いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

f:id:markrock:20190212212337j:image
[NEW!!]2020年7月31日発売『URCレコード読本』(シンコー・ミュージック・ムック)に寄稿しました。
詳細はココをクリック
購入はココをクリック
f:id:markrock:20200802143148j:image
[NEW!!] ohno tomokiとダニエル・クオンによるデュオ「x-bijin」初のアルバム『x-bijin』(2020年6月26日発売)、リリースインフォにコメントを書かせてもらいました。
詳細はココをクリック
11月15日発売のレコードコレクターズ12月号に加奈崎芳太郎『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(明月堂書店)の書評が載りました。
f:id:markrock:20200521021219j:image
編集・ライターを担当した加奈崎芳太郎著『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(エルシーブイFM「加奈崎芳太郎のDIG IT!!」書籍化)が2019年8月に発売されました。
●加奈崎芳太郎著・桑畑恒一郎写真
●定価:本体3000円+税
●A5判(上製)416頁
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
f:id:markrock:20200521020444j:image

【メディア掲載】
『毎日新聞』2019年10月3日掲載 「元「古井戸」加奈崎芳太郎さんが本出版 音楽活動50周年の集大成」
詳細はココをクリック
『長野日報』2019年9月25日掲載 「音楽文化で伝える戦後 パーソナリティのFM番組まとめ 加奈崎さん書籍刊行」
極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。
『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年9月発売!!
●石浦昌之著
●定価:本体2500円+税
●A5判(並製)384頁
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック
【ブックガイド掲載】
斎藤哲也『もっと試験に出る哲学――「入試問題」で東洋思想に入門する』(2020年、NHK出版新書)

x-bijin(ohno tomokiとダニエル・クオン)

*[日本のフォーク・ロック] x-bijin / Same ( nitejar[ディスクユニオン] / 2020)

f:id:markrock:20200621131703j:plain

芽瑠璃堂トピックにも取り上げられていましたが(https://merurido.jp/topic.php?srcbnr=41101)、ohno tomokiとダニエル・クオンによるデュオ「x-bijin」初のアルバム『x-bijin』が6月26日にリリース! リリースインフォにコメントを書かせてもらいました。今月のミュージックマガジンにもレビューが出たとのこと。流通元のディスクユニオンでは特典CD-Rも付く模様。(https://diskunion.net/jp/ct/news/article/2/89163

 

エクスペリメンタルなコラージュ怪作『Rくん』P-Vineからリリースされた『ノーツ』で知られるダニエル・クオンは米フィラデルフィア出身・韓国系アメリカ人のシンガーソングライターで、近年鈴木慶一などからも一目置かれる個性派ミュージシャン。そして「ぱだらいす」を主宰するミュージシャンohno tomokiは、初のリリースとなる今作でソングライターとしてダニエルに はっぴいえんど、とりわけ細野晴臣を思わせるメロディアスな日本語ポップスを唄わせている。yumboの芦田直人のペダルスティールの客演が光る演奏には、その他、ダニエルとは深い縁のある「森は生きている」の増村和彦や牛山健、ツチヤニボンドの渡部牧人(PADOK)が参加。個人的には、中古レコードの名店・国分寺・立川で展開する珍屋から広がった「森は生きている」(岡田拓郎2枚目のソロ『Morning Sun』も今月10日にリリース)に象徴される、多摩産シティ・ポップの連なりに位置付けたい良作だ。西荻窪の飲み屋で語り合ったアイデアがここに音盤として結実したことを、幸福に思う。

 

以下リリースインフォです↓

 

「halfway to a hosono house?」

 

ohno tomokiとダニエル・クオンによるデュオ「x-bijin」、ほぼ宅録による初のアルバムは、
甘美なペダルスティールにのせてダニエルが滑らかなボーカルで歌いこなす桃源郷ポップス。
遠藤賢司に捧げた「グレープフルーツ」からして初期松本隆を思わせる日本語の美しさが際立つのはなぜだろう?
はっぴいえんどとポール(・マッカートニー)が産み落としたタネは、ジム(・オルーク)と出会ったペンシルヴァニアで果実となり、
多摩産シティ・ポップのフレッシュジュースに姿を変えて、甘酸っぱい喉ごしと共に僕たちの前にある。(いしうらまさゆき)

 

ohno tomoki[ぱだらいす](ピアノ、ギター)
daniel kwon(ダニエル・クオン)(ボーカル、ミックス、プロデュース)
牛山健[ダニエル・クオン、マイク眞木](ドラム)
芦田勇人[yumbo](ペダルスティール&トランペット)
増村和彦[ex.森は生きている](スレイベル)
渡部牧人(PADOK)[ツチヤニボンド](trks 2-6 ベーシック・トラック録音、マスタリング)