いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

f:id:markrock:20200521020444j:image
f:id:markrock:20190212212337j:image
[NEW!!]11月15日発売のレコードコレクターズ12月号に加奈崎芳太郎『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(明月堂書店)の書評が載りました。
f:id:markrock:20200521021219j:image
[NEW!!]編集・ライターを担当した加奈崎芳太郎著『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(エルシーブイFM「加奈崎芳太郎のDIG IT!!」書籍化)が2019年8月に発売されました。
●加奈崎芳太郎著・桑畑恒一郎写真
●定価:本体3000円+税
●A5判(上製)416頁

詳細はココをクリック
注文はココをクリック
【メディア掲載】
『毎日新聞』2019年10月3日掲載 「元「古井戸」加奈崎芳太郎さんが本出版 音楽活動50周年の集大成」
詳細はココをクリック
『長野日報』2019年9月25日掲載 「音楽文化で伝える戦後 パーソナリティのFM番組まとめ 加奈崎さん書籍刊行」
極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。
『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年9月発売!!
●石浦昌之著
●定価:本体2500円+税
●A5判(並製)384頁

詳細はココをクリック
注文はココをクリック
【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック
【ブックガイド掲載】
斎藤哲也『もっと試験に出る哲学――「入試問題」で東洋思想に入門する』(2020年、NHK出版新書)

Burt Bacharach

markrock2008-02-17

/ Live in Japan ( 1971 )


行って参りました!フル・オーケストラにてバート・バカラック11年ぶりの来日公演。御歳80歳を迎えんとするポップス界のレジェンド。旧年来の友人と当日券狙いにて拝みに行くことを決意。


チケットを無事入手し、国際フォーラムに着くなり、隣を見ると高嶋政伸が普通にチケを買って見に来ている。うーん、さすがバカラック、と思い入場すると今度は高橋幸宏が。ヤハリ大御所は違う。


さて、銀髪の紳士と言ったいでたちのバートはステージでは動きを見せて元気な感じ。殆どの曲でドナ・テイラー、ジョシー・ジェイムズ、ジョン・パガーノがボーカルを務める。前二者は黒人女性歌手で可もなく不可もなくと言った感じ。とは言えカナリ上手いのだけれども。一方ジョン・パガーノは1992年に自身の名を冠した盤でデビューした人物で、個人的にはバートの2006年作『At This Time』から気になっていた男性歌手。個人的にはブラックだと踏んでいたのだが、立派なブルーアイドでなんともビックリ。ディープな素晴らしい喉。ブリル・ビルディングを描いた映画Grace Of My Heartに収録されたコステロとの共演”God Give Me Strength”の素晴らしさと言ったら…ちなみにこの曲、映画でのみ聴ける主演女優のVoを吹き替えたクリスティン・ヴィガードのヴァージョンだが、最近映画曲のコンピ『LOVE SCENE Romantic Movie Music』(1999)に収録されていることに気付く。難しい曲なのに全くもって良く歌えているのに驚いた。


さて、ライブの中身はと言うと、お決まりのヒットメドレーでは、“ウォーク・オン・バイ”“サン・ホセへの道”から”ニューヨーク・シティ・セレナーデ”(まあコレはピーター・アレンもメロを部分的に書いてるけど)まで、たっぷりと名曲の数々を披露。個人的には、大好きなジーン・ピットニーの”リバティ・バランスを撃った男”が聴けたのが嬉しかった。ただし、バートのメドレー中心のライブスタイルを知らないファンは、もう終わっちゃうの?ってな感じでガッカリしてしまったかも。まあでも彼のヒット曲を一から演ってたら4時間でも足りないというもの。一方、自らが歌詞を書き、強烈なブッシュ批判を聴かせた2006年の新作からのナンバーはフルで披露。また、子供たちのために、と題した新曲(インスト)も披露してくれた。後者は「まだまだ出来たばかりで演奏がこなれてないんだ」なんて可愛いことを言ったりして、それが初々しくもあって。懐メロに終わらず、新境地を聴かせんとする積極的な姿勢にロックを感じたのだ。


それにしても本当に趣味のいい音楽。映画との親和性の高さも理解できる。


”雨にぬれても”や”アルフィー”でのバート自身が聴かせる味わい深いヴォーカル、これは何者にも代え難かった。でも、大分声がしわがれたようにも感じて、「流石に歳かな?」とも思い、帰宅後、愛聴盤『Live In Japan』(1971年の厚生年金会館の音)を確認。”雨にぬれても”の自演を聴いてみたのだが、あんまり変わってないっすね。


P.S.ゲスト・シンガーとしてオランダのシンガー、トレインチャが2曲歌ったのだが、彼女もなかなかの歌い手。バカラック曲集を2枚出しているので、チェックする価値アリ。私は即注文いたしました。




セットリスト
1.What The World Needs Now is love

Record Medley 1
2.Don't Make Me Over
3.Walk On By
4.This Guy's ln Love With you
5.I Say A Little Praye
6.Trains and Boats and Planes
7.Wishin’& Hopin’
8.(There's)Always Something There To Remind Me

Record Medley 2
9.One Less Bell To Answer
10.I'll Never Fall In Love Again
11.Only Love Can Break A Heart
12.Do You Know The Way To San Jose
13.Anyone Who Had A Heart
14.Heart Light
15.God Give Me Strength

Beginnings Med1ey
16.Magic Moments
17.Story of My Life
18.The Blob
19.Tower Of Strength

20.Go Ask Shakespeare
21.ln Our Time
22.(They Long To Be)Close To You
23.For The Children

24.Falling Out of Love
25.Who'll Speak For Love
26.The Look of Love
27.Arthur's Theme
28.What's New Pussy Cat
29.The World ls A Circle
30.April fools
31.Rain Drops Keep Fallin On My Head
32.The Man Who Shot Liberty Velance
33.Making Love
34.Wives&Lovers
35.Alfie
36.A House ls Not A Home
37.That's What Friends Are For

Encore
38.Any Day Now
39.What The World Needs Now is love
40.Rain Drops Keep Fallin On My Head