いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

f:id:markrock:20200521020444j:image
f:id:markrock:20190212212337j:image
[NEW!!]11月15日発売のレコードコレクターズ12月号に加奈崎芳太郎『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(明月堂書店)の書評が載りました。
f:id:markrock:20200521021219j:image
[NEW!!]編集・ライターを担当した加奈崎芳太郎著『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(エルシーブイFM「加奈崎芳太郎のDIG IT!!」書籍化)が2019年8月に発売されました。
●加奈崎芳太郎著・桑畑恒一郎写真
●定価:本体3000円+税
●A5判(上製)416頁

詳細はココをクリック
注文はココをクリック
【メディア掲載】
『毎日新聞』2019年10月3日掲載 「元「古井戸」加奈崎芳太郎さんが本出版 音楽活動50周年の集大成」
詳細はココをクリック
『長野日報』2019年9月25日掲載 「音楽文化で伝える戦後 パーソナリティのFM番組まとめ 加奈崎さん書籍刊行」
極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。
『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年9月発売!!
●石浦昌之著
●定価:本体2500円+税
●A5判(並製)384頁

詳細はココをクリック
注文はココをクリック
【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック
【ブックガイド掲載】
斎藤哲也『もっと試験に出る哲学――「入試問題」で東洋思想に入門する』(2020年、NHK出版新書)

Sonny & Cher

markrock2006-05-26

/ All I Ever Need Is You ( Kaap KS3660 / 1972 )


失礼ながら不釣合いな夫婦だなあと思う。音楽界ではキャリアも長く、後に市長さんにまでなっちゃうオッサン、ソニー・ボノと、エキゾチックな絶世の美女のシェールですか。ううん、不思議。

このレコは最近入手したもののの内の一つ。デュオとしては後期のもので、大ヒットしたタイトル曲A-1”All I Ever Need Is You”が売りの一枚だが、気になるのはA-3”More Today Than Yesterday”のカバー。オリジナルよりもテンポアップして、スウィンギーに歌い放つ快唱!元はスパイラル・ステアケース、パット・アプトン一世一代の名曲だが、他にもこの曲にはモータウン時代のKiki Deeのカバーなんかがある。パット・アプトンはスパイラル・ステアケース解散後、生前のリッキー・ネルスンのツアーバンドのバックボーカリストとして活躍していた。ネルスンのアルバムにもクレジットを発見できる。

その他だと70年代初頭にとりわけ勢いがあったマコウレイ/クック/グリーナウェイ・ソング、A-3”Here Comes That Rainy Day Feeling”やA-4”Crystal Clear / Muddy Water”が弾むようなソフトロック仕様で実に良い。ちなみにこの盤、プロデュースはスナッフ・ギャレット、アレンジはアル・キャップス! 快調なA面を裏返すと、全盛期を過ぎた平凡なBono作品が並び、音としてはある意味ソニー&シェールらしい。しかしその中でもA-4同様Linda Laurie作品B-2”I Love What You Did With The Love I Gave You”やB-4”We’ll Watch The Coming Up”はA面のソフトロックなノリを維持。でも、ここまでいくと個性は消えてしまっているとも言える。そう考えるとシェールのアルトが鳴り響くB-4”Somebody”なんかはしんみり感動する。それと共に、やはりデュオとしてというよりもソロとしての方が輝くであろうことに気づかされる。