いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

f:id:markrock:20201004210812j:image'>
[NEW!!]評論家・映画監督の切通理作さんが店主を務める阿佐ヶ谷・ネオ書房の読書会を開催します。
哲学を学び直したい人のために ネオ書房【倫理教師・石浦昌之ライブ読書会】 12月20日(日) 18時半開場 19時開演 高校倫理1年間の授業をまとめた新刊『哲学するタネ 西洋思想編①』(明月堂書店)から、西洋哲学の祖、ソクラテスを取り上げます。 内容 ◆ フィロソフィア(愛知)とは? ◆「無知の知―汝自身を知れ」 ◆問答法はディアロゴス(対話)の実践 ◆「徳」とは何か? ◆プシュケー(魂)への配慮 ◆善く生きることとは? 入場料1200円 予約1000円  予約kirira@nifty.com
[NEW!!]『哲学するタネ】――高校倫理が教える70章』【西洋思想編1】【西洋思想編2】が2020年10月20日に2冊同時刊行!!。
『哲学するタネ】――高校倫理が教える70章』【西洋思想編1】【西洋思想編2】2020年10月20日発売
●石浦昌之著
●定価:西洋思想編1 本体2000円+税(A5判 330頁)(明月堂書店)
注文はココをクリック
●西洋思想編2 本体1800円+税(A5判 300頁)(明月堂書店)
注文はココをクリック
f:id:markrock:20201004205325j:image
[NEW!!]2020年7月31日発売『URCレコード読本』(シンコー・ミュージック・ムック)に寄稿しました(後世に残したいURCの50曲 なぎらけんいち「葛飾にバッタを見た」・加川良「教訓1」・赤い鳥「竹田の子守歌」、コラム「高田渡~永遠の「仕事さがし」」)。
詳細はココをクリック
購入はココをクリック
f:id:markrock:20200802143148j:image
ohno tomokiとダニエル・クオンによるデュオ「x-bijin」初のアルバム『x-bijin』(2020年6月26日発売)、リリースインフォにコメントを書かせてもらいました。
詳細はココをクリック
11月15日発売のレコードコレクターズ12月号に加奈崎芳太郎『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(明月堂書店)の書評が載りました。
f:id:markrock:20200521021219j:image
編集・ライターを担当した加奈崎芳太郎著『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(エルシーブイFM「加奈崎芳太郎のDIG IT!!」書籍化)が2019年8月に発売されました。
●加奈崎芳太郎著・桑畑恒一郎写真
●定価:本体3000円+税
●A5判(上製)416頁(明月堂書店)
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
f:id:markrock:20200521020444j:image

【メディア掲載】
『毎日新聞』2019年10月3日掲載 「元「古井戸」加奈崎芳太郎さんが本出版 音楽活動50周年の集大成」
詳細はココをクリック
『長野日報』2019年9月25日掲載 「音楽文化で伝える戦後 パーソナリティのFM番組まとめ 加奈崎さん書籍刊行」
極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。
『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年10月10日発売
●石浦昌之著
●定価:本体2500円+税
●A5判(並製)384頁(明月堂書店)
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
f:id:markrock:20201004211116j:image

【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック
【ブックガイド掲載】
斎藤哲也『もっと試験に出る哲学――「入試問題」で東洋思想に入門する』(2020年、NHK出版新書)

ジミー・ウェッブの落ち穂拾い3 サントラ仕事

markrock2015-03-20



3回目はジミー・ウェッブのサントラ仕事を見ていこう。



代表曲” Up, Up and Away”からして、学生時代の気球の自主映画用に作った曲というエピソードがあるけれど、映像的なウェッブ作品と映画の繋がりは浅くない。ここでは重要作に絞って振り返ってみたい。まずは1968年ジェリー・パリス監督でデビー・レイノルズが主演した映画『How Sweet It Is!(水色のビキニのマドモアゼル)』

