いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

[NEW!!]2022年2月24日発売、ビッグ・ボッパー『シャンティリー・レース』、フィル・フィリップス『シー・オブ・ラブ:ベスト・オブ・アーリー・イヤーズ』、チャド・アンド・ジェレミー『遠くの海岸 + キャベツと王様』の3枚のライナーノーツ寄稿しました。
購入はココをクリック
f:id:markrock:20230129183945j:image
[NEW!!]2022年12月23日発売、バディ・ホリー・アンド・ザ・クリケッツ 『ザ・バディ・ホリー・ストーリー』(オールデイズレコード)のライナーノーツ寄稿しました。
購入はココをクリック
f:id:markrock:20221230235618j:image

・Brewer and Shipley /Shake off the Demon
(Kama Sutra KSBS-2039 /1971)

/Rural Space (Kama Sutra KSBS-2058 /1973)


Mike BrewerとTom Shipleyのデュオのカーマ・スートラでの2枚。土臭いS&Gといった趣き。"One Toke Over the Line"ほどのポップな曲はないものの、かなり無難な仕上がり。Mike Brewerには、80年代に入ってから、Dan Forgelbergのプロデュースでサワヤカなソロ作もあった。ちなみに、Brewer and Shipleyのサウンドと近似性が高いのは、B.W.Stevensonでしょうな。"My Maria"や"Shambala"などのDaniel Mooreものなどは特に。