いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

f:id:markrock:20190212212337j:image
[NEW!!]2020年7月31日発売『URCレコード読本』(シンコー・ミュージック・ムック)に寄稿しました(後世に残したいURCの50曲 なぎらけんいち「葛飾にバッタを見た」・加川良「教訓1」・赤い鳥「竹田の子守歌」、コラム「高田渡~永遠の「仕事さがし」」)。
詳細はココをクリック
購入はココをクリック
f:id:markrock:20200802143148j:image
[NEW!!] ohno tomokiとダニエル・クオンによるデュオ「x-bijin」初のアルバム『x-bijin』(2020年6月26日発売)、リリースインフォにコメントを書かせてもらいました。
詳細はココをクリック
11月15日発売のレコードコレクターズ12月号に加奈崎芳太郎『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(明月堂書店)の書評が載りました。
f:id:markrock:20200521021219j:image
編集・ライターを担当した加奈崎芳太郎著『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(エルシーブイFM「加奈崎芳太郎のDIG IT!!」書籍化)が2019年8月に発売されました。
●加奈崎芳太郎著・桑畑恒一郎写真
●定価:本体3000円+税
●A5判(上製)416頁
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
f:id:markrock:20200521020444j:image

【メディア掲載】
『毎日新聞』2019年10月3日掲載 「元「古井戸」加奈崎芳太郎さんが本出版 音楽活動50周年の集大成」
詳細はココをクリック
『長野日報』2019年9月25日掲載 「音楽文化で伝える戦後 パーソナリティのFM番組まとめ 加奈崎さん書籍刊行」
極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。
『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年9月発売!!
●石浦昌之著
●定価:本体2500円+税
●A5判(並製)384頁
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック
【ブックガイド掲載】
斎藤哲也『もっと試験に出る哲学――「入試問題」で東洋思想に入門する』(2020年、NHK出版新書)

Kenny Rankin

markrock2008-03-03

/ Mind Dusters ( 1968 )


最近どうも余裕がなく。ケニー・ランキンのライブに行ったのも先週の日曜か…


個人的にはブルーノートで1回、昨年コットン・クラブで観ているから今回で3回目となる生ケニー。今回はウッドベースもナシの弾き語り。今年で68歳を迎えるとは思えぬ歌声に酔いしれた。


殆んどマイクの気配を感じないナチュラルなセッティングで愛用のクラシック・ギター、ピアノを持ち替え、歌う。1曲目は1st『Mind Dusters』より、”Mr.Tambourine Man”を披露したので一寸ビックリ。彼はディランの『Bringing It All Back Home』にギターで参加しているのだが、だからと言うより、初期作品を含む7作が紙ジャケでリマスターされたことに合わせた選曲だろう。他に珍しいところでは『Silver Morning』のタイトル曲をピアノ弾き語りで聴かせたり。その他は”Blackbird”、”In The Name Of Love”、”Peaceful”、”Penny Lane””Why Do Fools Fall In Love”、”Birembau”、”Heven’t We Met”といったベスト選曲。 『A Song For You』に収録されているセロニアス・モンクの”Round Midnight”なんかも良かったし。なんと言ってもアンコール後のラスト、アカペラ・マイクなしでの”Because of You”には痺れた。


ケニーの作品を1作目から聴いていくと、声にしても、楽曲の解釈にしても研ぎ澄まされていく様子がわかる。彼自身もそうした進化に自覚的なのか、再演モノも多い。『Silver Morning』がそのキャリアの頂点と言う人も多いのだけれど、個人的には1991年発売のボトムラインでのライブ盤だと思う。一聴すれば判るハズ。



とは言え、この1作目『Mind Dusters』だって十分個性的だし魅力的。”Mr.Tambourine Man”をこんな形で解釈してた同時代人はいない。自作の”Peaceful”だって奇跡の名曲だし。


ところで、その”Peaceful”をヒットチャートに載せているのはジョージイ・フェイム。彼、ベン・シドランと共に、ケニーと同じハコに来日するそうなのだが、行くべきかどうか。