いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

f:id:markrock:20200521020444j:image
f:id:markrock:20190212212337j:image
[NEW!!]11月15日発売のレコードコレクターズ12月号に加奈崎芳太郎『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(明月堂書店)の書評が載りました。
f:id:markrock:20200521021219j:image
[NEW!!]編集・ライターを担当した加奈崎芳太郎著『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(エルシーブイFM「加奈崎芳太郎のDIG IT!!」書籍化)が2019年8月に発売されました。
●加奈崎芳太郎著・桑畑恒一郎写真
●定価:本体3000円+税
●A5判(上製)416頁

詳細はココをクリック
注文はココをクリック
【メディア掲載】
『毎日新聞』2019年10月3日掲載 「元「古井戸」加奈崎芳太郎さんが本出版 音楽活動50周年の集大成」
詳細はココをクリック
『長野日報』2019年9月25日掲載 「音楽文化で伝える戦後 パーソナリティのFM番組まとめ 加奈崎さん書籍刊行」
極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。
『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年9月発売!!
●石浦昌之著
●定価:本体2500円+税
●A5判(並製)384頁

詳細はココをクリック
注文はココをクリック
【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック
【ブックガイド掲載】
斎藤哲也『もっと試験に出る哲学――「入試問題」で東洋思想に入門する』(2020年、NHK出版新書)

山本コウタロー 

markrock2007-01-18

/ 卒業記念 ( Victor / 1972 )


ビクターSF(ソウルフィット)レーベルの諸作品がCD化されている。昨年『SFアンソロジーと言うオムニバス3枚組でさわりだけは楽しめたものが、単体で、色々と。このレーベル、「チェリッシュ」の”なのにあなたは京都へゆくの”や”放送禁止歌”で御馴染み山平和彦のバックバンドだった「マイペース」の”東京”なんかのヒットから歌謡フォークのイメージがあったのだが、実際はインディーズのURCもの(金延幸子五つの赤い風船岡林信康)を流通させたりと良質のフォーク・ロック作品を数多くリリースしていた。その他では”教訓Ⅱ”の「なぎらけんいち」、「高石友也」、”ダンシング・オールナイト”の9年前のニュー・ロックな「もんたよしのり」、金森幸介の「都会の村人」、「頭脳警察」、松本隆-筒美京平作品を歌っていた再デビュー前の「アルフィー」などなど。そうそう、はっぴい大滝フォロワーとして最優秀賞をあげたくなる「武部行正」や、はっぴいえんど時代の松本隆が全曲の作詞を手がけたヒロ柳田の「サンズ・オブ・サン」(”乱れ髪”の曲違いを含む)なんかもあった。ううむ凄い顔ぶれ。


サンズ・オブ・サンとか武部盤は既にCD化されていたものだが、今回取り合えず目新しくも買ったのは山本コウタロー『卒業記念』。レコードは結構高い。なぜならこの盤、歌謡臭皆無でアメリカの香り一杯の好フォーク/カントリー・ロック盤で、2曲では はっぴいえんどがバッキングを務め、その他の楽曲でもはちみつぱい勢、五つの赤い風船勢、武蔵野タンポポ団の若林純夫、吉田美奈子なんかがガッチリサポート。コウタローの頼りないボーカルもここではそれほど気にならない。


山本コウタローは”走れコウタロー”や”ハナゲの唄”で有名なコミック・カレッジ・フォークバンド「ソルティ・シュガー」のメンバー。ソルティ・シュガーはメンバーの佐藤敏夫(砂糖と塩)から名付けられたもの。解散後の奇跡のソロがコレ。大学教授になってしまった今からは想像も出来ないが、当時の雑誌を見てみるとフォーク界では相当の人気者だった彼。よくぞコレだけの面子を集めたもの。若林純夫とのギターデュオで聴かせるA-1”僕を郵便で”からスタート。いい感じ。はちみつぱいバックのA-2”もう一度”はスローな弾き語りフォーク・ロック。渋い!岡林よりも良いのでは、と思ってしまう。ロックンロールA-3”好きよ好きよ郵便屋さん”ははっぴいえんどのリズム隊が。鈴木茂のチャックベリー風ソロが良い。さらにテナー・サックスが入っているのが珍しくもなかなか面白い。はっぴいのメンバーにはロカビリー三人男との共演盤もあるのだが、アマ時代は相当ロックンロールやオールディーズものを演っていたはず。その雰囲気です。A-4”早川義夫さんに捧げる唄”はそんなに辛辣なものではなく、廃業した早川賛美歌。はっぴいえんどをバックにしたディランっぽいフォーク・ロック。A-5”1972年6月26日 晴”はよしだたくろう六文銭四角佳子との結婚を羨ましがってみる一曲。小室等よしだたくろう南こうせつとの仲良しっぷりが伝わってくるのだが、それより何より、はちみつぱいのバッキング(ベース・ギターの絡みなどタマラナイ)とカントリーなコーラスが最高。イヤほんとこの盤ヤバイです。


さらにB-1”かすみ草”はS&Gっぽい繊細なフォーク、B-2”人生は旅だよ”はムッシュの”どうにかなるさ”収録のかまやつひろし アルバムNo.2』を髣髴とさせるカントリー。スティールがなかなかいい味。B-3”ヘイの高い家”はバンドの”The Weight”の雰囲気のドラムス。これはカシブチ哲郎。はちみつぱいのバンド好きが伝わってくる。B-4”ボクは二人の船長さん”は優しげな歌声が後のコウタロー作品を思わせる。B-5”早く春が来ないかしら”はワルツ調のフォークだが、コレは日本のフォーク臭が漂ってくるのでこの盤の流れからするとイマイチ。しかしラストははっぴいえんどバックの好曲!B-6”今日は一日”。鈴木茂のギターがやはり良い。最近BS「フォークの達人ブレッド&バター回で久々に鈴木のギタープレイを耳にしたが、良い意味で変わっていなかった!ギター小僧がそこにいました。


ヒット曲がないという点ではとても地味な盤ながら、拓郎・陽水・かぐや姫前夜にはアメリカの影響を素直に反映させた時代に残る名盤が残されていたと改めて気づく。ところでコウタロー、その後ウィークエンドで”岬めぐり”の大ヒットを飛ばす。そうした歌謡フォークはそれはそれで悪くないのだが、ただし要注意。ウィークエンドにも”虹を下さい”という捨て難い一曲がある。


同名アルバムのタイトル曲だが、編曲は松任谷正隆山下達郎、コーラスはシュガーベイブ!という一品。元ピピ&コットの丸山圭子の大ヒット曲 ”どうぞこのまま” を収録した良盤『黄昏めもりい』と共に、シュガーベイブが参加している数少ないニューミュージック作品。"虹を下さい"はウィークエンドのベスト盤にも収録されているのだが、どうもミックスの際にコーラスが奥まってしまっているような気も。レコードでは、シュガーベイブの分厚いゴスペルっぽいコーラスがコウタローの貧弱なボーカルを完全に食ってしまっている、鳥肌の仕上がり!昨年『虹を下さい』がCD化されたのだが、そのCDでのミックスは未確認。