いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

f:id:markrock:20201004210812j:image'>
[NEW!!]『哲学するタネ】――高校倫理が教える70章』【西洋思想編1】【西洋思想編2】が2020年10月20日に2冊同時刊行!!。
『哲学するタネ】――高校倫理が教える70章』【西洋思想編1】【西洋思想編2】2020年10月20日発売
●石浦昌之著
●定価:西洋思想編1 本体2000円+税(A5判 330頁)(明月堂書店)
注文はココをクリック
●西洋思想編2 本体1800円+税(A5判 300頁)(明月堂書店)
注文はココをクリック
f:id:markrock:20201004205325j:image
[NEW!!]2020年7月31日発売『URCレコード読本』(シンコー・ミュージック・ムック)に寄稿しました(後世に残したいURCの50曲 なぎらけんいち「葛飾にバッタを見た」・加川良「教訓1」・赤い鳥「竹田の子守歌」、コラム「高田渡~永遠の「仕事さがし」」)。
詳細はココをクリック
購入はココをクリック
f:id:markrock:20200802143148j:image
ohno tomokiとダニエル・クオンによるデュオ「x-bijin」初のアルバム『x-bijin』(2020年6月26日発売)、リリースインフォにコメントを書かせてもらいました。
詳細はココをクリック
11月15日発売のレコードコレクターズ12月号に加奈崎芳太郎『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(明月堂書店)の書評が載りました。
f:id:markrock:20200521021219j:image
編集・ライターを担当した加奈崎芳太郎著『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(エルシーブイFM「加奈崎芳太郎のDIG IT!!」書籍化)が2019年8月に発売されました。
●加奈崎芳太郎著・桑畑恒一郎写真
●定価:本体3000円+税
●A5判(上製)416頁(明月堂書店)
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
f:id:markrock:20200521020444j:image

【メディア掲載】
『毎日新聞』2019年10月3日掲載 「元「古井戸」加奈崎芳太郎さんが本出版 音楽活動50周年の集大成」
詳細はココをクリック
『長野日報』2019年9月25日掲載 「音楽文化で伝える戦後 パーソナリティのFM番組まとめ 加奈崎さん書籍刊行」
極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。
『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年10月10日発売
●石浦昌之著
●定価:本体2500円+税
●A5判(並製)384頁(明月堂書店)
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
f:id:markrock:20201004211116j:image

【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック
【ブックガイド掲載】
斎藤哲也『もっと試験に出る哲学――「入試問題」で東洋思想に入門する』(2020年、NHK出版新書)

John Fogerty

markrock2010-02-14

/ The Blue Ridge Rangers Rides Again ( FORTUNATE SUN/Verve Forecast / 2009 )


昨年紹介しそびれたジョン・フォガティの新作。CCR時代と全く変わらぬシャウトが怪物級な人。ウッドストックにも出てますからね。まだ現役感十分に演ってるのは凄いの一言。


さて、カントリーをトリビュートした1973年企画の焼き直しだが、ロック世代も満足させる選曲的にも今作の方が上。ジョン・プラインのM-1”Paradise”からスタート。ディレイニー&ボニーのM-2”Never Ending Song Of Love”は、ハーモニー・ボーカルをつけているハーブ・ペダースン自身、『Rice,Rice, Hillman & Pedersen』(1999)で歌っていた。そして注目すべきはドン・ヘンリー、ティモシー・シュミットというイーグルス勢がコーラス参加したリック・ネルスンのM-3”Garden Party”。オリジナルに忠実なアレンジは正解。ティモシーが、ポコ、イーグルス共に、リックのストーンキャニオンバンドにいたランディ・マイズナーの後釜として加入したというのは有名な話だけれど、そんなことも思い出しながら聴く。ドンとティモシーも少しリードをとるけれど、ドンにはキーが低すぎるかな。


ジョン・デンバーのM-5”Back Home Again”は正直意外。さらにブルース・スプリングスティーンエヴァリー・ブラザーズのM-12”When Will I Be Loved”を歌うと言うのもまた意外で。ジョン・フォガティっていうと個性がありすぎるからか、孤高の人って言うイメージがあったもので。


ジョンのオリジナルはブルージーなM-7”Change The Weather”1曲のみ。M-11”Haunted House”はロカビリー風味。エレキギターはその他も殆んど弾いているけれど、バディ・ミラー。


あと、改めて良いなあと思ったのはM-8”Moody River”。コレ、パット・ブーンの曲ですよね。家にあったブーンのベストを聴いてみたけど、軽妙なAメロから一転してマイナーに行く辺りが絶妙のサビだと感心してしまう。全くマークしていなかった。ウーン、全くルーツ色がないと思って聴いていたアメリカン・ポップスにもカントリーのビートが忍び込んでいることに初めて気付かされたのはリック・ネルスンだったわけだけど、今度はパット・ブーンですか。改めて一本取られたな、と。日々勉強です。