いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

f:id:markrock:20200521020444j:image
f:id:markrock:20190212212337j:image
[NEW!!]11月15日発売のレコードコレクターズ12月号に加奈崎芳太郎『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(明月堂書店)の書評が載りました。
f:id:markrock:20200521021219j:image
[NEW!!]編集・ライターを担当した加奈崎芳太郎著『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(エルシーブイFM「加奈崎芳太郎のDIG IT!!」書籍化)が2019年8月に発売されました。
●加奈崎芳太郎著・桑畑恒一郎写真
●定価:本体3000円+税
●A5判(上製)416頁

詳細はココをクリック
注文はココをクリック
【メディア掲載】
『毎日新聞』2019年10月3日掲載 「元「古井戸」加奈崎芳太郎さんが本出版 音楽活動50周年の集大成」
詳細はココをクリック
『長野日報』2019年9月25日掲載 「音楽文化で伝える戦後 パーソナリティのFM番組まとめ 加奈崎さん書籍刊行」
極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。
『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年9月発売!!
●石浦昌之著
●定価:本体2500円+税
●A5判(並製)384頁

詳細はココをクリック
注文はココをクリック
【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック
【ブックガイド掲載】
斎藤哲也『もっと試験に出る哲学――「入試問題」で東洋思想に入門する』(2020年、NHK出版新書)

Roy Orbison / Big O (London / 1970 )

markrock2016-09-12


ビートルズのハリウッド・ボウルのリマスター再発。色々賛否両論あって面白い。ジョージ・マーティンの息子ジャイルズが曲順などオリジナルの雰囲気を損なうことなく、各楽器、ボーカルの音量を持ち上げて、クリアに分離させることに成功している。父の手がけたオリジナルのLPへのレスペクトはありつつの、全くの別物として受け入れるべきものだろう。ただそれでも、1977年当時のジャケットや、歓声にかき消されんばかりの異常なコンディションの中で、半分ヤケ気味に奮闘する四人の演奏に思い入れがある人にとっては、色々ツッコミたくもなるのかな。ジャケも伝記映画とのタイアップになっていて商魂見え見えだし、ボーナストラックを中途半端に入れるのならブートにもあるようなコンプリート版にした方が良かった、だとか。ただ、オリジナルのLPを持っていれば、別々に楽しめばそれだけでいい話のような。オリジナルのLPもそんな評判は良くなかったわけだけれど、改めて聴くと流石の迫力があり、生演奏の実力が伝わってくる。リマスターはまたそれとも別物。録音は再現芸術であると共に、ある種の解釈や編集を含んでいるわけだから。演奏のクリアさに耳をそばだてつつ、素直にまさかの新譜を喜んでいる。

ザ・ビートルズ『ライヴ・アット・ザ・ハリウッド・ボウル』THE Beatles : Live At The Hollywood Bowl
<曲目>
1 Twist & Shout / ツイスト・アンド・シャウト(1965年8月30日)
2 She’s A Woman / シーズ・ア・ウーマン(1965年8月30日)
3 Dizzy Miss Lizzy / ディジー・ミス・リジー(1965年8月30日/1965年8月29日——1曲にエディット)
4 Ticket To Ride / 涙の乗車券(ティケット・トゥ・ライド)(1965年8月29日)
5 Can’t Buy Me Love / キャント・バイ・ミー・ラヴ(1965年8月30日)
6 Things We Said Today / 今日の誓い(1964年8月23日)
7 Roll Over Beethoven / ロール・オーバー・ベートーヴェン(1964年8月23日)
8 Boys / ボーイズ(1964年8月23日)
9 A Hard Day’s Night / ア・ハード・デイズ・ナイト(1965年8月30日)
10 Help! / ヘルプ!(1965年8月29日)
11 All My Loving / オール・マイ・ラヴィング(1964年8月23日)
12 She Loves You / シー・ラヴズ・ユー(1964年8月23日)
13 Long Tall Sally / ロング・トール・サリー(1964年8月23日)
14 You Can’t Do That / ユー・キャント・ドゥ・ザット(1964年8月23日——未発表)
15 I Want To Hold Your Hand / 抱きしめたい(1964年8月23日——未発表)
16 Everybody’s Trying To Be My Baby / みんないい娘(1965年8月30日——未発表)
17 Baby’s In Black / ベイビーズ・イン・ブラック(1965年8月30日——未発表)

さて、そんな気分のまま手に取った、フィフティーズ・ロックンローラーの過渡期作。ビートルズ旋風以前はアメリカのロックンローラーがレスペクトされていたから、こんなイギリス録音が可能になった。手元にあるのもイギリス盤。ロンドン・レコードからのリリースで、演奏・コーラスを務めるアート・ムーブメントというイギリスのグループと共演している。冒頭の”Break My Mind”とジム・ホールがアレンジしたラストの”Penny Arcade”がシングルで切られたみたい。”Penny Arcade”以外はライブ・レコーディングで、コーラスとオーケストレーションは後でオーバーダブされたんだとか。

プラターズの”Only You”もロイの美声で聴いてみたかった!と思わせるもの。ビーチ・ボーイズの”Help Me Rhonda”のカバーは珍しい。アル・ジャーディンの声域で歌うと意外と声が似ているのだと思ったり。ビートルズも演っている”Money”やクリス・ケナー(ウィルソン・ピケット)の”Land Of 1,000 Dances”だとかR&Bものは、アメリカへの憧憬を交えたイギリス人好みの感覚かな。ビートルズがロイのバックを演ったら、なんて感じでも聴けて。オーケストレイションが入った曲には70年代英国ソフトロックなテイストも。”Loving Touch”のアウトロには”Pretty Woman”のお約束”Grrr”も入っている。