いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

f:id:markrock:20190212212337j:image
[NEW!!]極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。 『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年9月発売!! ●石浦昌之著 ●定価:本体2500円+税 ●A5判(並製)384頁
詳細はココをクリック
注文はココをクリック

【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック

Merry Clayton

markrock2009-06-04

/ Same ( Ode / 1971 )


ロッキンオン、と言うと個人的には中身のフォントが嫌い、という理由で全く興味の無い雑誌の内の1つなのだが、清志郎追悼号は買いました。初めてでこれが最後となるであろうロッキンオン購入。まあRCと渋谷の仲を考えても名編集だ、とコレばかりは思う。


さて、メリー・クレイトンのOdeからの3枚がCD化された。コレは待望、という方も多いのでは。LPでは近年そこそこの値がついていたし。この中で1枚選ぶとすればこの2枚目か。プロデュースはもちろんLou Adler。71年リリースと言う時代から考えるといわゆるニューソウルという括りになるのだろうけれど。Bill WithersやLeon Wareのカバーも1曲ずつ入っているし。白が黒に迫った盤も多くあるが、こちらは黒が白に迫っている出来が素晴らしい。何しろ冒頭A-1が”Southern Man”なんだから。南部の人種差別を告発したニール・ヤングの名曲をメリーが歌うんだから説得力がないはずがない。演奏がまた素晴らしく、ギターのDavid T.WalkerとベースのWilton Felderは不動。そこにキーボードのBilly PrestonJoe Sample、Jerry Petersなんかが絡むのだから堪らない。A-2”Walk On In”、A-3”After All This Time”、B-2”Same Old Story”の3曲にはOdeのレーベルメイトであるCarole Kingが楽曲提供および演奏で参加。A-2はキャロルのデモをなぞっていることが声色からも良く判る。個人的にはお気に入り。この3曲は裏『MUSIC』、裏『Fantasy』と言った感覚で聴いてしまう。M-5”Song For You”のカバーは本盤の親しみやすさを高めている。ジャジーなテイストが良い。Billy Prestonらしいゴスペル・ライクなA-5”Sho’Nuff”は一番メリーのヴォーカルに似合っている。B-1”Steamroller”はElvisもカバーしたJT楽曲。ヒットしたダーティ・ダンシングサントラのライブ盤でMerryが歌っていた。ちなみにその盤、オールディーズ・リメイク風で悪くない。


まあでもキャロルの3曲+Southern Manに尽きる盤という気もした。