ジェリー・パリスは亡くなる直前にポリスアカデミー3』を撮っている。『How Sweet It Is!』ではタイトルと同名曲”How Sweet It Is”と”Montage”の2曲をサントラに収録している(それ以外はパット・ウィリアムスの劇伴)。どちらもピカーディ・シンガーズの歌唱でダンヒルからこの2曲を両面に据えたシングルも切られている。ピカーディ・シンガーズはおそらく急造グループと想像されるママス&ザ・パパス・タイプ(そしてフィフス・ディメンション・タイプ)の男女混声グループで、決して悪くない。こねくり回して作ったような目眩くドラマティックさが目を惹く”How Sweet It Is”も良いけれど(こういう習作っぽい曲を聴くと、モータウン的な楽曲構成からオリジナリティを模索していったことがよくわかる)、バラードの”Montage”が彼らしくてやっぱり良い。実際、曲の良さからかロッキンベリーズのジェファーソン(ヒットしなかった)やラブ・ジェネレーションのカバーがある。ラブ・ジェネレーション版は1968年に86位にチャートインしている。ラブ・ジェネレーションは、レッキング・クルーの一員として数々のコーラスもののセッションを請け負ったLAのロン・ヒックリン・シンガーズに参加していたトム&ジョン・バーラー兄弟を中心としたグループ。パートリッジ・ファミリーのバックアップでも有名。トムはレノン・シスターズ(個人的に大好き…)のジャネット・レノンと結婚している。ジョンはジャン&ディーンのジャン・ベリーと活動していたこともあった。そのラブジェネ版”Montage From How Sweet It Is (I Knew That You Knew)”は本当に素晴らしい。サビのハイノート”I Knew That You Knew But I Knew…”は後のウェッブのコラボレイター、アート・ガーファンクルと全く同じ声域で、後のコラボレーションの成功を予感させる。

お次は1973年のUniversal and Playboyプレゼンツの『The Naked Ape。ドナルド・ドライバー監督作品。タイトルは裸の猿。ApeというとPlanet of the Apes、そう猿の惑星(1968)を思い出してしまうけれど、原作は動物学者デズモンド・モリスが1967年に出版した本。

デズモンド・モリスというと先立つ1968年に『The Human Zoo』という有名な本を書いているけれど、フォークル/精神科医北山修きたやまおさむ)はファースト『12枚の絵』にその名も”人間動物園”という曲を収め、後には自身の率いたバンドの名前にも使っている(自切俳人[ジキルハイド]とヒューマン・ズー)。主演はジョニー・クロウフォードとヴィクトリア・プリンシプル。ちなみにヴィクトリアは日本の福岡生まれ。映画のプロモーションのためPlayboy誌で脱いだのだとか。そう、この映画はグラビア誌で有名なPlayboy誌が手掛けた初めての映画。Playboyはレコードも作っていて、これが70年代前半のスワンプ系シンガー・ソングライターの宝庫になっているというのは有名な話だ。



さて、中身を見てみよう。A面前半はA-2バッハの”D-Minor Toccata”や本作のテーマ曲”Fingerpainting”のオルゴール版にナレーションが重なる(A3)、バンジョーも入ったカントリー”Arnie’s Letter (My Wife Ran Off With A Jukebox)”(A5)などが挟まれるコラージュ的な作り。それに続いて後半、アート・ガーファンクル『Watermark』で後に歌う”Saturday Suit”(A7)のジミー・ウェッブ・ヴァージョンが実に味わい深い。ピアノとストリングス、妹スーザンと思しきコーラスが入ってくる同時期の『Letters』を思わせる作り。ただ、1番を歌ったあと後半はナレーションが被さり、ナレーションに続いて本作のタイトル曲”Fingerpainting”(A8)がスタートする。こちらのヴァージョンはスーザンのボーカルを交えてウェッブ自身が切々と歌う。子どもに優しいまなざしを注ぐ優美な歌詞とメロディのマッチングが素晴らしい。ここでもアウトロとナレーションが被さって。ラストは監督のドナルド・ドライヴァー自身が歌うオールドタイミーな”You Brought A New Kind of Love to Me”(A9)。1930年のモーリス・シュバリエ主演、ホバート・ヘンリー監督の映画『The Big Pond(チウインガム行進曲)』の挿入歌で、ウェッブの自作ではない。



