いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

f:id:markrock:20200521020444j:image
f:id:markrock:20190212212337j:image
[NEW!!]11月15日発売のレコードコレクターズ12月号に加奈崎芳太郎『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(明月堂書店)の書評が載りました。
f:id:markrock:20200521021219j:image
[NEW!!]編集・ライターを担当した加奈崎芳太郎著『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(エルシーブイFM「加奈崎芳太郎のDIG IT!!」書籍化)が2019年8月に発売されました。
●加奈崎芳太郎著・桑畑恒一郎写真
●定価:本体3000円+税
●A5判(上製)416頁

詳細はココをクリック
注文はココをクリック
【メディア掲載】
『毎日新聞』2019年10月3日掲載 「元「古井戸」加奈崎芳太郎さんが本出版 音楽活動50周年の集大成」
詳細はココをクリック
『長野日報』2019年9月25日掲載 「音楽文化で伝える戦後 パーソナリティのFM番組まとめ 加奈崎さん書籍刊行」
極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。
『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年9月発売!!
●石浦昌之著
●定価:本体2500円+税
●A5判(並製)384頁

詳細はココをクリック
注文はココをクリック
【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック
【ブックガイド掲載】
斎藤哲也『もっと試験に出る哲学――「入試問題」で東洋思想に入門する』(2020年、NHK出版新書)

You Heard It Here First! ( ace CDCHD / 2008 )

markrock2008-12-20



なかなか良いコンピ。有名曲の意外なオリジナルヴァージョンを集めたもの。オールディーズファン御用達のエースより。個人的にはマーク・ジェイムス版M-2”Suspicious Minds”が聴きたかった。ライナーによると、セプター・レコードよりチップス・モーマンのプロデュースでリリースされたもので、クレジットの“Francis Zambon”とはジェイムスの本名らしい。エルヴィス版も同じスタジオで同布陣で録られたもので、アレンジは近い。他にも、ジェイムス・ブラウンの「I Feel Good〜」知られる”I Got You”のオリジナル、イヴォンヌ・フェアの”I Found You”とか、マインドベンダーズ”A Groovy Kind of Love”のダイアン&アニータ版、”Go Now”のベッシー・バンクス版、”This Diamond Ring”のサミー・アンブローズ版とか、痒いところに手が届く感じで。


フォーク系では”Ruby, Don’t Take Your Love To Town”のジョニー・ダレル版(ケニー・ロジャーズ&ザ・ファースト・エディション版に比べてアレンジが保守的で、ヒットしなかったのも当然かと)、キンググストン・トリオ版”Let’s Get Together”、イアン&シルビア版”You Were On My Mind”なんかも。リーヴスの”Hey Joe, Where You Gonna Go”も改めて聴くとやっぱりカッコイイ。


そうそう、シナトラ親娘や大滝&まりやも歌った”Something Stupid”のカーソン&ゲイル版を収録しているが、このオリジナルは正直知らなかった。しかもこれを作って歌うC カーソン・パークスはあのヴァン・ダイク・パークスの兄なのだとか。ちょっとこのLP欲しいかも。さらに、ロックンロールのルーツと目されているビル・ヘイリー&ヒス・コメッツの”Rock Around The Clock”。確かに、大衆の支持を得て認知されたロックンロールという点で言えばヘイリー版がオリジナルと言って差し支えないのかもしれないけれど、楽曲としてサニー・デイ&ザ・ナイツ版M-26が先んじていたとは。


他にも、有名なところではM-4”I Fought The Row”のクリケッツ版(ソニー・カーティスの作ですな)、レインドロップスのM-6”Hanky Panky”、ジョン.D.ラウダーミルクのM-10”Tabacco Road”とか。”ルイ・ルイ”だってキングスメン版がオリジナルだと思い込んでいたけれど、1957年にリリースされたリチャード・ベリー&ザ・ファラオスによるR&Bソングだったとは。全くもって驚かされる。色々勉強になると同時に、ヒットしなかったオリジナルヴァージョンの「何故」を考えてみることでヒット哲学にまで思索が及ぶ盤。