いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

[NEW!!]2022年2月24日発売、ビッグ・ボッパー『シャンティリー・レース』、フィル・フィリップス『シー・オブ・ラブ:ベスト・オブ・アーリー・イヤーズ』、チャド・アンド・ジェレミー『遠くの海岸 + キャベツと王様』の3枚のライナーノーツ寄稿しました。
購入はココをクリック
f:id:markrock:20230129183945j:image
[NEW!!]2022年12月23日発売、バディ・ホリー・アンド・ザ・クリケッツ 『ザ・バディ・ホリー・ストーリー』(オールデイズレコード)のライナーノーツ寄稿しました。
購入はココをクリック
f:id:markrock:20221230235618j:image

Lisa Lawalin

markrock2005-04-25

/ New Moon Rising
(Monument R9Y-912 /1978)


1972年のMiss Georgia'sに選ばれた女性のナッシュビル産レコード。これ以外の盤は確認されていないが、選曲に目を奪われる。冒頭A-1 "Your Love"はAnne Murray風のポップソング。A-3 "Steppin’ Stone"はカントリー畑のバッキングボーカルなどで現在まで活躍するKim Morrionの作品だがソウルっぽさがなかなか良い。A-4 "So Much Love"はGoffin-King作のミディアムバラードでこれもとても良い。続くSteve Gibbのバラード"If I Ever Had To Say Goodbye To You"もフレッシュでなかなか良く70年代後半のカントリー畑のAORものを思わせる。そういえば本作、Anne Murrayの "You Needed Me"で当てたRandy Goodrumもプレイヤー参加。そういえば79年のSteve Gibb唯一のソロ作Let My Songは、なんとなくクリスタルな田中康夫のお陰で国内盤も発売されたが、同曲の自演版も収録されており、Randyも同様プレイヤー参加していた。さて盤を裏返すとカントリーっぽくカバーされたB-1"Dancing in the Street"。割と歌えているので合格。続くメロウな "Isn’t It True”は再びKim Morrison作だが、この人はなかなかいい曲を書く。さらにB-3 "You Make Me Feel Brand New"のカバーも夢見心地。さらに気になるのはラストの"God Only Knows"。ポピュラー畑ではBruce JohnstonがプロデュースしたJack Jonesのもの、カントリー畑ではGlen Campbellのものなどを思い出すが、これは期待したほどではないがそこそこの仕上がり。まあとはいえミス・ジョージアのアイドルものと考えると本国ではもはやどうでもいい盤なのだろう。