いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

f:id:markrock:20190212212337j:image
[NEW!!]極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。 『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年9月発売!! ●石浦昌之著 ●定価:本体2500円+税 ●A5判(並製)384頁
詳細はココをクリック
注文はココをクリック

【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック

Daniel Kwon / Little Koalas

*[SSW] Daniel Kwon / Little Koalas (Bela Slovik r-02 xox / 2019)

 

f:id:markrock:20190508011735j:plain

個性派SSWのダニエル・クオン(Daniel Kwon)待望の新作『Little Koalas』はナントまさかの45回転7インチシングル!アナログに並々ならぬ思い入れを持つ彼ならではのセレクトとも思える。昨年10月18日の鈴木慶一さんのイベント「Aerial Garden Session vol.2」のゲストに出演していたのが記憶に新しいけれど(https://merurido.jp/magazine.php?magid=00023&msgid=00023-1540036478)、今回のリリースに際して慶一さんがコメントを寄せている。今回の7インチは、そのライブで売られていた新作CD-R『Lites Out』から”Little Koalas”と”Lites Out”の2曲を選んだもの。京都が本舗のjetset records(https://www.jetsetrecords.net/i/816005586309/)のディストリビューションと聞いていたけれど、芽瑠璃堂やディスクユニオンHMVはじめ様々な店舗で取り扱いがあるみたい。5月29日発売予定だけれど、予約絶賛受付中の模様。

f:id:markrock:20190508004104j:plain

裏ジャケの「for uchida yuya」クレジットにまず驚いたけれど、彼の訃報と制作時期が重なっていたからみたい。そういえば『Rくん』に”A Ginger Ale, Please”ってトラックがあったけれど、ダニエルが愛してやまない若松孝二監督の内田裕也主演映画『水のないプール』での名セリフ「ジンジャーエールはジュースじゃねぇ!」を想起したことを思い出した。

 

肝心の7インチの音の印象、ハッキリ言ってCD-Rの音より当然ながら低音がボタッとアナログ的に響く。カッティングから来るものだろうけれど、この辺りが堪らない。ドラムスは元・森は生きている のお馴染み増村和彦と、マイク真木などのバックを務めている牛山健(“Lites Out”)、甘美なペダルスティールはyumboの芦田勇人、ベースは元・森は生きているのサポートメンバーgonokami kinya、それ以外の楽器・ボーカル・レコーディング・ミックス・アートワーク・デザインをダニエル本人が担当する。ジャケットは見ての通りダニエルのひねくれたユーモアそのもの。「人としては最低だが、ミュージシャンとしては凄いと思っています」という褒めているのか、けなしているのかよくわからない(笑)Lamp染谷大陽の賛辞にもあるように、ダニエル・クオンの内面を知り尽くしたメンバーで奏でられリラックスした音に仕上がっている。

 

f:id:markrock:20190508004125j:plain

 彼の音楽は多様なイメージの引用・集積で作られているように思える。それがジョン・フェイヒィを思わせる2010年のシンガー・ソングライター的作品『Daniel Kwon』からリュック・フェラーリよろしく日常音のコラージュで綴られるエクスペリメンタルな2013年の問題作『Rくん』まで!極端な触れ幅で表現されてきたわけだけれど、今回はたった2曲を選んだだけに、中庸なポップに着地させたように一瞬思えた。とはいえ、Aサイド”Little Koalas”とBサイド”Lites Out”が「陽」と「陰」=「朝の光(daylight sunshine)」と「夜の闇(dark of the night)」――あたかも西洋的な「ダニエル」と東洋的な「クオン」――のごとく配置されていたのが見逃せない。ちなみに「Little Koalas」のタイトルは80年代に輸出もされた日本のTVアニメーション「コアラボーイ コッキィ」の英題「Adventures of the Little Koala」から採られたもの。ずっこける位に邪気が無いアニメ。ちなみにこのアニメの主題歌を歌っている5人組アイドル赤坂小町はご存知プリンセス・プリンセスの前身。しばし続く後奏からB面にいざなわれる。

f:id:markrock:20190508011339j:plain

B面の「Lites Out」は3部作のようなつくりになっており、シングル盤ながらアルバムを聴いた後のような感覚に陥る。タイトル「消灯(Lites Out)」が示すようにベッドの上で色々な思いやイメージが交錯するような。メロディはいずれもとりわけ美しい。「for curt boetcher」とクレジットがあるけれど、A面同様ドラムスのパターンにはカート・ベッチャー風のサウンドメイクが。コーラスにはビーチ・ボーイズ風味も。最後は「カラオケで(あなたの手に触れた)」なんていう最後の照れくさいフレーズで「おしまい(Lites Out)」……再びA面で朝を迎えるという。歌詞にある「oops, I did it again」に思わずブリトニー・スピアーズを思い出しました。最高!

 

レコ発↓

5月27日(月) 20:00start

渋谷disques dessinee(http://www.disquesdessinee.com/

1,500円

 

5月28日(火)20:00start

三鷹scool(http://scool.jp/event/20190528/

予約1,800円 当日2,000円(+1ドリンクオーダー

出演

ダニエル・クオン ソロ&バンドセット

w/ 増村和彦(Drums)、芦田勇人(Pedal Steel)、PADOK(Bass)