いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

f:id:markrock:20200521020444j:image
f:id:markrock:20190212212337j:image
[NEW!!] ohno tomokiとダニエル・クオンによるデュオ「x-bijin」初のアルバム『x-bijin』(2020年6月26日発売)、リリースインフォにコメントを書かせてもらいました。
詳細はココをクリック
11月15日発売のレコードコレクターズ12月号に加奈崎芳太郎『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(明月堂書店)の書評が載りました。
f:id:markrock:20200521021219j:image
編集・ライターを担当した加奈崎芳太郎著『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(エルシーブイFM「加奈崎芳太郎のDIG IT!!」書籍化)が2019年8月に発売されました。
●加奈崎芳太郎著・桑畑恒一郎写真
●定価:本体3000円+税
●A5判(上製)416頁
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
【メディア掲載】
『毎日新聞』2019年10月3日掲載 「元「古井戸」加奈崎芳太郎さんが本出版 音楽活動50周年の集大成」
詳細はココをクリック
『長野日報』2019年9月25日掲載 「音楽文化で伝える戦後 パーソナリティのFM番組まとめ 加奈崎さん書籍刊行」
極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。
『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年9月発売!!
●石浦昌之著
●定価:本体2500円+税
●A5判(並製)384頁
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック
【ブックガイド掲載】
斎藤哲也『もっと試験に出る哲学――「入試問題」で東洋思想に入門する』(2020年、NHK出版新書)

 Russ Giguere

markrock2008-12-14

/ Hexagram 16 ( Warner WS1910 / 1971 )


アソシエイションのギター・ボーカルだったラス・ギグア唯一のソロ作。西海岸の豪華なゲスト参加陣で有名な盤。


X-1”Now We Begun”は浮遊感のある、アコギで聴かせる曲。ギグアの作。X-2”Brother Speed”は、ラスと共にプロデュースを手がけるジョン・ボイランが作ったロックっぽい作。たいした曲ではない。X-3”Ridge Rider”はなんとジュディ・シルのカバー。ジュディ自身もギターで参加している。ハーブ・ペダースンだろうか、バンジョーの音色も聴こえる。ハーモニカが何ともいい感じに入る美メロ曲。X-4”My Plan”は、ビル・マーティン作。ラリー・ネクテルの荘厳なオルガンの音色に導かれて。聖歌隊のごときコーラスも凄い。ジェリー・イエスターがコーラスに加わっている模様。女声はクライディ・キング、メリー・クレイトン、ジュディ・ヘンスキらだろうか。詳しいクレジットがないので判然としない。GSキチな私は思わず”恋のドクター”かと思ってしまったが、X-5”In New Germany ”はラス作のロックンロール。こういう曲がポッと入ってくる雑多な感じがこの盤の掴み所を失わせている。


お次は裏面。X-4と同様ビル・マーティン作のY-1”Rosarita Beach Cafe”は、心和むフォーキーチューン。この曲と”Ridge Rider”でシングルが切られている。Y-2”Lover’s Prayer”はランディ・ニューマン作のロッキンソウル。Y-3”Let It Flow”のクレジットを見ると、ジム・スフィーリスの名が。言わずと知れたダウナーなSSW、ジミー・スフィーリスの佳曲。彼のファーストに含まれている曲だが、こちらが初出か。スフィーリスはデヴィッド・クロスビーに匹敵する才能を持っていると個人的には思っているのだが、早逝が惜しまれる。Y-4”Shop Around”はスモーキー・ロビンソン&ザ・ミラクルズのカバー。ラスはこういったソウルものを好んでいたと思われる。ラストはアル・キャップスがオーケストレーションを手がけたドラマティックなY-5”Pegasus”。作ったのはアソシエイション仲間のジュールズ・アレクサンダー。


その他、参加陣を挙げておくと、バーニー・リードン、ボビー・ウォマック、ベン・ベネイ、バディ・エモンズ、スプーナー・オールダムバド・シャンク、クレイグ・ドージ、ジム・ケルトナー、ラス・カンケル等等。この時代だからこそ作り得た作。