いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

f:id:markrock:20201004210812j:image'>
[NEW!!]評論家・映画監督の切通理作さんが店主を務める阿佐ヶ谷・ネオ書房の読書会を開催します。
哲学を学び直したい人のために ネオ書房【倫理教師・石浦昌之ライブ読書会】 12月20日(日) 18時半開場 19時開演 高校倫理1年間の授業をまとめた新刊『哲学するタネ 西洋思想編①』(明月堂書店)から、西洋哲学の祖、ソクラテスを取り上げます。 内容 ◆ フィロソフィア(愛知)とは? ◆「無知の知―汝自身を知れ」 ◆問答法はディアロゴス(対話)の実践 ◆「徳」とは何か? ◆プシュケー(魂)への配慮 ◆善く生きることとは? 入場料1200円 予約1000円  予約kirira@nifty.com
[NEW!!]『哲学するタネ】――高校倫理が教える70章』【西洋思想編1】【西洋思想編2】が2020年10月20日に2冊同時刊行!!。
『哲学するタネ】――高校倫理が教える70章』【西洋思想編1】【西洋思想編2】2020年10月20日発売
●石浦昌之著
●定価:西洋思想編1 本体2000円+税(A5判 330頁)(明月堂書店)
注文はココをクリック
●西洋思想編2 本体1800円+税(A5判 300頁)(明月堂書店)
注文はココをクリック
f:id:markrock:20201004205325j:image
[NEW!!]2020年7月31日発売『URCレコード読本』(シンコー・ミュージック・ムック)に寄稿しました(後世に残したいURCの50曲 なぎらけんいち「葛飾にバッタを見た」・加川良「教訓1」・赤い鳥「竹田の子守歌」、コラム「高田渡~永遠の「仕事さがし」」)。
詳細はココをクリック
購入はココをクリック
f:id:markrock:20200802143148j:image
ohno tomokiとダニエル・クオンによるデュオ「x-bijin」初のアルバム『x-bijin』(2020年6月26日発売)、リリースインフォにコメントを書かせてもらいました。
詳細はココをクリック
11月15日発売のレコードコレクターズ12月号に加奈崎芳太郎『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(明月堂書店)の書評が載りました。
f:id:markrock:20200521021219j:image
編集・ライターを担当した加奈崎芳太郎著『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(エルシーブイFM「加奈崎芳太郎のDIG IT!!」書籍化)が2019年8月に発売されました。
●加奈崎芳太郎著・桑畑恒一郎写真
●定価:本体3000円+税
●A5判(上製)416頁(明月堂書店)
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
f:id:markrock:20200521020444j:image

【メディア掲載】
『毎日新聞』2019年10月3日掲載 「元「古井戸」加奈崎芳太郎さんが本出版 音楽活動50周年の集大成」
詳細はココをクリック
『長野日報』2019年9月25日掲載 「音楽文化で伝える戦後 パーソナリティのFM番組まとめ 加奈崎さん書籍刊行」
極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。
『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年10月10日発売
●石浦昌之著
●定価:本体2500円+税
●A5判(並製)384頁(明月堂書店)
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
f:id:markrock:20201004211116j:image

【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック
【ブックガイド掲載】
斎藤哲也『もっと試験に出る哲学――「入試問題」で東洋思想に入門する』(2020年、NHK出版新書)

 サディスティック・ミカ・バンド プロモーションビデオ撮影会( 2006.8.30六本木ヒルズアリーナ )

markrock2006-08-31



大学時代の友人からサプライズなお誘い。キリンラガーのCMで話題になったミカバンド再結成だが、なんとそのプロモビデオ撮影会のチケットが当たったとの事。これは行かないわけにはいかない!

はしだのりひこの代役として坂崎幸之助を迎えたザ・フォーク・クルセダース(フォークル)再結成以降、回帰モードに入っている加藤和彦だが、そのクリエイティビティはあくまで前向き。何より、裏方が長かったこともあり再び前線に出て来て欲しい加藤ファンは諸手を挙げて歓喜しているのでは。一番偉大でありながら、現在若い層に知名度が無いのはきっと加藤さんだろうから。

会場に入ると、木村カエラ目当ての女子中学生〜おやじファンから、高中目当ての熟女ファンまで、まあ老若男女が大集結。目と鼻の先に登場したミカバンドの面々のオーラは凄い。カッコイイ。木村カエラ加藤和彦高中正義小原礼高橋幸宏…。グーの音も出ず。

歌ったのは10月25日発売の新譜『NARKISSOS(ナルキッソス)』より、松山猛-加藤和彦コンビの” 私はBig Bang Bang”。演奏は7回。もちろんプロモ撮影ですから口パクであったりもするんですが、往年のミカバンドの音。懐かしいポップでゴキゲンな70’sロックンロールに仕上がってました。木村カエラの歌が弾けていて相当いい。ちっちゃな体で物怖じせず歌いこなす。ちなみに一応ご丁寧にもサディスティック・“ミカエラ”・バンド名義になってます。高中さんはファンサービス旺盛なのか弾きたがりなのか、”タイムマシンにお願い”のイントロを何度も奏でてくれて、それに応じてメンバーが一度だけ演奏したのだが、やばいです。ミカエラ・バンドでツアー回るなら行かねば!と即決。あと、"帰ってきたヨッパライ"、"黒船"を弾きだしたり、ゲス・フーの"American Woman"のランディ・バックマンのギターソロを弾きだしたり。そういう"気分"なんでしょうね。

ミカバンドと言えば、ロキシー・ミュージックの前座としてイギリスでも大絶賛されたり、ピンク・フロイドを手がけたクリス・トーマスがプロデュースに乗り出したり、高い演奏力とミカさんの魅力で世界的にも受け入れられたバンド。レノンのプラスティック・オノ・バンドをもじったバンド名は加藤らしいユーモア。最終的にはクリス・トーマスとミカさんがくっ付いてしまい、解散したが、その後のメンバーの活躍はご存知の通り。つのだひろや後藤次利も在籍していた。『パッチギ』の縁もあり井筒監督が現在映画も作ってます。


http://columbia.jp/smb/