いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

f:id:markrock:20200521020444j:image
f:id:markrock:20190212212337j:image
[NEW!!]11月15日発売のレコードコレクターズ12月号に加奈崎芳太郎『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(明月堂書店)の書評が載りました。
f:id:markrock:20200521021219j:image
[NEW!!]編集・ライターを担当した加奈崎芳太郎著『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(エルシーブイFM「加奈崎芳太郎のDIG IT!!」書籍化)が2019年8月に発売されました。
●加奈崎芳太郎著・桑畑恒一郎写真
●定価:本体3000円+税
●A5判(上製)416頁

詳細はココをクリック
注文はココをクリック
【メディア掲載】
『毎日新聞』2019年10月3日掲載 「元「古井戸」加奈崎芳太郎さんが本出版 音楽活動50周年の集大成」
詳細はココをクリック
『長野日報』2019年9月25日掲載 「音楽文化で伝える戦後 パーソナリティのFM番組まとめ 加奈崎さん書籍刊行」
極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。
『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年9月発売!!
●石浦昌之著
●定価:本体2500円+税
●A5判(並製)384頁

詳細はココをクリック
注文はココをクリック
【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック
【ブックガイド掲載】
斎藤哲也『もっと試験に出る哲学――「入試問題」で東洋思想に入門する』(2020年、NHK出版新書)

Lisa Lawalin

markrock2005-04-25

/ New Moon Rising
(Monument R9Y-912 /1978)


1972年のMiss Georgia'sに選ばれた女性のナッシュビル産レコード。これ以外の盤は確認されていないが、選曲に目を奪われる。冒頭A-1 "Your Love"はAnne Murray風のポップソング。A-3 "Steppin’ Stone"はカントリー畑のバッキングボーカルなどで現在まで活躍するKim Morrionの作品だがソウルっぽさがなかなか良い。A-4 "So Much Love"はGoffin-King作のミディアムバラードでこれもとても良い。続くSteve Gibbのバラード"If I Ever Had To Say Goodbye To You"もフレッシュでなかなか良く70年代後半のカントリー畑のAORものを思わせる。そういえば本作、Anne Murrayの "You Needed Me"で当てたRandy Goodrumもプレイヤー参加。そういえば79年のSteve Gibb唯一のソロ作Let My Songは、なんとなくクリスタルな田中康夫のお陰で国内盤も発売されたが、同曲の自演版も収録されており、Randyも同様プレイヤー参加していた。さて盤を裏返すとカントリーっぽくカバーされたB-1"Dancing in the Street"。割と歌えているので合格。続くメロウな "Isn’t It True”は再びKim Morrison作だが、この人はなかなかいい曲を書く。さらにB-3 "You Make Me Feel Brand New"のカバーも夢見心地。さらに気になるのはラストの"God Only Knows"。ポピュラー畑ではBruce JohnstonがプロデュースしたJack Jonesのもの、カントリー畑ではGlen Campbellのものなどを思い出すが、これは期待したほどではないがそこそこの仕上がり。まあとはいえミス・ジョージアのアイドルものと考えると本国ではもはやどうでもいい盤なのだろう。