いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

f:id:markrock:20201004210812j:image'>
[NEW!!]『哲学するタネ】――高校倫理が教える70章』【西洋思想編1】【西洋思想編2】が2020年10月20日に2冊同時刊行!!。
『哲学するタネ】――高校倫理が教える70章』【西洋思想編1】【西洋思想編2】2020年10月20日発売
●石浦昌之著
●定価:西洋思想編1 本体2000円+税(A5判 330頁)(明月堂書店)
注文はココをクリック
●西洋思想編2 本体1800円+税(A5判 300頁)(明月堂書店)
注文はココをクリック
f:id:markrock:20201004205325j:image
[NEW!!]2020年7月31日発売『URCレコード読本』(シンコー・ミュージック・ムック)に寄稿しました(後世に残したいURCの50曲 なぎらけんいち「葛飾にバッタを見た」・加川良「教訓1」・赤い鳥「竹田の子守歌」、コラム「高田渡~永遠の「仕事さがし」」)。
詳細はココをクリック
購入はココをクリック
f:id:markrock:20200802143148j:image
ohno tomokiとダニエル・クオンによるデュオ「x-bijin」初のアルバム『x-bijin』(2020年6月26日発売)、リリースインフォにコメントを書かせてもらいました。
詳細はココをクリック
11月15日発売のレコードコレクターズ12月号に加奈崎芳太郎『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(明月堂書店)の書評が載りました。
f:id:markrock:20200521021219j:image
編集・ライターを担当した加奈崎芳太郎著『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(エルシーブイFM「加奈崎芳太郎のDIG IT!!」書籍化)が2019年8月に発売されました。
●加奈崎芳太郎著・桑畑恒一郎写真
●定価:本体3000円+税
●A5判(上製)416頁(明月堂書店)
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
f:id:markrock:20200521020444j:image

【メディア掲載】
『毎日新聞』2019年10月3日掲載 「元「古井戸」加奈崎芳太郎さんが本出版 音楽活動50周年の集大成」
詳細はココをクリック
『長野日報』2019年9月25日掲載 「音楽文化で伝える戦後 パーソナリティのFM番組まとめ 加奈崎さん書籍刊行」
極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。
『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年10月10日発売
●石浦昌之著
●定価:本体2500円+税
●A5判(並製)384頁(明月堂書店)
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
f:id:markrock:20201004211116j:image

【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック
【ブックガイド掲載】
斎藤哲也『もっと試験に出る哲学――「入試問題」で東洋思想に入門する』(2020年、NHK出版新書)

Ronnie Hawkins 

markrock2010-11-21

/ The Hawk ( United Artists / 1979 )


ザ・バンドの面々がホークスという名で、このカナダのローカルなロックンロール歌手のバックバンドを務めていたのは有名な話だ。ホーキンスに対するメンバーの気持ちは複雑なモノを含んでいたようだけれど、それも親から独立する子のような気持ちだったことだろう。


さて、1979年にリリースされた本作はロニーが久々にメジャーシーンに登場した作と考えて良い。いまだに良くLPを中古盤屋で見かけることからしても、そこそこは売れたんじゃないかな。ちょうどザ・バンド『ラスト・ワルツ』を残して解散し、ロックはその使命を一旦終えようとしていた時代。


自身の名前と共にそのかつてのバックバンドを思わせるタイトルの本作、かつてのバンドメンバーだったガース・ハドソンや、リック・ダンコの弟のテリー・ダンコが参加している。その他にも、ジェイムス・バートン、ポール・バターフィールド、ワディ・ワクテル、キース・アリスン(プロデューサー)、マーク・リンゼイ(コーラスで!)が参加。


ここで聴いているのはCD化されたもの。予想以上に音が良かったのでこれは悪くないな。実にリラックスしたセッションの雰囲気の中、相変わらずの老ロックンローラーっぷりを聴かせてくれる。割とカントリー・タッチのものも含まれていて、出来がよい。ドン・ウィリアムスの初ヒットを取り上げた”Shelter of Your Eyes”辺りが気に入った。”Blue Moon Of Kentucky”なんかはエルヴィス・イミテイターだったロニーの面目躍如かな。ライナーには近年の姿も載っているけれど、ガース・ハドソンのような髭面!