いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

f:id:markrock:20200521020444j:image
f:id:markrock:20190212212337j:image
[NEW!!] ohno tomokiとダニエル・クオンによるデュオ「x-bijin」初のアルバム『x-bijin』(2020年6月26日発売)、リリースインフォにコメントを書かせてもらいました。
詳細はココをクリック
11月15日発売のレコードコレクターズ12月号に加奈崎芳太郎『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(明月堂書店)の書評が載りました。
f:id:markrock:20200521021219j:image
編集・ライターを担当した加奈崎芳太郎著『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(エルシーブイFM「加奈崎芳太郎のDIG IT!!」書籍化)が2019年8月に発売されました。
●加奈崎芳太郎著・桑畑恒一郎写真
●定価:本体3000円+税
●A5判(上製)416頁
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
【メディア掲載】
『毎日新聞』2019年10月3日掲載 「元「古井戸」加奈崎芳太郎さんが本出版 音楽活動50周年の集大成」
詳細はココをクリック
『長野日報』2019年9月25日掲載 「音楽文化で伝える戦後 パーソナリティのFM番組まとめ 加奈崎さん書籍刊行」
極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。
『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年9月発売!!
●石浦昌之著
●定価:本体2500円+税
●A5判(並製)384頁
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック
【ブックガイド掲載】
斎藤哲也『もっと試験に出る哲学――「入試問題」で東洋思想に入門する』(2020年、NHK出版新書)

Peter-John Morse

markrock2005-04-22

/ On The Shoreline (MCA-2299 /1977)


鮮やかな海とヨットが、70年代半ば〜後半の作品として、開放的でカラッとした明るい音を想像させるが、Al Kooperプロデュース作ということでさらに注目。しかしのっけから場違いな感じの”Oh How Happy”をソウルフルな、というよりもハードロックばりの線の細いハイトーンで歌い上げ、リスナーを置いてけぼりにさせるが、自作のA-2 ”One Kind Woman”では落ち着いたゴスペルタッチの(A-1ともそういう意味では繋がるのか)壮大なバラードを展開。間奏がなんともAl Kooperらしい。続くA-3もゴスペル風のコーラスが耳をひき、これもなんともAl Kooper好みな感じ。雰囲気の違うフォークタッチのA-3 “Elijah”は自作ではないが、サビになると、またまたゴスペル風コーラスが。これらはRon Hicklin Singersによるもので、聴きとおすと全編にフィーチャー。まろやかなタイトル曲A-5はSteve GibsonのアコギのアルペジオとAlのギターソロがいい感じ。B-1 Eric Andersonの“Sheila”ではSneeky Peteのペダルスティールも登場。またB-2 “Country Lady”はPeterとAlの共作で感動的な仕上がり。やはりこの盤、Al Kooperのギター、ピアノ、オルガン、ミニ・ムーグなどでの全面的協力が聴き所か。Peter-Johnの個性はイマイチ見えてこない。