いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

f:id:markrock:20200521020444j:image
f:id:markrock:20190212212337j:image
[NEW!!] ohno tomokiとダニエル・クオンによるデュオ「x-bijin」初のアルバム『x-bijin』(2020年6月26日発売)、リリースインフォにコメントを書かせてもらいました。
詳細はココをクリック
11月15日発売のレコードコレクターズ12月号に加奈崎芳太郎『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(明月堂書店)の書評が載りました。
f:id:markrock:20200521021219j:image
編集・ライターを担当した加奈崎芳太郎著『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(エルシーブイFM「加奈崎芳太郎のDIG IT!!」書籍化)が2019年8月に発売されました。
●加奈崎芳太郎著・桑畑恒一郎写真
●定価:本体3000円+税
●A5判(上製)416頁
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
【メディア掲載】
『毎日新聞』2019年10月3日掲載 「元「古井戸」加奈崎芳太郎さんが本出版 音楽活動50周年の集大成」
詳細はココをクリック
『長野日報』2019年9月25日掲載 「音楽文化で伝える戦後 パーソナリティのFM番組まとめ 加奈崎さん書籍刊行」
極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。
『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年9月発売!!
●石浦昌之著
●定価:本体2500円+税
●A5判(並製)384頁
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック
【ブックガイド掲載】
斎藤哲也『もっと試験に出る哲学――「入試問題」で東洋思想に入門する』(2020年、NHK出版新書)

 Ian Tyson

markrock2010-11-26

/ Ol’ Eon ( A&M SP-9017 / 1973 )


今日、ふと気がつくとアクセスが20万を超えていた。本当に重箱の隅のようなブログでありながら、見ていただいている方がいるのだと思うととても嬉しい。一時期やめようかと思ったこともあるけれど、読んでくれる方が1人でもいる限り、続けていこうと思う。今後とも宜しくお願いいたします。


さて、SSWものを聴き込んだ向きには、70年代のどこでリリースされた盤であるか、ジャケットの質感だけでも、まして音を聴いたならば、誤差1年くらいで予想できるのではあるまいか。同好の友人もそんな勘を持っている。この盤は今日レコード屋で手にとって、1972年と踏んだけれど、1年ずれていた。


これはイアン・タイソンがカナダでレコーディング&リリースした初めてのソロ・アルバム。イアンと言えば、ニール・ヤングもカバーしたモダン・フォークの名曲”Four Strong Winds”を作り、歌っていたイアン&シルビアの片割れ。カントリー・ロック・ファンにはベアズヴィル録音の名作グレイト・スペックルド・バードでも知られたところ。こちらの盤もアレンジはイアン・タイソン&グレイト・スペックルド・バード名義になっているけれど、メンバーはギターのレッド・シア、スティールのピー・ウィー・チャールズにしてもあのベアズヴィル盤とは違っている。単にイアンのバックバンドに名付けた名前なのだろう。コーラスにはシルヴィアも参加しているがそれほど目立たない。プロデュースはアダム・ミッチェル。


さて、中身は大らかなカントリー・サウンドが実に心地良い。カントリーと言っても、ロック世代のカントリーといった風情が堪らない。ざっくりとしたアコギに始まる自伝的な作品”Blueberry Susan”なんて最高!パキパキしたギターも滑り込んできて。


B面もとにかく良い雰囲気。ポップで分厚いコーラスの入る"Love Can Bless The Soul of Anyone"は素晴らしい。カナダの大地を思い浮かべながら聴く、迫力のあるサウンド。70年代のフォーク、カントリーを愛する人なら、最高の気分になれるはず。よし、もう一杯珈琲を飲もう。