ちなみに”Fingerpainting”と言えば、こちらもアート・ガーファンクルとウェッブのコラボレーションの最高傑作とも言える1977年の『Watermark』に後に収録された楽曲。元々このアルバムは全編がウェッブの楽曲で占められてものだったのだが(ただし書き下ろしばかりではなく、リチャード・ハリスのカバーや1970年前後のウェッブの未発表曲を含む)、旧友ポール・サイモン、そしてジェイムス・テイラー(仲を取り持つように…)とデュエットしたサム・クックのフォーク・スタイルのカバー”(What A) Wonderful World”が大ヒット(1978年に最高17位、アダルト・コンテンポラリー・チャートで5位)したことを受けて、差し替えられてしまった。よって、”Fingerpainting”を収録した初期盤はレア盤になっている。ジャケやレーベルは”Fingerpainting”のまま差し替えられていないけれど、レコードの音は”(What A) Wonderful World”という盤も沢山あったりして。ちなみに下のレコードはユーゴスラビア盤。スロベニアの首都リュブリャナの町中で発見したレコード屋で買いました。通って三日目「お前ほんとにレコードが好きなんだな〜」と店主に言われた記憶が…

さて、B面はセッション・シンガーの女王クライディ・キングが歌う”Jesus Loves Me”(B-1)に始まる、ゴスペル調の楽曲。声の伸びがアレサ・フランクリンに似てますね。続いて”Survival Rag”(B-2)は再び監督ドナルド・ドライヴァーの登場。この辺りはおそらくゴスペル調でいこう、ラグ調でいこう、みたいな感じで器用に作ったもので、あまりウェッブらしさは感じない。それ以外だとサンプリング・ソースとして再発見された”The Elephant Hunt”(B-5)が着目すべきか。


The Naked Ape (1973)
Side One
1. 9 A.M.,October 23, 4004 B.C.
2. D-Minor Toccata
3. Naked Ape Theme (Fingerpainting):Ape Inventory
4. Carnivorock
5. Arnie’s Letter (My Wife Ran Off With A Jukebox)
6. Cathy’s Theme:Pair-Bonding
7. Saturday Suit / vocal by Jimmw Webb
8. Fingerpainting / vocal by Jimmw Webb
9. You Brought A New Kind of Love to Me / vocal by Donald Driver

Side Two
1. Jesus Loves Me / vocal by Clydie King
2. Survival Rag / vocal by Donald Driver
3. Gymnast’s Ballet (Fingerpainting)
4. Arnie’s Appeasement Signals (Samurai Sequence)
5. The Elephant Hunt
6. Naked Ape Theme (Fingerpainting): How Like An Angel



そしてこれが一番ウェッブらしいサントラ、と思えるのが1979年の有名な『Voices(ふたりだけの微笑)』ですね。ミュージシャン志望の主人公はマイケル・オントキーン。ツイン・ピークスでも有名な俳優。テーマ曲A-1”I Will Always Wait For You”は元ゲス・フーのバートン・カミングスが歌うたおやかなバラード。この人、スゴク歌が上手いですね。彼はライブだと同郷カナダのゴードン・ライトフットの物真似とかやるんだけれど、これも上手で。同様バートンが歌うB-1”On A Stage”もウェッブらしいマイナーとメジャーの真ん中を行く独自のメロディ・ラインで紡がれるバラード。ステージをここまで劇的に描ける歌にウェッブのソングライティングの力量を思い知る。この頃に書かれたウェッブのバラード…アメリカ、リア・カンケル、アート・ガーファンクル…どれをとってもみても素晴らしい。おそらく30代半ばを過ぎて青春の痛みが描けるようになったからなのではないかと推測するけれど。私もそんな歳なので…。バートンのもう1曲B-5” Drunk As A Punk”はウェッブお約束、アルバムに1曲必ず入れるけれど評判は良くない、というロック曲。



そして”The Children's Song”がまた素晴らしいバラードで。シンプルなピアノ・アレンジに澄んだメロディが重なって。アート・ガーファンクルにもレコーディングして欲しかった…なんて思ってみたり。個人的には同じタイトルの歌を作ってアルバムに入れました。ちなみに歌うのはアンドリュー&デイヴィッドのウィリアムス・ブラザーズ。アンディ・ウィリアムスの甥っ子でもある双子ティーン・アイドルでパートリッジ・ファミリーへの出演で人気を博した。下はその頃の写真。

2曲はジミー以外のプロデュース。トム・ペティ&ザ・ハートブレイカーズの骨太なアメリカン・ロックA-6(1977年のシングル曲)とウィリー・ネルソンのB-3(ボブ・ウィリスのカバーのアコースティック・スウィング)。ウィリー・ネルソンはハイウェイメンやソロの楽曲提供などジミーとは少なからず縁がある。

