いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

f:id:markrock:20201004210812j:image'>
[NEW!!]『哲学するタネ】――高校倫理が教える70章』【西洋思想編1】【西洋思想編2】が2020年10月20日に2冊同時刊行!!。
『哲学するタネ】――高校倫理が教える70章』【西洋思想編1】【西洋思想編2】2020年10月20日発売
●石浦昌之著
●定価:西洋思想編1 本体2000円+税(A5判 330頁)(明月堂書店)
注文はココをクリック
●西洋思想編2 本体1800円+税(A5判 300頁)(明月堂書店)
注文はココをクリック
f:id:markrock:20201004205325j:image
[NEW!!]2020年7月31日発売『URCレコード読本』(シンコー・ミュージック・ムック)に寄稿しました(後世に残したいURCの50曲 なぎらけんいち「葛飾にバッタを見た」・加川良「教訓1」・赤い鳥「竹田の子守歌」、コラム「高田渡~永遠の「仕事さがし」」)。
詳細はココをクリック
購入はココをクリック
f:id:markrock:20200802143148j:image
ohno tomokiとダニエル・クオンによるデュオ「x-bijin」初のアルバム『x-bijin』(2020年6月26日発売)、リリースインフォにコメントを書かせてもらいました。
詳細はココをクリック
11月15日発売のレコードコレクターズ12月号に加奈崎芳太郎『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(明月堂書店)の書評が載りました。
f:id:markrock:20200521021219j:image
編集・ライターを担当した加奈崎芳太郎著『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(エルシーブイFM「加奈崎芳太郎のDIG IT!!」書籍化)が2019年8月に発売されました。
●加奈崎芳太郎著・桑畑恒一郎写真
●定価:本体3000円+税
●A5判(上製)416頁(明月堂書店)
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
f:id:markrock:20200521020444j:image

【メディア掲載】
『毎日新聞』2019年10月3日掲載 「元「古井戸」加奈崎芳太郎さんが本出版 音楽活動50周年の集大成」
詳細はココをクリック
『長野日報』2019年9月25日掲載 「音楽文化で伝える戦後 パーソナリティのFM番組まとめ 加奈崎さん書籍刊行」
極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。
『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年10月10日発売
●石浦昌之著
●定価:本体2500円+税
●A5判(並製)384頁(明月堂書店)
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
f:id:markrock:20201004211116j:image

【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック
【ブックガイド掲載】
斎藤哲也『もっと試験に出る哲学――「入試問題」で東洋思想に入門する』(2020年、NHK出版新書)

 John Lennon

markrock2010-09-29

/ Walls and Bridges ( EMI / 2005 reissue )


先週の22日だったかな、9月30日に閉館を迎えることが決定しているジョン・レノンミュージアムさいたまスーパーアリーナ)に行ってきた。最後の見納めということで。しかし遠いね…埼玉在住ならまだしも、東京からの地の利は悪い。東京の山手線内にでもあれば外国人も取り込んだ観光名所になりますよ。運営している大成建設の景気が悪くて、さいたまスーパーアリーナに間借りしているミュージアムの契約更新が出来ない、というのがつぶれる理由らしいけれど、こうなってしまうと、集客のための経営努力を怠っていたとか各所でぼろくそ言われている。でも、とどのつまり場所が悪いと言うことでしょう。まあでもつぶれると解ればそんな文句も言いたくなるものかな。ジョン・レノン・スーパー・ライブ並のゲストを招いてイベントやる、とかさ。現在進行形のアーティストを通じてのジョン・レノン啓蒙にも繋がるはずなんだけど、最近はそう言うモノもなかった。企画展の展示もそうそう頻繁に変わらなかったし。


あと、受付スタッフが特にひどいと思うが、全体的に愛想がなさ過ぎ。笑顔ゼロだもん。しかも以前入り口で写真を撮ってもらえませんか、って言っただけで怒られたこともあったし。せめてジョンへの愛情を感じさせるそれらしいスタッフにして欲しかった。


まあでも、見納めにふさわしく、くまなく回ってきた。行くのは4回目くらいだけれども。お客さんは皮肉にも、今までに見たことが無いくらい多かったし。ロスト・ウィークエンドにメイ・パンの記述無しとか色々疑問を呈される部分はあるけれど、奥さんならそりゃそんな過去を消すのも当然でしょ。でも、ヨーコはヨーコでその間、人気セッションギタリストのデヴィッド・スピノザと愛を育んだとかそんな話もあったな。


ジョンも生きていれば70歳。若い世代にビートルズの神通力がきかなくなっているというのも判るこの時間の経過…ヨーコだってよくぞまだまだ現役で居られるな、という年齢に達している。ぼくはこれから何のために生きようかと思うことが時々あるけれど、これからの人生を細々ではあるけれど、大好きなジョンのことを伝えるために生きたいな、なんて思ってしまった。


ミュージアムショップは殆どの品が売り切れていて、寂しさを感じた。ここのミュージアムのプログラムってか図録は必携だと思う。展示をほぼ網羅してくれていて。


そう言えば最近、『Walls and Bridges』の別ジャケのリイシュー盤を購入。コピー・コントロールCDなのが腹立つけれど。そう言えば、ジョン・レノン生誕70周年を祝って、今年モノボックスセットやら、新装のベスト4枚組とか出ますね。まあ持っているので買うかは微妙なれど。しかし、ジョン・レノンミュージアムの幕引きは余りにもタイミング悪すぎだよなぁ。


よく事情は知らないので勝手なことをいうのは失礼だが、大成建設なんかに頼らずにミュージアムを運営できないんですかね、ジョンの印税って凄いはずじゃないですか。いよいよ明日でお別れですね…こんなに凄いロックの宝物が見られなくなるのは日本という国にとってもカナリ手痛い損失ですよ。