いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

[NEW!!]2022年2月24日発売、ビッグ・ボッパー『シャンティリー・レース』、フィル・フィリップス『シー・オブ・ラブ:ベスト・オブ・アーリー・イヤーズ』、チャド・アンド・ジェレミー『遠くの海岸 + キャベツと王様』の3枚のライナーノーツ寄稿しました。
購入はココをクリック
f:id:markrock:20230129183945j:image
[NEW!!]2022年12月23日発売、バディ・ホリー・アンド・ザ・クリケッツ 『ザ・バディ・ホリー・ストーリー』(オールデイズレコード)のライナーノーツ寄稿しました。
購入はココをクリック
f:id:markrock:20221230235618j:image

Carl Perkins

markrock2005-05-02

/ Same (MCA RECORDS MCF –3315 /1985 )


もう7年ほど前のことになるだろうか。Carl Perkinsが亡くなったというニュース。彼を敬愛していたGeorge Harrisonも今この世にはいない。50年代半ばに全盛を極めたロックンロールスターの多くが、1970年代以降にオリジナルアルバムを残していない。Carlも然り、と思っていただけに、80年代カントリー畑でのカムバック作の発見は、なんだか思いがけないプレゼントのように思えた。プロデュースは、CarlのRock-A-Billyギタースタイルに多大な影響を受けた古株Billy Strange。彼の一押しでCarlも重い腰を上げたようだ。A-1は”Matchbox”の再演。典型的な80年代カントリーの音だが、Carlはやや太くなった歌声でしっかりと代表曲を歌い上げる。この曲、Carlの作曲とクレジットされているが、元々はBlind Lemon Jeffersonがレコーディングした”Match Box Blues”がオリジナル。その他A-3では”Green Green Grass Of Home”を気持ち良さそうに歌い上げている。B-1では”Honey Don't”の再演。軽快なドラムスとペダルスティールソロからしてカントリー色強めだが、やはり名曲。やはりロカビリーといえばCarl Perkinsだ。The BeatlesのレコーディングではRingo、ライブではJohnが好んで歌っていた。そうそう、The Beatlesといえば、ロックスターとの交歓が印象的なライブ、Carl Perkins&Friendsでも歌われたGeorgeの"Everybody's Trying To Be My Baby"も思い出される。このアルバム、全曲自作で占められているが(共作含め)、それぞれ両面冒頭のロックンロールを除けばまあまあ平凡なカントリーナンバー。とはいえジャケットの勇姿とも相俟って、気持ち良さそうな歌唱がリスナーをいい気分にさせてくれる一枚。”Blue Suede Shoes”の再演があれば完璧か。