いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

f:id:markrock:20200521020444j:image
f:id:markrock:20190212212337j:image
[NEW!!]11月15日発売のレコードコレクターズ12月号に加奈崎芳太郎『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(明月堂書店)の書評が載りました。
f:id:markrock:20200521021219j:image
[NEW!!]編集・ライターを担当した加奈崎芳太郎著『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(エルシーブイFM「加奈崎芳太郎のDIG IT!!」書籍化)が2019年8月に発売されました。
●加奈崎芳太郎著・桑畑恒一郎写真
●定価:本体3000円+税
●A5判(上製)416頁

詳細はココをクリック
注文はココをクリック
【メディア掲載】
『毎日新聞』2019年10月3日掲載 「元「古井戸」加奈崎芳太郎さんが本出版 音楽活動50周年の集大成」
詳細はココをクリック
『長野日報』2019年9月25日掲載 「音楽文化で伝える戦後 パーソナリティのFM番組まとめ 加奈崎さん書籍刊行」
極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。
『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年9月発売!!
●石浦昌之著
●定価:本体2500円+税
●A5判(並製)384頁

詳細はココをクリック
注文はココをクリック
【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック
【ブックガイド掲載】
斎藤哲也『もっと試験に出る哲学――「入試問題」で東洋思想に入門する』(2020年、NHK出版新書)

Nino & April

markrock2005-03-20

/ All Strung Out (WWCD-7713 /1968)


大滝詠一70年代の大傑作ナイアガラ・ムーン(Niagara Moon)のリマスターに注目が集まる今週だが、これはPhil Spectorの元でセッションマンとして活躍したNino Tempoと妹のApril StevensとのデュオのWhite Whaleにおける名作。Rev-olaからのリマスター盤にはボーナストラックが収録されていたが、改めて30分のオリジナル音源でアルバムの真価を再確認。冒頭のDavid Gates作の"You'll Be Needing Me Baby"から重厚なWall of Soundが耳に迫ってくる。これは、ロックンロール期を経て"Popsisle and Icicle"などのメロディアスな佳曲をヒットパレードに送り出していたDavid Gatesの、ある種オールディーズ的な定型をなぞりつつも緻密に練られた良い曲。そういえばDavidの1994年のカムバック作Love is Always Seventeenは素晴らしい作品だった。ちなみに、カントリー歌手Billy Deanの1998年作Real Manにはコーラスに作曲にDavidが大活躍しており、94年作と似た作風。さて、Nino & Aprilに戻るが、Jerry RiopellとNinoの共作のタイトル曲やWarren Zevon作"Follow Me"、"Sunny"のカバーを挟み"The Habit of Lovin' You"まで息着く間もなく大満足。そういえばJerry Riopellの70年代のルーツ回帰SSW作品も印象深いものだ。初めの話題に戻れば詠一&シリアの"Deep Purple"、"Whispering"も微笑ましい作り。