いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

f:id:markrock:20200521020444j:image
f:id:markrock:20190212212337j:image
[NEW!!]11月15日発売のレコードコレクターズ12月号に加奈崎芳太郎『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(明月堂書店)の書評が載りました。
f:id:markrock:20200521021219j:image
[NEW!!]編集・ライターを担当した加奈崎芳太郎著『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(エルシーブイFM「加奈崎芳太郎のDIG IT!!」書籍化)が2019年8月に発売されました。
●加奈崎芳太郎著・桑畑恒一郎写真
●定価:本体3000円+税
●A5判(上製)416頁

詳細はココをクリック
注文はココをクリック
【メディア掲載】
『毎日新聞』2019年10月3日掲載 「元「古井戸」加奈崎芳太郎さんが本出版 音楽活動50周年の集大成」
詳細はココをクリック
『長野日報』2019年9月25日掲載 「音楽文化で伝える戦後 パーソナリティのFM番組まとめ 加奈崎さん書籍刊行」
極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。
『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年9月発売!!
●石浦昌之著
●定価:本体2500円+税
●A5判(並製)384頁

詳細はココをクリック
注文はココをクリック
【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック
【ブックガイド掲載】
斎藤哲也『もっと試験に出る哲学――「入試問題」で東洋思想に入門する』(2020年、NHK出版新書)

Johnny Rivers

markrock2006-05-28

/ Not A Through Street ( Priority[CBS] /1983 )


全く期待できないAOR風味のジャケ。サマにもなっていない。しかも値段は20円。レコは金じゃないと思うが、それでもジョニー・リヴァース!と思い購入。おそるおそる聴いてみると、中身は意外にもむちゃくちゃ出来良し!クレジットはないが、ちゃんと生音してるし、60年代のソウルクラシックを、自然体リヴァース風に構築し直した感じ。曲目を言うと、サム・クックら A-2”A Change Is Gonna Come”、フォー・トップス A-3”Reach Out”、ベン.E.キング A-4”Stand By Me”、マーヴィン・ゲイ B-3”How Sweet It Is (To Be Loved By You )”、ディオン B-6”Golden Sun,Silver Moon”などなど。こういう音をもっとエグく作りこむとヒューイ・ルイス&ザ・ニュースみたいになるのではないだろうか。一応ソロはサックスだし。これがなんともエイティーズ!ソウルバラードでは、ラリー・ネクテルがデヴィッド・マイナーと共作したA-6”Believe In Me”なんてのも沁みてくる。元ブレッドのキーボーディストでもありS&G"明日に架ける橋"での崇高なピアノプレイでも知られるラリー・ネクテルですが、この曲、彼の1990年の2枚目のソロアルバムにも収録されてます。 B-1はLuther Ingram 1972年のヒット”Shelter In Time Of Storm”のカバーですが、この曲スティーヴン・スティルス1970年のヒット ”Love The One You’re With”にソックリですよね。ニューソウルに呼応したスティルスの名曲をサザンソウルの名ライターコンビ(Homer Banks、Carl Hampton、Raymond Jacksonですか)が頂いちゃったということなのか。実は共通の元ネタがあるとか、詳しい方は教えてください。

最近こうしたオールディーズのカバーものを見直している。やはり曲が良く出来ている。これだけ世の中に曲が溢れてくると、大滝詠一言うところの分母分子じゃないが、ビートルズに影響を受けたJポップバンドに影響を受けたアーティストの曲、みたいな薄められた楽曲ばかりが流布している気がする。なんか聴いたことあるな、という例が思いつくだけでも幾つか挙がってしまうほどに。別にビートルズを神格視・オリジナル視するわけでもない。彼らの音ですら、当時存在したあらん限りの音楽を剽窃して構築されたものであることは確かなのだ。しかし、であるにせよ、ビートルズに影響を受けたバンドに影響を受けて曲作って、大本のビートルズ超えられるんだろうかって話。まあそんなこと考えてると、曲を作るという行為自体が空しくなってもくるだろう。ということで、まあとり合えずはポップソングのマスターピース達、こいつらを掘り下げていかないといけません。まだまだ先は長いですが・・・。