いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

f:id:markrock:20200521020444j:image
f:id:markrock:20190212212337j:image
[NEW!!] ohno tomokiとダニエル・クオンによるデュオ「x-bijin」初のアルバム『x-bijin』(2020年6月26日発売)、リリースインフォにコメントを書かせてもらいました。
詳細はココをクリック
11月15日発売のレコードコレクターズ12月号に加奈崎芳太郎『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(明月堂書店)の書評が載りました。
f:id:markrock:20200521021219j:image
編集・ライターを担当した加奈崎芳太郎著『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(エルシーブイFM「加奈崎芳太郎のDIG IT!!」書籍化)が2019年8月に発売されました。
●加奈崎芳太郎著・桑畑恒一郎写真
●定価:本体3000円+税
●A5判(上製)416頁

詳細はココをクリック
注文はココをクリック
【メディア掲載】
『毎日新聞』2019年10月3日掲載 「元「古井戸」加奈崎芳太郎さんが本出版 音楽活動50周年の集大成」
詳細はココをクリック
『長野日報』2019年9月25日掲載 「音楽文化で伝える戦後 パーソナリティのFM番組まとめ 加奈崎さん書籍刊行」
極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。
『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年9月発売!!
●石浦昌之著
●定価:本体2500円+税
●A5判(並製)384頁

詳細はココをクリック
注文はココをクリック
【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック
【ブックガイド掲載】
斎藤哲也『もっと試験に出る哲学――「入試問題」で東洋思想に入門する』(2020年、NHK出版新書)

Iguana

markrock2005-04-18

/The Winds Of Alamar (United Artist 683 /1977)


ジャケットにはむさくるしい髭面。グループ名がイグアナ、ということで全く期待が出来ないが、素晴らしいアコースティックグルーヴ。A-1"Dream Song"はアコギにプリプリしたベースとペダルスティールが絡む冒頭から、ジャケットからは想像も出来ないメロウな音粒が。CSN&Yというよりアメリカばりの3声コーラスがなんとも心地よい。A-2 "Sailing Ships"もアコギ主体の繊細な一曲。よく見ればナッシュビル録音。B-1"Your Love"もアコースティックギターのカッティングとハーモニクスが美しい。コーラスも見事で当時のハワイ系AORの爽やかさを持つ。とはいえ後半ではコーラスも力強くなり、バンドもロックのインプロヴィゼーションを見せるあたり、耳馴染みの良いFM向けMORには収まらないぞ、という意気込みも。ポップなカントリーロックB-2 "Happy One-Sad One"などは、全篇にわたる3声のコーラスが美しく、Timothy Schmit 在籍時のPocoを思わせる見事な出来。A-1といいこの曲といい、Don Falkの作品はまとまりがよい。このグループのメンバー、Arthur Bod、Don Falk、Shaw Hayes、Budge Witherspoonの書く曲はどれも薄口でありながら、コーラスと相俟ってどれも標準以上。なのだが、楽曲をAmericaやPocoのようなシングルヒット狙いのまとまった構成にせず、後半にうねるようなソロを入れたりしてしまうあたりのロック魂が敗因なのか。