で純粋な心の内を吐き出す彼の声色にふと涙しそうになることがあるのも事実なのだ。

M-1”Amamian Boogie”はハープとギターのインストだが、のっけから大迫力。達者なハープが実にいい音を鳴らしている。Elmore譲りのスライドギターが強烈なM-2 ”Baby Please Set A Date”はライブでは誰もが釘付けになる人気の一曲。拘りのElmoreからは他にもM-5”Look On Yonder Wall” やM-7”Sho’ Nuff I Do”を選曲。一方マディのM-4 ”Got My Mojo Working”やロバジョンのM-6 ”Cross Road Blues”なんていう定番も、実に彼らしくエキサイティングに料理。さらに、ターンアラウンドを織り交ぜたブルーズアレンジが彼らしいM-8 “Tennessee Waltz”も実に味わい深い。70年代日本のブルーズシーンを通り抜けてきた猛者ならではの堂々たる選曲だ。

なぜこれほどまでに胸を打つブルーズが歌えるのか、それがどうしても知りたくて彼に尋ねたことがある。そんな不躾な質問に対して、音楽活動を再開したばかりの彼は、「仕事にありつけず生活が苦しくなることでホンモノのブルーズが歌えるようになった」、と一つの真理を私に教えてくれた。

「ブルーズで金儲けする」ことは、戦前のブルーズマンからすれば、過酷な綿花畑での労働から逃れる唯一の手段でもあった。しかし、そもそも「ブルーズで金儲けする」、こと自体に、ある種の矛盾 ―ひと儲けしようと目論んでブルーズを歌うことで、ブルーズが歌えなくなってしまう― があるように思えてならない。こんなことを言うと、そんなのブルーズに対するロマンティシズムじゃないか、などと批判する向きも当然あるだろう。が、ブルーな心持ちを唄う者が幸せの絶頂にあるとするならば、そんな唄はけして観客の心を打たないはずだ。生活を賭けてブルーズを歌うミュージシャンなどほとんどいなくなってしまった今、Broom Duster KANほど「ホンモノのブルーズメン」に相応しい男はいない。


Broom Duster KANとしての再始動も軌道に乗った感のある彼だが、業界も色々と動き出しているようで、井の頭公園、そして稲生座でのステージを見て感銘を受けたTVプロデューサーが手がける、ドキュメンタリーの撮影予定もあるという。ミシシッピにあるというElmore Jamesの墓で歌うというのだから、これもまた楽しみだ。

唄う必然性の元に唄われるBroom Duster KANのブルーズ。音楽、そしてブルーズとは何なのかを改めて我々に問いかける。


Broom Duster KAN(ブルームダスター・カン)公式ページ
http://broomdusterkan.cocolog-nifty.com/blog/