いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

f:id:markrock:20200521020444j:image
f:id:markrock:20190212212337j:image
[NEW!!] ohno tomokiとダニエル・クオンによるデュオ「x-bijin」初のアルバム『x-bijin』(2020年6月26日発売)、リリースインフォにコメントを書かせてもらいました。
詳細はココをクリック
11月15日発売のレコードコレクターズ12月号に加奈崎芳太郎『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(明月堂書店)の書評が載りました。
f:id:markrock:20200521021219j:image
編集・ライターを担当した加奈崎芳太郎著『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(エルシーブイFM「加奈崎芳太郎のDIG IT!!」書籍化)が2019年8月に発売されました。
●加奈崎芳太郎著・桑畑恒一郎写真
●定価:本体3000円+税
●A5判(上製)416頁

詳細はココをクリック
注文はココをクリック
【メディア掲載】
『毎日新聞』2019年10月3日掲載 「元「古井戸」加奈崎芳太郎さんが本出版 音楽活動50周年の集大成」
詳細はココをクリック
『長野日報』2019年9月25日掲載 「音楽文化で伝える戦後 パーソナリティのFM番組まとめ 加奈崎さん書籍刊行」
極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。
『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年9月発売!!
●石浦昌之著
●定価:本体2500円+税
●A5判(並製)384頁

詳細はココをクリック
注文はココをクリック
【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック
【ブックガイド掲載】
斎藤哲也『もっと試験に出る哲学――「入試問題」で東洋思想に入門する』(2020年、NHK出版新書)

 Shiloh

markrock2005-06-09

/ Same (Progressive Line PL540 / 1970)


昨年のMark Henley ”Riversong”の再発にも驚いたが、こちらも驚き、というより全くもって唐突なCD化だ。言わずと知れたDon Henleyが、The Eagles結成前に在籍していたバンドの、Amosに吹き込んだ唯一作だ(プロデュースはKenny Rogers)。イーグルス関連盤としては同じくAmosから発売されたLongbranch Pennywhistle (Glenn FreyとJ.D.Southerのデュオによる名盤)と並んでHard to findな代物だった。とはいえメンバーは後のウェストコーストロックのシーンに羽ばたくツワモノばかり。Mike BowdenとRichard Bowdenの従兄弟コンビがそれぞれベースとギターボーカル。Cold Steelなんかでの活動も知られる。さらに前出のDonはドラムスとボーカル。オルガン・ピアノ・アコギのJim Normanは後のThe Eaglesの諸作にも関わっていくことになる。現在ではプロデューサー・アレンジャーとしても重鎮の域だ。最後にAl Perkinsは名スティールギタリストとしてStillsのManassasやSouther Hillman Furay Bandのメンバーとしても知られている。
とにかく気になる中身であるが、意外と良い。これだけのメンバーならもっと良くなってもおかしくないが、そこはまだ習作の域だったのだろうと大目に見たい。とはいえ本当に意外にも痛快なカントリーロック作。まずM-2、M-7、M-10がDon Henleyの作、M-4、M-9がRichard Bowdenの作、Jim Norman作はM-5、M-8、そしてM-6はAl Perkinsアレンジのトラッド、とメンバーは民主的に共存。M-1”Simple Little Down Home Rock & Roll Love Song For Rosie”はMichel McGinns作の重めのブルースロック。ボーカルのDonがやはり冒頭から光る。M-2 ”I’m Gone”はHonky Tonk Womenの如きギターリフにアコギとギターソロが絡むDon作の一曲。DonのボーカルというだけでThe Eaglesに聴こえてしまう。コーラスが入ってくるとまた良い。なかなかギターソロがロックしているのがたまらない。M-3”Left My Gal In The Mountains”はコーラスが実に美しいトラッド、と思いきやコシのあるロックな展開に。ロック世代のカントリーであるカントリーロックの妙味か。ブルース・ロック・カントリーのブレンドがなんだか同時期のStephen Stillsの世界と被る気も。M-4”It’s About Time”はRichard作の朴訥とした王道カントリーロックナンバー。スティールがいい味。結構たまらない1曲かも。M-5”Swamp River Country”はJim Normanの曲だが、ブルースロックっぽいリフがこれまたほぼStillsっぽい。というかBuffaloが結成のきっかけとなった”はっぴいえんど”の音だったりするから要チェックだ。A-6トラッド”Railroad Song”はまた痛快でアップなカントリーロック。満足。M-7”Same Old Story”はもしかするとこのアルバムでもとりわけ輝く一曲かもしれない。アコギのイントロから作曲者Donのせつないハイトーンが飛び出す。コットンフィールズっぽいメロディーの王道カントリーロックだが、Donの歌声を一番生かしきっている。Alのペダルスティールも実にごきげん。A-8”Du Raison”はさきほどのJim Normanだが、M-5とは異なりピアノが入った気だるいインストバラード。Jimのアレンジャー志向はこの頃既に開花。M-9”Down On The Farm”はRichard作のバラード。アコギのチャーチリックがなかなかプリプリとごきげん。Richardの低音ボーカルはDonほど空気を切り裂く張り詰めた緊張感がなく、最もCountry寄りの個性。最後の”God Is Where You Find Him”はDon作のゴスペルバラッド。アコギで切々と歌われる名唱で本盤は幕を閉じる。
Shilohにはアルバム未収録シングルがあるが、これもどうせなら収録してほしかった。とにかく未聴の方はまず本盤を。