Voices(1979)
Side One
1. I Will Always Wait For You (Theme From VOICES) (Vocal by Burton Cummings)
2. Rosemarie's Theme
3. Disco If You Want To
4. The Children's Song (Performed by Andrew and David Williams)
5. Family Theme
6. Anything That's Rock 'N' Roll (Performed by Tom Petty and the Heartbreakers)
[Producer : Denny Cordell]
7. I Will Always Wait For You (Instrumental)
Side Two
1. On A Stage (Vocal by Burton Cummings)
2. Across The River
3. Bubbles In My Beer (Vocal by Willie Nelson)
[Producer : Arif Mardin, Jerry Wexler]
4. Rosemarie And Drew
5. Drunk As A Punk
6. The Children'S Song (Instrumental)
7. Rosemarie's Dance / I Will Always Wait For You (Reprise)



最後は1983年の『The Last Unicorn(最期のユニコーン)』。日本の牙城と思われているタイプの子ども向けアニメ映画のサントラだが、実際風の谷のナウシカなどを手掛けたスタジオジブリの前身トップクラフトが関わっている。輸入ビデオで観てみたけれど、単純に映像作品として素晴らしかった。最近アニメーターのクレジットを見るとコストの関係もあってか韓国が多いけれど、30年前はそんな位置にいたのが日本だったわけで。手元にあるサントラはドイツ発売のCD。ウェッブのアルバムにもコーラス参加したり、楽曲提供したりとこの時代関わりが深かったアメリカが美しいオーケストレーションをバックに繊細なボーカルを聴かせてくれる。ウェッブの『El Mirageをプロデュースしたジョージ・マーティンのクライアントだったのがアメリカだ。冒頭”The Last Unicorn”(ケニー・ロギンスも後にカバーした。ここではジェリー・ベックリーが歌う。)、”Man’s Road”(これはアメリカのデュウェイ・バネル)、”In The Road”(ジェリー・ベックリー)の3曲をアメリカが歌い、続くケイティ・アービングの”Now That I’m A Woman”(映画ではマイア・ファロウが歌っている。マイアはフランク・シナトラと結婚していた時期もあった女優・シンガー。)、そしてアート・ガーファンクルもカバーした”That’s All I’ve Got To Say”(ジェフ・ブリッジス)までの流れは完璧。ジェフ・ブリッジスは俳優ながら歌も上手い。私生活ダメダメなカントリー歌手を演じた『Crazy Heart』(2009)でのプロ顔負けの歌唱も忘れられないし、古いところだとダスティン・ホフマンと先述のマイア・ファロウが主演した『John And Mary(ジョンとメリー)』のサントラ(クインシー・ジョーンズが手掛けた)でもイーヴィ・サンズの”Maybe Tomorrow”などに混じって自作の”Lost In Space”歌っていた。若き日のジェフだ。

The Last Unicorn(1983)
1. The Last Unicorn (Performed by America)
2. Man's Road (Performed by America)
3. In the Sea (Performed by America)
4. Now That I'm a Woman (Performed by )
5. That's All I've Got to Say (Performed by Jeff Bridges)
6. The Last Unicorn Part 2
7. Forest Awakens: The Unicorn Forest/ The Hunters
8. Red Soup
9. Red Bull Attacks
10.The Cat
11.The Tree
12.Haggard's Unicorns
13.Bull-Unicorn-Woman
14.Unicorns in the Sea
15.Unicorn and Lear (Performed by America)


ということで、サントラが出ていないものなどは紹介しきれなかったけれど、そのほかにもエイブラハム・ポロンスキー監督、ロバート・レッドフォード主演の『Tell Them Willie Boy Is Here(夕陽に向って走れ)』(1969)(デイヴ・グルーシンと共に)、1971年の『ドク・ホリデイ(Doc)』、ウェッブ自身のソロ作品が出ていなかった時期1987年にはベトナム戦争の捕虜収容所を描いた『Hanoi Hilton(ハノイヒルトン)』や1999年のエスケープ・フロム・タウン/どこか遠くへ(Clean And Narrow)』でもウェッブはフィルム・スコアを書いている。そのほか、テレビ・シリーズの音楽も多数手掛けているし、この辺りまで追いかけるとキリがないのだけれど、日本では割と無視されてきたウェッブ仕事かもしれない。
(つづく)